「フェアレディZ」の米国向け特別仕様車が登場

2007.07.10 自動車ニュース

「フェアレディZ」の米国向け特別仕様車が登場

日産自動車の関連会社オーテックジャパンは2007年7月9日、米国向け特別仕様車「NISMO 350Z」の生産を開始した。同社初の海外向け商品である。

「NISMO 350Z」は、日産が米国向けに7月から販売する350Z(日本名:フェアレディZ)の特別仕様車。ベース車両は2007年1月日本国内に投入された「フェアレディZ Version NISMO」。

「フェアレディZ Version NISMO」は、独自のエアロパーツやインテリアに加え、専用サスペンションや専用大口径スポーツマフラー、前18インチ後19インチの大径ホイール等が奢られた特別モデル。

今回はこの「フェアレディZ Version NISMO」に、更にアルミホイールやシート生地の専用化が行われる。また、北米市場要件や法規への適合にも対応している。現地での希望小売価格は、38,070ドル。1ドル123円換算の日本円にして約468万円。

(webCG 玉城)

「NISMO 350Z」
「NISMO 350Z」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フェアレディZの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2013.9.17 試乗記 日産の「NISMOブランド戦略」に基づくラインナップとして、装いも新たに登場した「フェアレディZ NISMO」。「フェアレディZ バージョンNISMO」発表から4年という歳月が流れ、このスポーツカーの何が古くなり、何が財産として残ったのか?
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
  • チュリニ峠を行く新型「アルピーヌA110」 2017.4.3 画像・写真 ジュネーブショー2017で世界初公開された新型「アルピーヌA110」。オリジナルのA110がRRだったのに対し、新生A110はMRのレイアウトを採る。モンテカルロラリーの名所、チュリニ峠を行く姿を写真で紹介する。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
ホームへ戻る