【スペック】全長×全幅×全高=4420×1840×1305mm/ホイールベース=2650mm/車重=1620kg/駆動方式=FR/3.5リッターV6DOHC24バルブ(313ps/6800rpm、36.5kgm/4800rpm)/価格=439万9500円(テスト車=469万3500円)

日産フェアレディZ バージョン NISMO(FR/6MT)【ブリーフテスト】

日産フェアレディZ バージョン NISMO(FR/6MT) 2007.07.14 試乗記 ……469万3500円
総合評価……★★★★★
ニッサンのモータースポーツを担当するニスモが手がけた「フェアレディZ バージョン NISMO」。専用アイテムを装着したコンプリートカスタムカーに試乗した。

日産フェアレディZ バージョンNISMO(FR/6MT)【ブリーフテスト】

大人のスポーツクーペ

人は見かけによらないとはよくいうが、クルマにもそれは大いにあてはまる。それが新車試乗の醍醐味でもあって、この「フェアレディZ Version NISMO」はまさにそんな一台。

日産のモータースポーツ活動を支えるNISMO(ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル)が企画し、日産のカスタマイズカーを手がけるオーテックジャパンが開発・製造するバージョンニスモは、ニスモがZのモータースポーツ活動を通じて培ってきたノウハウを注ぎ込んだカタログモデル。エアロパーツを見ただけでも、タダモノではない雰囲気を醸し出している。

しかし、その乗り味は、大人のスポーツクーペという言葉がふさわしい、上質で懐深い味わいに仕上がっていた。高い剛性を誇るボディとしなやかさが感じられる足まわり、街乗りからワインディングロードまで気持ちよく使えるエンジンなど、そのバランスの高さは日本車離れしている。それが日本車のプライスで買えるのだから、これを見逃す手はないだろう。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フェアレディZの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産フェアレディZ バージョンST/フェアレディZロードスター バージョンST【試乗記】 2012.9.5 試乗記 日産フェアレディZ バージョンST(FR/6MT)/フェアレディZロードスター バージョンST(FR/7AT)
    ……490万1400円/568万8900円

    日産のFRスポーツ「フェアレディZ」がマイナーチェンジを受け、よりスポーティーな装いになった。クーペのMTとロードスターのATを駆ってその走りを試した。
  • 日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2013.9.17 試乗記 日産の「NISMOブランド戦略」に基づくラインナップとして、装いも新たに登場した「フェアレディZ NISMO」。「フェアレディZ バージョンNISMO」発表から4年という歳月が流れ、このスポーツカーの何が古くなり、何が財産として残ったのか?
  • 日産フェアレディZ バージョンST(FR/6MT)【試乗記】 2009.5.28 試乗記 日産フェアレディZ バージョンST(FR/6MT)
    ……481万6350円

    2008年に登場した新型「フェアレディZ」。特徴のひとつは、MT車にシンクロレブコントロールがついたこと。これにより、操縦はさらに楽しめるものになったのか? そしてその走りは?
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
ホームへ戻る