次期スカイラインクーペ搭載エンジンの新技術が明らかに

2007.07.14 自動車ニュース

次期スカイラインクーペ搭載エンジンの新技術が明らかに

2007年7月13日、日産自動車は新たなエンジン技術「VVEL(ブイベル)」についての記者発表を行った。この技術を採用する新エンジンは、今秋に国内発表を予定している「スカイラインクーペ」に搭載される。

VVELは「Variable Valve Event & Lift」の略で、バルブ作動角・リフト量連続可変システムのこと。
日産のバルブ制御システムには、連続可変バルブタイミングコントロールのC-VTC(Continuous Valve Timing Control)があり、これとVVELを組み合わせることで、バルブタイミングとリフト量の自在な制御を可能にしたという。

吸気バルブのリフト量を制御することで、燃費の改善、アクセルレスポンスの向上、トルクの増大を実現。さらに、触媒の早期活性化が可能になるため、排気ガスもクリーンになると謳われる。

吸入空気量を調整するシステムは、BMWのバルブトロニック、そして最近発表されたトヨタのバルブマチックがある。
後発の日産はこれらと比較して、作動のスピード(レスポンス)と限界回転数(レッドゾーン)においてアドバンテージがあるという。

日産はこの技術を、今秋国内発表されるというスカイラインクーペ用「VQ37VHR」エンジンに搭載。その後も主に大排気量・多気筒エンジンに採用し、グローバルに展開していく予定である。

(webCG 本諏訪)

「VQ37VHR」エンジンのカットモデル
「VQ37VHR」エンジンのカットモデル
モーター駆動でリンクを介しカムの位置を変更することで、リフト量が変化する。BMW、トヨタがスプリングで動かすのに対し、高回転での追従性が高いという。
モーター駆動でリンクを介しカムの位置を変更することで、リフト量が変化する。BMW、トヨタがスプリングで動かすのに対し、高回転での追従性が高いという。
燃焼室から遠いスロットルバルブではなく、直前の吸気バルブで吸入量をコントロールすることで、アクセルレスポンスの向上が見込まれる。
燃焼室から遠いスロットルバルブではなく、直前の吸気バルブで吸入量をコントロールすることで、アクセルレスポンスの向上が見込まれる。

関連キーワード:
スカイラインクーペ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 2017ワークスチューニンググループ合同試乗会(前編:NISMO/無限編)【試乗記】 2017.9.30 試乗記 日本メーカーのモータースポーツ活動を担う、NISMO/無限/TRD/STIが開発したチューニングカーに試乗。まず前編として、NISMOの手になる「GT-R」「ノート」「エクストレイル」と、無限のカスタマイズパーツを装着した「フィット」「ヴェゼル」の走りを報告する。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • レクサスLS【海外試乗記】 2017.10.7 試乗記 「より鋭く、より優雅に」をキーワードに、これまでにない動的質感を追い求めたという新型「レクサスLS」。新世代のプラットフォームに新開発のパワートレインと、11年ぶりのフルモデルチェンジですべてが一新されたフラッグシップセダンの出来栄えを試す。
  • メルセデス・マイバッハS560 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2017.10.18 試乗記
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)/スイフトスポーツ(FF/6AT)... 2017.10.6 試乗記