【スペック】2.4i Aktiv(写真左):全長×全幅×全高=4250×1780×1430mm/ホイールベース=2640mm/車重=1430kg/駆動方式=FF/2.4リッター直5DOHC20バルブ(170ps/6000rpm、23.5kgm/4400rpm)/価格=285万(テスト車=355万7000円/チルトアップ機能付電動ガラスサンルーフ=17万2000円、本革シート=30万円/デラックス・パッケージ=23万5000円)

ボルボC30 2.4i Aktiv(FF/5AT)/T-5(FF/5AT)【試乗速報(前編)】

若年寄り!?(前編) 2007.07.06 試乗記 ボルボC30 2.4i Aktiv(FF/5AT)/T-5(FF/5AT)
……355万7000円/387万円

ボルボのコンパクトクーペ「C30」が日本導入となった。ガラス製テールゲートがユニークな新型に試乗。まずはラインナップとデザインについて。

ボルボクーペ285万円から

「ボルボといえば『オジサンっぽい?』『安全だけ?』『ちょっと古い?』。……そんなヒトたちに売っていきたいんです。エキサイティングなクルマとして!」
若者口調をまねながら、ボルボ・ジャパンのマーケティング担当者が「ボルボC30」のターゲットユーザーを説明してくれた。

C30は、2006年のパリサロンでお披露目されたボルボの3ドアハッチ。S40/V50のリアを切り落としたようなフォルムを採るコンパクトモデルである。2640mmのホイールベースはS40/V50そのままに、全長は20cm以上短い4250mm。全幅1780mm、全高1430mmだから、同じフォードグループ内の従姉妹モデル「フォード・フォーカス」の1840mm、1455mmと比較しても小柄にまとめられた。リアの黒いガラスハッチが大きな特徴となる。
ボルボとしては、C30のスタイリッシュなデザインで、これまで同社のクルマに見向きもしなかった層を掘り起こしたい。「35歳以下」「アクティブなライフスタイルをもつ」方々を潜在顧客と設定している。

日本では2007年7月1日から予約注文が開始された。2.4リッター直列5気筒のNA「2.4i」(170ps)と2.5リッター直5ターボ「T-5」(230ps)が輸入され、トランスミッションはいずれも5段ATが組み合わされる。価格は、以下の通り。

・2.4i Aktiv 285万円
・2.4i SE 348万円
・T-5 387万円

加えて、C30日本導入記念として、「T-5 Sport Design」が70台限定で用意された。(http://www.volvocars.co.jp/c30t5

たとえば、「BMW120i」が353万円、「アウディA3スポーツバック2.0TFSI」が403万円。C30は、5シリンダーにして大きな排気量をもつうえ、SEから革内装が標準となる。なかなか競争力のある値付けといえる。

T-5のインパネ。
ボルボC30 2.4i Aktiv(FF/5AT)/T-5(FF/5AT)【試乗速報(前編)】
【スペック】
T-5:全長×全幅×全高=4250×1780×1430mm/ホイールベース=2640mm/車重=1430kg/駆動方式=FF/2.5リッター直5DOHC20バルブターボ・インタークーラー付き(230ps/5000rpm、32.6kgm/1500-5000rpm)/価格=387万円(テスト車=同じ/※テスト車は先行輸入車のため、「スポーツ・スプリング・キット」を装着))
ボルボC30 2.4i Aktiv(FF/5AT)/T-5(FF/5AT)【試乗速報(前編)】
写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。
ボルボC30 2.4i Aktiv(FF/5AT)/T-5(FF/5AT)【試乗速報(前編)】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ボルボC30 T-5(FF/5AT)【ブリーフテスト】 2007.10.18 試乗記 ……426万8000円
    総合評価……★★★★★

    ボルボの新型コンパクトクーペ「C30」。ハイプレッシャーターボエンジンを搭載した最速モデル「T-5」に試乗した。
  • ボルボC30 T-5/S40 2.4i/V50 T-5 R-DESIGN(FF/5AT)【試乗記】 2008.3.8 試乗記 ボルボC30 T-5/S40 2.4i/V50 T-5 R-DESIGN(FF/5AT)
    ……420.0万円/401.0万円/488.0万円

    「ボルボC30/S40/V50」に、共通の特別仕様車「R-DESIGN」が設定された。質実剛健な北欧メーカーは、新たなコンセプトでどんなテイストを表現したのか? 『webCG』のコンドーと関が試乗した。
  • メルセデス・ベンツGLC350e 4MATICスポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.23 試乗記 「メルセデス・ベンツGLC」シリーズに加わったプラグインハイブリッド車の「GLC350e 4MATICスポーツ」に試乗。EV走行が身近に味わえ、しかもアクセルを踏めば迫力の加速を披露する緩急自在の“パワーハイブリッド”の実力やいかに?
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
ホームへ戻る