【スペック】全長×全幅×全高=4120×1780×1285mm/ホイールベース=2495mm/車重=1440kg/駆動方式=FR/3.2リッター直6DOHC24バルブ(343ps/7900rpm、37.2kgm/4900rpm)/価格=807万円

BMW Z4 Mクーペ【試乗記】

BMW Z4 Mクーペ 2007.07.08 試乗記 ……807万円

“いろいろな輸入車にとっかえひっかえ乗れる”JAIA試乗会。
2人の『CG』編集者が、インプレッションをお届けします!

いささか難解かも

次期型「M3」がV8を搭載すると噂されるなか、やや年季の入った326S4型ストレートシックスが選ばれ、ギアボックスは純機械式/3ペダルのマニュアル6段、パワーステアリングのアシストもノーマル系の電動から油圧のそれに後戻りした。そしてなにより「Z4」最大の売り物であるロングフード/ショートデッキのフォルムを視覚的にも一層強調する固定ルーフの存在等々、BMWの車づくりは少なくともこの2シータースポーツに関する限り、古典趣味に徹しているかに見える。
セパンブロンズ(27万円のオプション)と称する不思議な色のテスト車はなぜか1960年代のブリティッシュスポーツを彷彿とさせた。一番の理由は着座位置がリアアクスル直前にあり、かつ低いこと。

ドアを開けてまず目に付くのがサイドシルより一段落ち込んだフロアで、全高やロードクリアランスの数字はともかく、雰囲気としては身をくねらせて滑り込む感じだ。コクピット自体もスペース的には充分だが、どちらかといえば閉所感が強い。

試乗して最も印象に残ったのは意外にも主役のエンジンやシャシーではなく、極太のグリップを持つレザーステアリングだった。平均的な日本人には手に余るほど握りが太いうえにかなりの小径なため、ロック・トゥ・ロック自体は3回転もするのに異様にクイックに感じられ、そのせいか最初はBMW得意のアクティブステアリングかと勘違いしたほどだ。ただし、操舵力はそれなりに重い。これだけでクルマ全体が骨太に感じられるものである。

その気になれば8000rpmまで回る343psユニットはさすがに魅力的だが、排気系がM3とは異なるせいか期待したほどいい音が聞かれなかったのは惜しい。

(文=道田宣和/写真=田村弥/『CG』2007年4月号)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • BMW M2クーペ(FR/7AT)【試乗記】 2016.6.10 試乗記 最もコンパクトなBMW Mモデルとなる「M2クーペ」に試乗。その引き締まったボディーと、3リッターの直6ターボエンジンが織り成す走りは、われわれがBMWと聞いて期待するスポーティーさにあふれていた。
  • メルセデス・ベンツE220dステーションワゴン アバンギャルド スポーツ(本革仕様)(FR/9AT)【試乗記】 2017.2.20 試乗記 高い実用性を誇るのはもちろん、「Eクラス セダン」と同様の安全性と快適性を実現したとうたわれる「Eクラス ステーションワゴン」。「E220dステーションワゴン アバンギャルド スポーツ」に試乗し、その実力を試した。
  • BMW 440iクーペ Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.23 試乗記 BMWがスペシャリティーモデル「4シリーズ」のエンジンラインナップを一新。各モデルに、モジュラー設計の新世代パワーユニットを採用した。最もパワフルな3リッター直6ターボが搭載された「440iクーペ」に試乗し、その実力を報告する。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • シボレー・コルベット グランスポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.10 試乗記 7代目となる「シボレー・コルベット」に、シャシー性能を追求した「グランスポーツ」が登場。往年のレーシングカーの名を冠した高性能グレードは、“フロントエンジン・リアドライブをきわめた”と評すべき走りをかなえていた。
ホームへ戻る