BMW6シリーズ、マイナーチェンジでディーゼルも

2007.07.10 自動車ニュース

BMW6シリーズ、マイナーチェンジでディーゼルも

独BMWは、クーペ「6シリーズ」および同「カブリオレ」をマイナーチェンジ。詳細を発表した。

2003年のデビューから4年ほどの間に、世界で7万5500台以上が生産されたというクーペ「BMW 6シリーズ」に、マイナーチェンジが施された。

エクステリアは、フロントのエアインテークをさらに幅広く、リアは、トランクリッドの彫りを深め、立ち上がりの角度を緩やかにした。リアエンド全体がより低く躍動的になったという。
機能面では、初めてアダプティブヘッドランプと可変配光式ライトを装備。フロントのターンインジケーターとテールランプはすべて発光ダイオード(LED)に変わった。

■ディーゼルエンジンを初採用

トップグレード「650iクーペ/カブリオレ」の心臓は4.8リッターV8。367ps/6300rpm、50.0kgm/3400rpmのスペックに変わりはない。0-100km/h加速5.4秒の実力だ。

次点の直6モデル「630iクーペ/カブリオレ」は、新開発の3リッターエンジンを搭載。「ハイプレシジョンインジェクション」(高精度燃料噴射)を採用して希薄燃焼を実現、旧型より14psと2.0kgmアップの272ps/6700rpm、32.6kgm/2750-3000rpmを発生する。こちらの0-100km/h加速は、6.2秒。

最大のニュースは、ディーゼルモデルが新たに加わったこと。3リッター直6ディーゼルの「635d/630dカブリオレ」は、可変ツインターボ、コモンレール式燃料噴射などを採用し、286ps/4400rpm、59.1kgm/1750-2250rpmを発生する。
新開発のパドルシフト付きの6段オートマを標準搭載。アクセルペダルの反応とサーボトロニックの制御マップをさらにアグレッシブな設定へと変えることができる「スポーツスイッチ」を備える。

■燃費は最大15%向上

エネルギー効率に対する取り組みもセリングポイントだ。ブレーキ・エネルギー回生システムやオンデマンド作動方式のエンジン補助機構などにより、車両全体のエネルギーの流れを厳密に管理。電装品に必要な電力を、惰走時や制動時に集中して生成する。
結果、前モデルに比べ、V8モデルで5%、直6モデルで15%燃料消費率を低減したという。

ユーティリティは、BMWでおなじみの「iDrive」に、8つの“お気に入りボタン”(ダイレクト選択ボタン)を追加。機能を自由に設定してショートカット操作ができるようになった。

渋滞中に車間距離を一定にする、自動ブレーキング機能付きの「アクティブ・クルーズコントロール」(ACC)に、ステアリングを振動させてドライバーに注意を促す車線逸脱警告システム、ナイトビジョンなど、ハイテクの安全装備も満載である。

(webCG 関)

新型「BMW 6シリーズ」
新型「BMW 6シリーズ」
 
BMW6シリーズ、マイナーチェンジでディーゼルもの画像
「635d/630dカブリオレ」に搭載される3リッター直6ディーゼルエンジン。
「635d/630dカブリオレ」に搭載される3リッター直6ディーゼルエンジン。
インテリアは、スイッチと計器類が新色(クロームパールグレー)で仕上げられ、内装には新色が採用された。
インテリアは、スイッチと計器類が新色(クロームパールグレー)で仕上げられ、内装には新色が採用された。
 
BMW6シリーズ、マイナーチェンジでディーゼルもの画像

関連キーワード:
6シリーズ クーペ6シリーズ カブリオレ BMW自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M2コンペティション 2018.4.19 画像・写真 「M3」「M4」ゆずりの3リッター直6ターボエンジン(最高出力410ps、最大トルク550Nm)を搭載。BMWのコンパクトなハイパフォーマンスモデル「BMW M2コンペティション」の姿を写真で紹介する。
  • BMW M2クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2017.8.14 試乗記 BMWのMモデルならではのスポーツマインドが、最もコンパクトかつピュアな形で表現された「M2クーペ」。遅れて加わった6段MT仕様は、自らの意思で操る、スポーツカーの根源的な楽しさに満ちていた。
  • BMW M5(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.19 試乗記 初代のデビューから30年以上の歴史を持つ、BMWのハイパフォーマンスセダン「M5」に試乗。6代目にして初めて4輪駆動システム「M xDrive」を採用した、その走りとは? 最高出力600psオーバーを誇るライバル車との比較を交えつつリポートする。
  • 第88回:「正しいけど欲しくない」GT-R 2018.5.1 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第88回は「正しいけど欲しくないGT-R」。日本のカーマニアにとって、「GT-R」のデザインはアリなのか、ナシなのか!? 国産スポーツカーの販売状況をもとに、高価格帯モデルのトレンドを読み解く。 
  • アストンマーティンDB11 V8(FR/8AT)【試乗記】 2018.3.26 試乗記 アストンマーティンの主力モデル「DB11」に仲間入りした、V8エンジン搭載車に試乗。メルセデスAMGの手になるパワーユニットを与えられた新型は、この英国ブランドの将来性を感じさせるエネルギーに満ちあふれていた。
ホームへ戻る