【スペック】全長×全幅×全高=4120×1780×1285mm/ホイールベース=2495mm/車重=1440kg/駆動方式=FR/3.2リッター直6DOHC24バルブ(343ps/7900rpm、37.2kgm/4900rpm)/価格=807万円

BMW Z4 Mクーペ【試乗記】

BMW Z4 Mクーペ 2007.07.08 試乗記 ……807万円

“いろいろな輸入車にとっかえひっかえ乗れる”JAIA試乗会。
2人の『CG』編集者が、インプレッションをお届けします!

いささか難解かも

次期型「M3」がV8を搭載すると噂されるなか、やや年季の入った326S4型ストレートシックスが選ばれ、ギアボックスは純機械式/3ペダルのマニュアル6段、パワーステアリングのアシストもノーマル系の電動から油圧のそれに後戻りした。そしてなにより「Z4」最大の売り物であるロングフード/ショートデッキのフォルムを視覚的にも一層強調する固定ルーフの存在等々、BMWの車づくりは少なくともこの2シータースポーツに関する限り、古典趣味に徹しているかに見える。
セパンブロンズ(27万円のオプション)と称する不思議な色のテスト車はなぜか1960年代のブリティッシュスポーツを彷彿とさせた。一番の理由は着座位置がリアアクスル直前にあり、かつ低いこと。

ドアを開けてまず目に付くのがサイドシルより一段落ち込んだフロアで、全高やロードクリアランスの数字はともかく、雰囲気としては身をくねらせて滑り込む感じだ。コクピット自体もスペース的には充分だが、どちらかといえば閉所感が強い。

試乗して最も印象に残ったのは意外にも主役のエンジンやシャシーではなく、極太のグリップを持つレザーステアリングだった。平均的な日本人には手に余るほど握りが太いうえにかなりの小径なため、ロック・トゥ・ロック自体は3回転もするのに異様にクイックに感じられ、そのせいか最初はBMW得意のアクティブステアリングかと勘違いしたほどだ。ただし、操舵力はそれなりに重い。これだけでクルマ全体が骨太に感じられるものである。

その気になれば8000rpmまで回る343psユニットはさすがに魅力的だが、排気系がM3とは異なるせいか期待したほどいい音が聞かれなかったのは惜しい。

(文=道田宣和/写真=田村弥/『CG』2007年4月号)

関連記事
  • BMW M2クーペ(FR/7AT)【試乗記】 2016.6.10 試乗記 最もコンパクトなBMW Mモデルとなる「M2クーペ」に試乗。その引き締まったボディーと、3リッターの直6ターボエンジンが織り成す走りは、われわれがBMWと聞いて期待するスポーティーさにあふれていた。
  • 最高出力460psの限定車「BMW M4 CS」発売 2017.5.10 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月10日、上海モーターショーでデビューした高性能モデル「BMW M4 CS」の日本導入を発表。同日、60台限定で受注を開始した。納車時期は、同年の秋以降になる見込み。
  • 「BMW 4シリーズ クーペ/カブリオレ/グランクーペ」がマイナーチェンジ 2017.5.9 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月9日、「4シリーズ クーペ」「4シリーズ カブリオレ」「4シリーズ グランクーペ」をマイナーチェンジし、同日販売を開始した。最新モデルでは、エクステリアが大幅にリフレッシュされている。
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド(前編) 2017.5.4 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中の谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「スマートBRABUSフォーツー」に試乗する。全長わずか2.8mという小さなボディーがもたらすコンパクトな走りは、谷口の目にどう映ったか?
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
ホームへ戻る