クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】2.4i Aktiv(写真左):全長×全幅×全高=4250×1780×1430mm/ホイールベース=2640mm/車重=1430kg/駆動方式=FF/2.4リッター直5DOHC20バルブ(170ps/6000rpm、23.5kgm/4400rpm)/価格=285万(テスト車=355万7000円/チルトアップ機能付電動ガラスサンルーフ=17万2000円、本革シート=30万円/デラックス・パッケージ=23万5000円)

ボルボC30 2.4i Aktiv(FF/5AT)/T-5(FF/5AT)【試乗速報(前編)】

若年寄り!?(前編) 2007.07.06 試乗記 ボルボC30 2.4i Aktiv(FF/5AT)/T-5(FF/5AT)
……355万7000円/387万円

ボルボのコンパクトクーペ「C30」が日本導入となった。ガラス製テールゲートがユニークな新型に試乗。まずはラインナップとデザインについて。

ボルボクーペ285万円から

「ボルボといえば『オジサンっぽい?』『安全だけ?』『ちょっと古い?』。……そんなヒトたちに売っていきたいんです。エキサイティングなクルマとして!」
若者口調をまねながら、ボルボ・ジャパンのマーケティング担当者が「ボルボC30」のターゲットユーザーを説明してくれた。

C30は、2006年のパリサロンでお披露目されたボルボの3ドアハッチ。S40/V50のリアを切り落としたようなフォルムを採るコンパクトモデルである。2640mmのホイールベースはS40/V50そのままに、全長は20cm以上短い4250mm。全幅1780mm、全高1430mmだから、同じフォードグループ内の従姉妹モデル「フォード・フォーカス」の1840mm、1455mmと比較しても小柄にまとめられた。リアの黒いガラスハッチが大きな特徴となる。
ボルボとしては、C30のスタイリッシュなデザインで、これまで同社のクルマに見向きもしなかった層を掘り起こしたい。「35歳以下」「アクティブなライフスタイルをもつ」方々を潜在顧客と設定している。

日本では2007年7月1日から予約注文が開始された。2.4リッター直列5気筒のNA「2.4i」(170ps)と2.5リッター直5ターボ「T-5」(230ps)が輸入され、トランスミッションはいずれも5段ATが組み合わされる。価格は、以下の通り。

・2.4i Aktiv 285万円
・2.4i SE 348万円
・T-5 387万円

加えて、C30日本導入記念として、「T-5 Sport Design」が70台限定で用意された。(http://www.volvocars.co.jp/c30t5

たとえば、「BMW120i」が353万円、「アウディA3スポーツバック2.0TFSI」が403万円。C30は、5シリンダーにして大きな排気量をもつうえ、SEから革内装が標準となる。なかなか競争力のある値付けといえる。

T-5のインパネ。
T-5のインパネ。 拡大
【スペック】
T-5:全長×全幅×全高=4250×1780×1430mm/ホイールベース=2640mm/車重=1430kg/駆動方式=FF/2.5リッター直5DOHC20バルブターボ・インタークーラー付き(230ps/5000rpm、32.6kgm/1500-5000rpm)/価格=387万円(テスト車=同じ/※テスト車は先行輸入車のため、「スポーツ・スプリング・キット」を装着))
【スペック】T-5:全長×全幅×全高=4250×1780×1430mm/ホイールベース=2640mm/車重=1430kg/駆動方式=FF/2.5リッター直5DOHC20バルブターボ・インタークーラー付き(230ps/5000rpm、32.6kgm/1500-5000rpm)/価格=387万円(テスト車=同じ/※テスト車は先行輸入車のため、「スポーツ・スプリング・キット」を装着)) 拡大
写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。
写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。 拡大
注目の記事PR
注目の記事一覧へ

デザインの源流

ボルボC30は、フロントから見た格好とリアからの姿が頭の中でうまく合わさらない、ちょっと不思議なカタチをしている。オリジンは、2001年に発表された「SCC(Safety Concept Car)」に求められる。5年後のデトロイトショーで、サイモン・ラマーレの手になる「C30 Design Concept」が披露され、市販モデルにつながった。

C30は、SCCのコンセプトに忠実に、70年代のスタイリッシュボルボ「1800ES」の流れを上手に取り込み、違和感なくモダナイズした。いわゆるレトロスペクティブな流れにのらなかったのがいい。
一見、S40/V50の後半部を変えただけに感じられるが、「アウターパネルで共有するのは、ボンネットとドアハンドルくらい」だそう。サイドに張り出して見えるショルダーラインは、ドアミラー部分でわずかに落とされ、フェンダー部で再び盛り上がるといった、スペシャルティらしい細かい工夫が見られる。

日本最大のボルボディーラー「ボルボ・カーズ千葉中央」で開かれたプレス試乗会には、先行輸入モデルが用意された。実際の市販車とは細かい仕様が異なる。

「SCC(Safety Concept Car)」
(写真=ボルボ・カーズ・ジャパン)
「SCC(Safety Concept Car)」(写真=ボルボ・カーズ・ジャパン) 拡大
デザインの源流「1800ES」。控えめなテールフィンをもつ。2ドアクーペ「1800E」のステーションワゴン版である。
(写真=ボルボ・カーズ・ジャパン)
デザインの源流「1800ES」。控えめなテールフィンをもつ。2ドアクーペ「1800E」のステーションワゴン版である。(写真=ボルボ・カーズ・ジャパン) 拡大

C30の室内

はじめに乗ったのはNAモデル。ゆとりあるサイズの革シートに腰かけると、外観の斬新さに強い印象を受けたせいか、「室内はS40/V50と選ぶところがない」と思った。特別感を出したいヒトは、赤や青のファブリックや、ツートーンのシートを選んだほうがいいかもしれない。
センターの、スカンジナビアンな曲線を見せる「フリーフローティング・センタースタック」は、「ボーキサイトグレー・パネル」と呼ばれるタイプ。コレを「樹脂的にすぎる!」と感じる方には、北欧家具のようなウッドバージョン。もっとスポーティに演出したいオーナーには、アルミパネルもオプションで選べる。ちなみに、ウッドは2.4i SE、アルミはT-5で標準となる。

感心したのがリアシートで、2人用と割り切ったのが功を奏し、足もと、頭上とも実用十分なスペースが確保される。上から見ると、リアにむかって絞られるフォルムを逆手にとって、左右席はセンターに寄せられた。妙な居心地のよさがある。小さなアームレスト付き。(後編へつづく)

(文=webCGアオキ/写真=峰昌宏、ボルボ・カーズ・ジャパン)

2.4i SEの標準仕様。もっともスウェディッシュな(?)ウッドパネルが用いられる。
(写真=ボルボ・カーズ・ジャパン)
2.4i SEの標準仕様。もっともスウェディッシュな(?)ウッドパネルが用いられる。(写真=ボルボ・カーズ・ジャパン) 拡大

ボルボC30 2.4i Aktiv(FF/5AT)/T-5(FF/5AT)【試乗速報(前編)】の画像 拡大

関連キーワード:
C30ボルボ試乗記

あなたにおすすめの記事