次期スカイラインクーペ搭載エンジンの新技術が明らかに

2007.07.14 自動車ニュース

次期スカイラインクーペ搭載エンジンの新技術が明らかに

2007年7月13日、日産自動車は新たなエンジン技術「VVEL(ブイベル)」についての記者発表を行った。この技術を採用する新エンジンは、今秋に国内発表を予定している「スカイラインクーペ」に搭載される。

VVELは「Variable Valve Event & Lift」の略で、バルブ作動角・リフト量連続可変システムのこと。
日産のバルブ制御システムには、連続可変バルブタイミングコントロールのC-VTC(Continuous Valve Timing Control)があり、これとVVELを組み合わせることで、バルブタイミングとリフト量の自在な制御を可能にしたという。

吸気バルブのリフト量を制御することで、燃費の改善、アクセルレスポンスの向上、トルクの増大を実現。さらに、触媒の早期活性化が可能になるため、排気ガスもクリーンになると謳われる。

吸入空気量を調整するシステムは、BMWのバルブトロニック、そして最近発表されたトヨタのバルブマチックがある。
後発の日産はこれらと比較して、作動のスピード(レスポンス)と限界回転数(レッドゾーン)においてアドバンテージがあるという。

日産はこの技術を、今秋国内発表されるというスカイラインクーペ用「VQ37VHR」エンジンに搭載。その後も主に大排気量・多気筒エンジンに採用し、グローバルに展開していく予定である。

(webCG 本諏訪)

「VQ37VHR」エンジンのカットモデル
「VQ37VHR」エンジンのカットモデル
モーター駆動でリンクを介しカムの位置を変更することで、リフト量が変化する。BMW、トヨタがスプリングで動かすのに対し、高回転での追従性が高いという。
モーター駆動でリンクを介しカムの位置を変更することで、リフト量が変化する。BMW、トヨタがスプリングで動かすのに対し、高回転での追従性が高いという。
燃焼室から遠いスロットルバルブではなく、直前の吸気バルブで吸入量をコントロールすることで、アクセルレスポンスの向上が見込まれる。
燃焼室から遠いスロットルバルブではなく、直前の吸気バルブで吸入量をコントロールすることで、アクセルレスポンスの向上が見込まれる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

スカイラインクーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
  • ポルシェ911カレラGTS(RR/7AT)/911タルガ4 GTS(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.2.17 試乗記 「ポルシェ911」の高性能モデル「911 GTS」がリニューアル。新世代の3リッターツインターボエンジンを搭載する最新型は、どんな走りを見せるのか? 「911カレラGTS」と「911タルガ4 GTS」に、南アフリカで試乗した。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSクーペ(MR/7AT)【海外試乗記】 2017.2.3 試乗記 「ランボルギーニ・アヴェンタドール」がさらなるパワーと洗練を得て「アヴェンタドールS」に進化。同社史上最速とうたわれた「アヴェンタドールSV」の領域に近づいたファイティングブルの実力をスペイン・バレンシアで解き放った。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
ホームへ戻る