【スペック】T-5:全長×全幅×全高=4250×1780×1430mm/ホイールベース=2640mm/車重=1430kg/駆動方式=FF/2.5リッター直5DOHC20バルブターボ・インタークーラー付き(230ps/5000rpm、32.6kgm/1500-5000rpm)/価格=387万円(テスト車=同じ/※テスト車は先行輸入車のため、「スポーツ・スプリング・キット」を装着)

ボルボC30 2.4i Aktiv(FF/5AT)/T-5(FF/5AT)【試乗速報(後編)】

若年寄り!?(後編) 2007.07.07 試乗記 ボルボC30 2.4i Aktiv(FF/5AT)/T-5(FF/5AT)
……355万7000円/387万円

ボルボの新型4シーター2ドアクーペ「C30」に試乗。NA、ターボモデルそれぞれの乗り心地は?

穏やかなクーペ

リアの黒いグラスハッチが特徴的な「ボルボC30」。NAモデル「2.4i Aktiv」と「2.4i SE」は、同社のファミリーユニット、直列5気筒を横置きに搭載する。2434ccの排気量から、最高出力170ps/6000rpm、最大トルク23.5kgm/4400rpmを発生。1430kgの車重に不満ないアウトプットだ。

C30の革巻きのステアリングホイールを握って走っていると、S40/V50と同意匠のインテリアの影響か、当たり前というべきか、「ボルボだ」。ステアリングフィールは少々ダルで、切った際の反応も“敏”か“鈍”かと問われれば、“鈍”寄り。おおらかに、せき立てられることなくドライブできるボルボの美点が、「若者を呼び込みたい3ドアハッチとしてどうなのか!?」というのは、また別の問題である。

感銘を受けたのが優しい乗り心地。ボルボ車には、基本的に「コンフォート」「ダイナミック」「スポーツ」と3段階のセッティングがある。日本市場では、S40/V50は「コンフォート」、C30にはNA、ターボともひとつ硬い「ダイナミック」が標準で設定される。

S40/V50より一段階ハードとはいえ、それでもC30 2.4i Aktivはソフトといってよい足まわりで、街なかでは快適至極。ややスローなステアリングが、穏やかな性格に輪をかける。うーん、ボルボだ。

2.4i Aktivの内装。オプションで「デラックスパッケージ」(運転席8ウェイパワーシート、ハイパフォーマンスオーディオシステム、ステアリングホイール内蔵オーディオリモートコントロール、ウッドパネル、本革巻ステアリングホイール、バイキセノンヘッドランプ、フロントフォグランプ)が装着される。ただし、今回先行輸入されたテスト車のパネルはボーキーサイトグレーパネルのまま。
2.4i Aktivの内装。オプションで「デラックスパッケージ」(運転席8ウェイパワーシート、ハイパフォーマンスオーディオシステム、ステアリングホイール内蔵オーディオリモートコントロール、ウッドパネル、本革巻ステアリングホイール、バイキセノンヘッドランプ、フロントフォグランプ)が装着される。ただし、今回先行輸入されたテスト車のパネルはボーキーサイトグレーパネルのまま。
【スペック】2.4i Aktiv:全長×全幅×全高=4250×1780×1430mm/ホイールベース=2640mm/車重=1430kg/駆動方式=FF/2.4リッター直5DOHC20バルブ(170ps/6000rpm、23.5kgm/4400rpm)/価格=285万(テスト車=355万7000円/チルトアップ機能付電動ガラスサンルーフ=17万2000円、本革シート=30万円/デラックス・パッケージ=23万5000円)
【スペック】2.4i Aktiv:全長×全幅×全高=4250×1780×1430mm/ホイールベース=2640mm/車重=1430kg/駆動方式=FF/2.4リッター直5DOHC20バルブ(170ps/6000rpm、23.5kgm/4400rpm)/価格=285万(テスト車=355万7000円/チルトアップ機能付電動ガラスサンルーフ=17万2000円、本革シート=30万円/デラックス・パッケージ=23万5000円)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る