第328回:エンジン良ければいいってモンじゃない!
クルマって難しい……新型MINIワン

2007.07.12 エッセイ

第328回:エンジン良ければいいってモンじゃない!クルマって難しい……新型MINIワン

しょぼくなったところがオシャレ

遅ればせながらやっと乗ってきました! BMW製としては2代目「MINI」の、ベーシックグレード「ワン」に。
今度新型MINIクーパーの中期テストをやるんで、その前に乗ってみようって借りたんだけど、乗って一言、悩んじゃいましたね。結構、難しいかもコレ? って。

いつもの持論でいけばコンパクトカーはベーシックグレードで十分なわけですよ。特にオレはクルマに絶対的加速やスピードを求めないタチだけに、ゴルフにしろカローラにしろ一番パワーレスなモデルで満足。
その点新型ワンは、エンジン排気量が確かに1.6リッターから1.4にダウンしてる。だけど、にも関わらずエンジンにはバルブトロニックが付いて、最高出力は5psアップの95ps、最大トルクも0.3kgmアップの14.3kgm。当然燃費もビミョーに良くなってて、フツウに考えたら文句のつけようがないわけ。

細かくいうとワンになってしょぼくなった部分、つまり装備ダウンしたボディ同色ルーフやツヤ消し黒のサイドミラー、鉄チンホイールもそれなりにオシャレでよい。もちろん、アルミを履かせたいってひともいるだろうし、借りた試乗車にはミラーにオプションのボディ同色カバーが付いちゃってたんだけどさ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』