クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】T-5:全長×全幅×全高=4250×1780×1430mm/ホイールベース=2640mm/車重=1430kg/駆動方式=FF/2.5リッター直5DOHC20バルブターボ・インタークーラー付き(230ps/5000rpm、32.6kgm/1500-5000rpm)/価格=387万円(テスト車=同じ/※テスト車は先行輸入車のため、「スポーツ・スプリング・キット」を装着)

ボルボC30 2.4i Aktiv(FF/5AT)/T-5(FF/5AT)【試乗速報(後編)】

若年寄り!?(後編) 2007.07.07 試乗記 ボルボC30 2.4i Aktiv(FF/5AT)/T-5(FF/5AT)
……355万7000円/387万円

ボルボの新型4シーター2ドアクーペ「C30」に試乗。NA、ターボモデルそれぞれの乗り心地は?

穏やかなクーペ

リアの黒いグラスハッチが特徴的な「ボルボC30」。NAモデル「2.4i Aktiv」と「2.4i SE」は、同社のファミリーユニット、直列5気筒を横置きに搭載する。2434ccの排気量から、最高出力170ps/6000rpm、最大トルク23.5kgm/4400rpmを発生。1430kgの車重に不満ないアウトプットだ。

C30の革巻きのステアリングホイールを握って走っていると、S40/V50と同意匠のインテリアの影響か、当たり前というべきか、「ボルボだ」。ステアリングフィールは少々ダルで、切った際の反応も“敏”か“鈍”かと問われれば、“鈍”寄り。おおらかに、せき立てられることなくドライブできるボルボの美点が、「若者を呼び込みたい3ドアハッチとしてどうなのか!?」というのは、また別の問題である。

感銘を受けたのが優しい乗り心地。ボルボ車には、基本的に「コンフォート」「ダイナミック」「スポーツ」と3段階のセッティングがある。日本市場では、S40/V50は「コンフォート」、C30にはNA、ターボともひとつ硬い「ダイナミック」が標準で設定される。

S40/V50より一段階ハードとはいえ、それでもC30 2.4i Aktivはソフトといってよい足まわりで、街なかでは快適至極。ややスローなステアリングが、穏やかな性格に輪をかける。うーん、ボルボだ。

2.4i Aktivの内装。オプションで「デラックスパッケージ」(運転席8ウェイパワーシート、ハイパフォーマンスオーディオシステム、ステアリングホイール内蔵オーディオリモートコントロール、ウッドパネル、本革巻ステアリングホイール、バイキセノンヘッドランプ、フロントフォグランプ)が装着される。ただし、今回先行輸入されたテスト車のパネルはボーキーサイトグレーパネルのまま。
2.4i Aktivの内装。オプションで「デラックスパッケージ」(運転席8ウェイパワーシート、ハイパフォーマンスオーディオシステム、ステアリングホイール内蔵オーディオリモートコントロール、ウッドパネル、本革巻ステアリングホイール、バイキセノンヘッドランプ、フロントフォグランプ)が装着される。ただし、今回先行輸入されたテスト車のパネルはボーキーサイトグレーパネルのまま。 拡大
【スペック】2.4i Aktiv:全長×全幅×全高=4250×1780×1430mm/ホイールベース=2640mm/車重=1430kg/駆動方式=FF/2.4リッター直5DOHC20バルブ(170ps/6000rpm、23.5kgm/4400rpm)/価格=285万(テスト車=355万7000円/チルトアップ機能付電動ガラスサンルーフ=17万2000円、本革シート=30万円/デラックス・パッケージ=23万5000円)
【スペック】2.4i Aktiv:全長×全幅×全高=4250×1780×1430mm/ホイールベース=2640mm/車重=1430kg/駆動方式=FF/2.4リッター直5DOHC20バルブ(170ps/6000rpm、23.5kgm/4400rpm)/価格=285万(テスト車=355万7000円/チルトアップ機能付電動ガラスサンルーフ=17万2000円、本革シート=30万円/デラックス・パッケージ=23万5000円) 拡大
注目の記事PR
  • 音と風と刺激的な走り。「アバルト124スパイダー」の魅力を、3人のジャーナリストが語る。
    音と風と刺激的な走り。「アバルト124スパイダー」の魅力を、3人のジャーナリストが語る。 アバルト特集
注目の記事一覧へ

ちょっと無理?

乗り替えたターボC30「T-5」は、吸排気双方に可変バルブタイミング機構を備えた2.5リッター「デュアルCVVT」エンジンを搭載。最高出力は、同門「フォード・フォーカスST」の225psを上まわる230ps/5000rpmにして、32.6kgmの最大トルクを1500-5000rpmにわたってフラットに発生し続ける。
ボルボのハイプレッシャーターボモデルといえば、エンジンそのものより、加速にしたがって暴れ出しそうなステアリングにエキサイトメントを感じたりしたものだった。ところがC30 T-5は、あえて乱暴にスロットルを開けても、急激なアウトプットの上昇と比例してきっちり加速する一方、フロントタイヤが暴れる一歩手前でグッと踏ん張る感がある。リポーターの意地の悪い期待は裏切られた。

アシは明らかに硬い。今回のテスト車、先行輸入されたC30 T-5の足まわりには、標準の「ダイナミック」よりさらにハードな「スポーツ・スプリング・キット」が組まれていた。おとなしいボルボを乗り継いできた人は驚いてしまうかもしれないが、C30のオーナーにとっては“初めてのボルボ”だから問題なかろう、というのは冗談。相対的に硬いとはいえ、不快なほどではない。
タイヤサイズは、本来NA、ターボ、どちらも「205/55R16」だが、T-5には「205/50R17」が装着されていた。

ひさしぶりのハッチバックモデルで、ターゲットユーザーを若年層にふり、大成功を収めた「MINI」の“ちょっと上級”といったカテゴリーを狙う。ポップでクールなマーケティングでまったく新しい顧客を獲得しようとする。そうした戦略はよく理解できるけれど、C30に“ちょい乗り”したかぎり、「ちょっと無理があるんじゃないかなぁ」というのが正直なところだ。

ボルボC30は、ことに革内装のNAモデルは「意外と『大型車はもうけっこう』と感じている年輩の方に合っている」と思った。あるていど余裕がある、第2の人生を歩んでいる人にとって、「C30は値段も手頃だし、サイズも適当。それにボルボだし……」ということになったら、ボルボにとって、痛し痒し。

(文=webCGアオキ/写真=峰昌宏、ボルボ・カーズ・ジャパン)

Mild SteelからUltra-high-strength steelまで、大きく6種類のスティールを使い分けるC30。短くなったリアのセイフティ構造にも配慮される。前席のダブル&サイドエアバッグに加え、カーテンエアバッグも標準で装備する。
(写真=ボルボ・カーズ・ジャパン)
Mild SteelからUltra-high-strength steelまで、大きく6種類のスティールを使い分けるC30。短くなったリアのセイフティ構造にも配慮される。前席のダブル&サイドエアバッグに加え、カーテンエアバッグも標準で装備する。(写真=ボルボ・カーズ・ジャパン) 拡大
2.5リッターターボエンジン
2.5リッターターボエンジン 拡大
写真は、「ボディキット・パッケージ」装着車。ストーンカラーで前後左右にコントラストをつけられる。
(写真=ボルボ・カーズ・ジャパン)
写真は、「ボディキット・パッケージ」装着車。ストーンカラーで前後左右にコントラストをつけられる。(写真=ボルボ・カーズ・ジャパン) 拡大

関連キーワード:
C30ボルボ試乗記

あなたにおすすめの記事