ジャガーの旗艦「XJ」と「デイムラー」がフェイスリフト

2007.07.12 自動車ニュース

ジャガーの旗艦「XJ」と「デイムラー」がフェイスリフト

ジャガーの旗艦「XJ」と「デイムラー」がフェイスリフト

ジャガー&ランドローバージャパンは2007年7月11日、ジャガーのフラッグシップサルーンである「XJ」シリーズと、姉妹車となる「デイムラー」のインテリアとエクステリアなど変更。8月29日から販売を開始する。

【写真上下】「ジャガーXJ 4.2Executive」
ジャガーの旗艦「XJ」と「デイムラー」がフェイスリフト

両車でフロント/リアバンパー、サイドシルの意匠が変更されたほか、フロントフェンダーのサイドパワーベントを追加。GPS用のルーフアンテナも新たに装備された。インテリアでは、シートデザインが改められたのに加え、衝突時のむち打ち緩和機構も改良されたという。

機関面での変更は特に行われず、XJシリーズのエンジンは3リッターV6と4.2リッターV8、さらにそのスーパーチャージドエンジンの3種。デイムラーはスーパーチャージドのみとなる。
価格は従来と変わらず、XJは769万円から1295万円、デイムラーは1680万円。

(webCG 本諏訪)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

デイムラーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る