クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=4630×1785×1685mm/ホイールベース=2630mm/車重=1544kg/駆動方式=4WD/2.5リッター直4DOHC16バルブ(166ps/6000rpm、23.8kgm/4400rpm)(欧州仕様)

日産エクストレイル(4WD/CVT)【海外試乗記】

「技術の日産」は死んでいない 2007.07.12 試乗記 日産エクストレイル2007年3月のジュネーブショーでお披露目された「日産エクストレイル」。オフロード性能を試すべく会場に選ばれたギリシアで、日本発売を前に先行試乗した。

支持を離さない、キープコンセプト

新型「日産エクストレイル」の試乗の舞台は、ギリシア・アテネ空港からさらに空路で1時間ほど行ったイオアニアの地。そこから内陸へと分け入り、アルバニア国境近くの山頂の村、パピンゴ村に至るオン/オフ取り混ぜ計200km近くに及んだ道程は、なるほどニューSUVの実力を推し量るにはおあつらえ向きだったといえた。
そこでは新型エクストレイルの実力のほどを、大いに体感することができたのだ。

主力モデル「2.0S(FF)」で200万円という価格や、泥だらけにしても丸ごと水洗いできるインテリアが強いインパクトをもち、日本でヤングユーザーに大人気となったエクストレイル。実は世界167カ国で累計80万台も売れたというワールドカーでもある。その厚い支持を背景に、外観は徹底したキープコンセプトでまとめられている。しかし、随分と落ち着いたように見えるのは、全長が175mm伸ばされるなどサイズが拡大されたせいだろう。

狙いはラゲッジスペースの拡大である。5名乗車時でも容量は479リッターを確保しているが、後席を倒せばなんと1773リッターものスペースが生まれるのだ。しかも新開発のマルチリンク式サスペンションのおかげでフロアはフラット。大抵の遊びのギアは室内に収めることができそうだ。

乗り心地の良さは安心感につながる

水洗いできるインテリアは踏襲。しかも課題だったクオリティは俄然向上している。その一方で意匠は、センターメーターが廃されたのを筆頭にこちらも随分落ち着いたというかフツウになった。
その点がちょっと引っ掛かりながらクルマに乗り込み、イオアニアの街なかへ。

そこでまず感心させられたのは乗り心地である。石畳や決して良好ではない舗装の上でも快適そのもの。サスペンションがしなやかに動き、そして路面をピタリと離さないでいるのを実感できるから、安心感も高いのだ。

ワインディングロードでも気持ちよく走れる。ステアリングは正確性が高く、切ったとおり素直に曲がる。これは強固なボディ剛性に加え、舵角や横Gそしてヨーレートから運転状況を読み取り、後輪にも積極的にトルクを配分してニュートラルステアを志向するオールモード4×4-iとの相乗効果でもある。背丈があるうえ、M+Sタイヤを履くために、コーナリングで攻め込めば腰砕けになるが、オフロードの走破能力を知れば、そこも十分納得できる。

アルバニア国境近くに残されていた未舗装路でもエクストレイルは不安を一切感じさせなかった。深い轍で2輪がいっぺんに浮いても残り2輪はしっかり接地。オールモード4×4-iも力強く、オフロード初心者の運転でも、泥濘だろうと岩場だろうと容易にクリアできたのだ。


日産エクストレイル(4WD/CVT)【海外試乗記】の画像 拡大
写真は6段MTモデル。
写真は6段MTモデル。 拡大

日産エクストレイル(4WD/CVT)【海外試乗記】の画像 拡大

汚れたブーツで乗れるのか?

エンジンは日本向けの2.5リッター+CVTも試すことができたが、率直にいえば新開発の2リッターディーゼル+6段ATの組み合わせが一番走りやすかった。最終目的地のパピンゴ村は山頂にあり、麓から急勾配を一気に駆け上がることとなったのだが、豊かな低速トルクのおかげで、それをまったく苦にすることなく、むしろ軽快とすら感じさせてくれたのだ。あいかわらずディーゼルは日本で乗れる可能性が低そうだが、日産の開発陣も本音では「コレがイチオシ」と言いたげだった。

ハイブリッド技術の立ち遅れなどもあって「技術の日産」が揺らいでいるといわれる昨今だが、ボディやサスペンション、エンジンなどクルマの基本部分に関しては、間違いなくここに来て技術、そしてノウハウは底上げが図られている。「技術の日産」はまだ死んでいない。エクストレイルに乗って素直にそう思った。

一方で気になるのは、外観や内装が妙に大人びてしまったことだ。洗えば落ちると解っていても、これだと汚れたブーツのまま乗り込むのは気がひけそう。クオリティアップは上級化や類型化ではなく、より精緻な道具感覚のような方向に繋げてほしかった。これだと若いユーザーの反応が、ちょっと心配だ。

2リッターの廉価グレードでは200万円という価格を何とか維持したいというから、それがアピールの材料になればいいのだが。間違いなく言えるのは、乗ってさえもらえれば、きっと大いに満足させられるクルマだということである。

(文=島下泰久/写真=日産自動車)

写真は日本導入予定といわれる2.5リッターエンジン。
写真は日本導入予定といわれる2.5リッターエンジン。 拡大

日産エクストレイル(4WD/CVT)【海外試乗記】の画像 拡大

日産エクストレイル(4WD/CVT)【海外試乗記】の画像 拡大

関連キーワード:
エクストレイル日産試乗記

あなたにおすすめの記事