【スペック】全長×全幅×全高=4765×1880×1385mm/ホイールベース=2720mm/車重=1690kg/駆動方式=FR/4.6リッターV8SOHC24バルブ(304ps/5750rpm、44.2kgm/4500rpm)/価格=530万円

フォード・マスタング V8 GT コンバーチブル プレミアム【試乗記】

フォード・マスタング V8 GT コンバーチブル・プレミアム 2007.07.15 試乗記 ……530万円

“いろいろな輸入車にとっかえひっかえ乗れる”JAIA試乗会。
2人の『CG』編集者が、インプレッションをお届けします!
 
フォード・マスタング V8 GT コンバーチブル・プレミアム【短評】

おおらかな気持ちを忘れずに

「マスタング」といえばマッスルなイメージが強いが、現有勢力は必ずしもそうではなく、なかでもこのオープンモデルはむしろファンカー的な色合いが濃い。大きな屋根をバッサリ切り取ったボディはメーカーが主張するほど剛性が高いわけではなく、スカットルがワナワナと小刻みに震えるのも否めない事実だ。

3バルブのV8はDレンジで100km/hが1750rpmに相当するが、かつてのような腹に響く迫力は感じられない。そもそもフル4シーターの幌を開け放って飛ばすことにさほどの意義があるとも思えない。それよりも、ウェストラインがセダンのように高めで囲まれ感があることやリアサイドのガラスがスイッチひとつで2枚いっぺんに上げ下げできる合理性に感心した。

(文=道田宣和/写真=田村弥/『CG』2007年4月号)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

マスタング コンバーチブルの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 第356回:笑撃! えっ、フェラーリじゃないの?
     08年「フォード・マスタング・コンバーチブル」のおハナシ
    2008.4.16 エッセイ いやー、久々にビックリ&考えさせられる出来事にあっちゃいました。すでにブログでも報告したけど、先日乗った2008年モデルの「フォード・マスタング・コンバーチブル」。なんと一日に2回も間違われちゃったのだ。それもフェラーリに!!
  • フォルクスワーゲン・ティグアンTSIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.9 試乗記 フォルクスワーゲンの新型「ティグアン」に試乗。同社の生産モジュール「MQB」をSUVシリーズとして初めて採用したティグアンは、どのモデルよりも「ゴルフ」を思わせる、折り目正しいクルマに仕上がっていた。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
  • 第27回 どれもこれも似たり寄ったり!? 2017.1.31 エッセイ 清水草一の話題の連載。第27回は「どれもこれも似たり寄ったり!?」。果たして4気筒ディーゼルエンジンに快音はあるのか!? BMW、ボルボ、マツダ……、さまざまなブランドのディーゼルユニットを比較した筆者が導きだした結論とは?
  • 第24回 300万円は出せません!! 2017.1.10 エッセイ 清水草一の話題の連載。第24回は「300万円は出せません!!」。新春から新テーマに突入。ヨーロッパでディーゼル車の魅力にハマった筆者が、日本で買えるお手ごろ価格のモデルを次々と斬る! 果たして、カーマニアの眼鏡にかなうのは? 
ホームへ戻る