スズキの軽「エブリイワゴン」「エブリイ」を小変更

2007.07.10 自動車ニュース

スズキの軽「エブリイワゴン」「エブリイ」を小変更

スズキは、軽乗用車「エブリイワゴン」とその商用車「エブリイ」を一部改良し、2007年7月9日に発売した。

主な変更点は、外観の意匠変更のほか、全車フロントシートの座面形状を改良し快適性を高めたこと。

「エブリイワゴン」は、上級グレードでフロントメッキグリルのデザインを変更したほか、新しくディスチャージヘッドランプ装着車を用意。センタースピーカーに加え、MD/CDプレイヤーがオプションで設定される。
また、一部グレードで専用のルーフエンドスポイラーを装着した「ハイルーフ仕様」や、フロントフードにメッキガーニッシュを採用するなどした。
内装色は、グレードによってベージュとブラウンを用意。ボディカラーは、新色の紫(ミステリアスバイオレットパール)を含め、全5色。

一方「エブリイ」は、上級モデルでシートやドアトリム表皮にブラウン色を採用し落ち着きある印象に。一部グレードでシート表皮にファブリックシートを設定するなどした。ボディカラーは白と銀のほか、グレードによって黒(ブルーイッシュブラックパール3)が選べる。

価格は、「エブリイワゴン」NAが116万250円から137万250円、ターボは、134万4000円から163万8000円。「エブリイ」NAは87万9900円から123万9000円、ターボが116万3400円から138万3900円まで。

(webCG ワタナベ)

「PZターボスペシャル」ディスチャージヘッドランプ装着車
「PZターボスペシャル」ディスチャージヘッドランプ装着車

関連キーワード:
エブリイワゴンスズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・スペーシア カスタム ハイブリッドXSターボ(FF/CVT)【試乗記】 2018.3.8 試乗記 生活必需品として、日本で独自の発展をみせる軽乗用車。新型「スペーシア」は、その中で一番の激戦区であるスーパーハイトワゴンカテゴリーに、スズキが投入した自信作だ。ワイルドなフロントマスクが主張する「カスタム」に試乗した。
  • スズキ・スペーシア ハイブリッドX/スペーシア カスタム ハイブリッドXSターボ【試乗記】 2018.1.29 試乗記 目指したのは「家族や仲間と楽しく使える軽ハイトワゴン」。2代目となる「スズキ・スペーシア」に試乗した。同じカテゴリーに“日本で一番売れているクルマ”という明確なライバルがいる状況で、スズキが投入した新型の出来栄えは?
  • スズキ・スペーシア/スペーシア カスタム 2017.12.14 画像・写真 スズキの軽ハイトワゴン「スペーシア/スペーシア カスタム」がフルモデルチェンジ。家族や仲間とワクワク楽しく使えるモデルを目指したという新型の姿を写真で紹介する。
  • ホンダN-BOX/N-BOXカスタム【試乗記】 2017.9.28 試乗記 ホンダのベストセラー軽乗用車「N-BOX」がフルモデルチェンジ。見た目はマイナーチェンジ? と感じさせるほどの小変更にとどまるが、新設計のプラットフォームやエンジンの採用など、中身はまるで別物といえるほどの進化を遂げている。その使い勝手をテストした。
  • ホンダ・モンキー125:“3ない運動”世代に刺さる 2017.10.26 自動車ニュース モータージャーナリスト高平高輝が、東京モーターショー2017の会場からオススメの一台をピックアップ。“オヤジ世代”の心をつかんだのは、ホンダ二輪ブースのレトロ感あふれる出展車両だった。
ホームへ戻る