「トヨタ・カムリ」内外装のカラーを変更

2007.07.04 自動車ニュース

「トヨタ・カムリ」内外装のカラーを変更

トヨタ自動車は、「カムリ」を一部改良し、2007年7月2日に発売した。

明るいベージュの木目調パネルをブラウンに変更し、ボディカラーにシルバーメタリック、グレーメタリック、ベージュマイカメタリックの3色を新しく設定した。
また、「足踏み式パーキングブレーキ」の解除忘れ警告音を長めにし、注意喚起を高めるなどした。

価格は、FFの5ATモデルが247万8000円から336万円、4WDの4ATモデルは260万4000円から281万4000円となる。

(webCG ワタナベ)


「トヨタ・カムリ」内外装のカラーを変更の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

カムリの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・カムリ ハイブリッド“レザーパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2014.11.12 試乗記 マイナーチェンジを受けてデザインを一新、安全装備も充実したトヨタのハイブリッドセダン「カムリ」。最上級グレードで、その魅力を確かめた。
  • デトロイトショー2017(その3) 2017.1.16 画像・写真 トヨタ自動車は北米国際自動車ショー(通称:デトロイトショー/2017年1月22日まで開催)で、新型「カムリ」を世界初公開した。その姿をトヨタブースの様子と併せて画像で紹介する。
  • 【デトロイトショー2017】トヨタ、新型「カムリ」を世界初公開 2017.1.11 自動車ニュース トヨタが、デトロイトショーで北米市場の最量販モデル「カムリ」の新型を世界初公開。8代目となる新型には「プリウス」などに続いて「TNGA」世代の新プラットフォームを採用。日本市場については2017年夏ごろの導入を予定している。
  • レクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」発売 2017.3.16 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年3月16日、レクサスブランドのラグジュアリークーペ「LC500」「LC500h」を発売した。価格は、ガソリンエンジン車のLC500が1300万円から1400万円までで、ハイブリッド車のLC500hが1350万円から1450万円まで。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
ホームへ戻る