【スペック】全長×全幅×全高=4515×1910×1765mm/ホイールベース=2660mm/車重=1920kg/駆動方式=4WD/3.2リッター直6DOHC24バルブ(232ps/6300rpm、32.3kgm/3200rpm)/価格=530.0万円(テスト車=同じ)

ランドローバー・フリーランダー2 HSE(4WD/6AT)【試乗記】

優しいレンジローバー 2007.07.09 試乗記 ランドローバー・フリーランダー2 HSE(4WD/6AT)
……530.0万円

2006年7月のロンドンショーで発表された新型「フリーランダー2」が、日本に導入された。最先端の技術を装備したニューモデルに試乗した。

「RAV4」から「X3」まで

「ランドローバー・フリーランダー2」は、つまり「レンジローバーのハイソは感じにはあこがれるけれど、車体の大きさとお値段がちょっと……」というお客さま向け。2007年6月9日から販売が始まった日本仕様は、全車右ハンドルで、3.2リッター直6(232ps)と6段ATの組み合わせ。いうまでもなく、フルタイム4WDである。

布内装の「S」が390.0万円。
ハーフレザーの「SE」が460.0万円。
フルレザーの「HSE」が530.0万円。

いわゆるジャーマン・プレミアムのセダンを買うより、押し出しがきいて“お買い得”ということはできる。都市部で使われる小型SUVの存在理由である。

2代目フリーランダーの大きさは、全長×全幅×全高=4515(135)×1910(100)×1765(−5)mm(カッコは先代比)。ホイールベースは、先代より110mm長い2660mmとなった。たしかに旧型より大型化したが、“レンジローバーなカタチ”から想像すると意外なことに(?)、北米志向を強めた「ホンダCR-V」とほぼ同じサイズである。
フォードグループ内のプレミアム担当「PAG(Premier Automotive Group)」の一員として、日本では「BMW X3」を仮想敵と謳うが、ディーゼル4気筒とMTが用意され、より廉価なバージョンを擁するヨーロッパでは、「トヨタRAV4」「ホンダCR-V」がいい競争相手となる。

 
ランドローバー・フリーランダー2 HSE(4WD/6AT)【試乗記】の画像
 
ランドローバー・フリーランダー2 HSE(4WD/6AT)【試乗記】の画像
背の高いSUVの安全性を上げるため、ボルボ車でもお馴染み「RSC」(ロール・スタビリティ・コントロール)が装備された。横転の可能性を検知すると、エンジン出力を絞り、外側のタイヤにブレーキをかけて強制的にアンダーステアを作り出すシステムだ。
背の高いSUVの安全性を上げるため、ボルボ車でもお馴染み「RSC」(ロール・スタビリティ・コントロール)が装備された。横転の可能性を検知すると、エンジン出力を絞り、外側のタイヤにブレーキをかけて強制的にアンダーステアを作り出すシステムだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
  • メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.28 試乗記 メルセデス・ベンツのトップエンドモデルに、44年ぶりとなる「カブリオレ」が復活。ぜいたくなオープン4シーターが実現する世界とは……? パワフルな5.5リッターV8ツインターボを積む「メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ」で確かめた。
  • マセラティ・レヴァンテ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.11.9 試乗記 続々とニューモデルが現れるプレミアムSUV市場に、マセラティが送り込んだのが「レヴァンテ」である。イタリアの老舗が満を持してリリースした同車には、ドイツ勢に比肩する走りの実力と、このブランドだけに許された官能性が備わっていた。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
ホームへ戻る