【スペック】全長×全幅×全高=4420×1840×1305mm/ホイールベース=2650mm/車重=1620kg/駆動方式=FR/3.5リッターV6DOHC24バルブ(313ps/6800rpm、36.5kgm/4800rpm)/価格=439万9500円(テスト車=469万3500円)

日産フェアレディZ バージョン NISMO(FR/6MT)【ブリーフテスト】

日産フェアレディZ バージョン NISMO(FR/6MT) 2007.07.14 試乗記 ……469万3500円
総合評価……★★★★★
ニッサンのモータースポーツを担当するニスモが手がけた「フェアレディZ バージョン NISMO」。専用アイテムを装着したコンプリートカスタムカーに試乗した。

日産フェアレディZ バージョンNISMO(FR/6MT)【ブリーフテスト】

大人のスポーツクーペ

人は見かけによらないとはよくいうが、クルマにもそれは大いにあてはまる。それが新車試乗の醍醐味でもあって、この「フェアレディZ Version NISMO」はまさにそんな一台。

日産のモータースポーツ活動を支えるNISMO(ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル)が企画し、日産のカスタマイズカーを手がけるオーテックジャパンが開発・製造するバージョンニスモは、ニスモがZのモータースポーツ活動を通じて培ってきたノウハウを注ぎ込んだカタログモデル。エアロパーツを見ただけでも、タダモノではない雰囲気を醸し出している。

しかし、その乗り味は、大人のスポーツクーペという言葉がふさわしい、上質で懐深い味わいに仕上がっていた。高い剛性を誇るボディとしなやかさが感じられる足まわり、街乗りからワインディングロードまで気持ちよく使えるエンジンなど、そのバランスの高さは日本車離れしている。それが日本車のプライスで買えるのだから、これを見逃す手はないだろう。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フェアレディZの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • 日産フェアレディZ バージョンNISMO Type 380RS(FR/6MT)【試乗記】 2007.12.20 試乗記 日産フェアレディZ バージョンNISMO Type 380RS(FR/6MT)
    ……569万1000円

    レーシングエンジンと同様のパーツを組み込んだ、専用の3.8リッターユニットを搭載するクルマが「フェアレディZ バージョンNISMO Type 380RS」。レーシングエンジンと聞くと気むずかしい印象があるが……。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
ホームへ戻る