「プジョー307」、装備充実&ラインナップを変更

2007.07.03 自動車ニュース

「プジョー307」、装備充実&ラインナップを変更

プジョー・ジャポンは、「307」シリーズのハッチバックモデル「Feline(フェリーヌ)」の仕様を変更すると共に、フルレザーインテリアの「Griffe(グリフ)」を新たに追加し、2007年7月2日に発売した。

1.6リッターの「フェリーヌ」は、地上デジタル放送ワンセグチューナー内蔵のHDDナビゲーションシステムやキセノンヘッドランプ、16インチアロイホイールなどを標準装備。ブラックのファブリックシートに紫外線&熱線カットフロントガラス、雨滴感知式オートワイパー、自動防眩式ルームミラー、ホワイトメーターパネルを採用した。

また、2リッターの上級モデルは、獣の「爪痕」を意味する「グリフ」に名称を変更し、4ATモデルのみとなった。フルレザーシートのインテリアに、キセノンヘッドランプ、17インチアロイホイール、紫外線&熱線カットフロントガラスなどが標準装備される。

価格は「フェリーヌ」が261.0万円(5MT)と269.0万円(4AT)、「グリフ」は、299.0万円(4AT)となる。

(webCG ワタナベ)


「プジョー307」、装備充実&ラインナップを変更の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.20 試乗記 クルマの実用性能には一家言を持っているプジョー。彼らが本腰を入れて作ったSUVとなれば、期待はおのずと高まるというものだ。新型「プジョー3008」の限定モデル「GTライン デビューエディション」に試乗し、その“実用車力”を探った。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • レクサスLC500“Sパッケージ”(FR/10AT)【試乗記】 2017.6.19 試乗記 「レクサスの変革を象徴するモデル」として開発された、新型ラグジュアリークーペ「LC500」に試乗。意欲的なデザインや新たなメカニズムは、ドライバーの心をどう満たすのか。さまざまな道で吟味した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
ホームへ戻る