一新の「フォード・モンデオ」、ドイツではこう見る!

2007.07.10 自動車ニュース
3代目となる新型「フォード・モンデオ」。
新型「フォード・モンデオ」、ドイツではどう見る?

一新の「フォード・モンデオ」、ドイツではこう見る!

2007年6月16日、ドイツ国内でフォードの新型「Mondeo(モンデオ)」が発売された。

フォードのドイツ進出は、1920年代。「モンデオ」は、ドイツのケルン市を本拠地とするヨーロッパ・フォードが開発し、ベルギーのゲンク工場で生産される。ドイツの消費者にとっては、国産車みたいなものだ。

さて、その最新型。今後の見通しのほどは……?

ドイツのミディアムクラスの売れ筋、「フォルクスワーゲン・パサート」。写真はワゴンモデルの「ヴァリアント」。
(写真=フォルクスワーゲン)
ドイツのミディアムクラスの売れ筋、「フォルクスワーゲン・パサート」。写真はワゴンモデルの「ヴァリアント」。
(写真=フォルクスワーゲン)
初代「モンデオ」(写真はマイナーチェンジ後)
初代「モンデオ」(写真はマイナーチェンジ後)
2代目モンデオは、初代から7年後に誕生した。
2代目モンデオは、初代から7年後に誕生した。

■立ちはだかる、VWパサートの壁

ドイツにおける主流ミディアムクラスの特徴は、ワゴンとディーゼルエンジンだ。
このクラスでリードしているのは「フォルクスワーゲン・パサート」で、6代目となる現行モデルはワゴンが約7割を占める。派手さはないが、決して地味でもない「パサート」は、幅広い層にアピールできる。

本来「パサート」の競争相手は、かつて日本に導入されていた「オペル・ベクトラ」なのだが、2002年発売の現行型ベクトラは、すっかり時代遅れ。「パサート」に競争できなくなってきた。新車登録台数は「パサート」の2割にまでダウンした。これは、先代の「フォード・モンデオ」と同じレベルだ。

振り返れば、初代モンデオは、1993年にフォードの世界戦略車として発売された(日本では1994年発売)。1台のクルマで全世界にアピールしようという戦略なのだが、その企てとは裏腹に「印象の薄いクルマを生み出し失敗に終わった」と見られる。技術的な問題点は特に指摘されなかったにもかかわらず、初代は、1980年代の前身「シエラ」の成功をヨーロッパ市場で繰り返せなかった。

2000年には、2代目が発売。装備も良く、エンジンの選択肢も幅広く、値段設定が競争車より微妙に低い、文句なしのクルマだった。にもかかわらず、結果は「売れた」とまでは言い難い。

そこに登場した新型「フォード・モンデオ」。はたして、フォルクスワーゲン・パサートに近づけるだろうか。

フォードのミニバン「S-MAX」。
フォードのミニバン「S-MAX」。
フォード・モンデオ「ワゴン」
フォード・モンデオ「ワゴン」

■3代目は「イケそうな予感」

今回デビューした3代目モンデオは、もはやワールドカーの旗は揚げていない。
欧州向けに限って「パサート」らに対抗しようとしているようだ。ボディ形状は、セダン、ハッチバック、ワゴンが揃っており(「パサート」はセダンとワゴンのみ)、ミニバン「S-MAX」(「C-MAX」よりひとまわり大きい。日本未導入)から続く、“脱無個性”なエクステリアデザインをしている。

エンジンは7種類。ガソリンが1.6リッター直4から、(フォード傘下の)ボルボが供給する2.5リッター直5ターボまで。加えて、ターボディーゼルは1.8リッターと2リッターまで3種類をラインナップする。
ライバルの「パサート」は、V6の高出力エンジンもあるが、それ以外はほぼ同じだ。

ドイツ自動車誌の「モンデオ」に対する評価は概ね良いもので、庶民的な「アウトビルト」誌では「モンデオは僅差ながらパサートを破った!」と評した。

新型「モンデオ」、3度目の正直に期待したいところである。

(文=廣川あゆみ/写真=フォード、フォルクスワーゲン)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

パサートの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る