「BMW1シリーズ」にクーペボディが追加

2007.07.03 自動車ニュース

BMW「1シリーズ・クーペ」発表、来春発売開始

「BMW1シリーズ」にクーペボディが追加

独BMWは、従来ハッチバック型のみだった「1シリーズ」に、2ドアクーペボディの新グレード「1シリーズ・クーペ」を追加すると発表した。


BMW「1シリーズ・クーペ」発表、来春発売開始

エンジンはディーゼル2種、ガソリン2種

1シリーズクーペのエクステリアデザインは、約40年前の1968年から1975年にかけて発売された小型2ドアセダン「BMW 2002」から得たインスピレーションによって、描かれたという。

2008年春に発売が予定される北米では、2種類のガソリンエンジンがラインナップされる。3リッター直6DOHC24バルブエンジンを搭載する「128iクーペ」は、226psと27.6kgmを発生。335iクーペと同様の3リッター直6DOHC24バルブツインターボエンジンを搭載する「135iクーペ」は、296psと41.4kgmを発生する。(北米仕様)

本国ドイツでは「128iクーペ」がラインナップから外れ、コモンレールディーゼルターボ搭載モデルである「120dクーペ」(204ps/4400rpm、35.7kgm/2000-2250rpm)と、そのツインターボ版である「123dクーペ」(204ps/4400rpm、35.7kgm/2000-2250rpm)が加わる。

135iクーペは0-100km/hを5.3秒で駆け抜け、最高速はリミッターによる250km/h。

最高グレードである135iには“Mエアロダイナミックキット”が標準装備され、リアリップスポイラーが高速でより優れたダウンフォースを発生させるという。BMW伝統の重量配分にも配慮し、思い通りのハンドリングと高いスタビリティ性能を実現したと謳う。


BMW「1シリーズ・クーペ」発表、来春発売開始

安全性に配慮

リアシートは60:40の分割可倒式で、容易にラゲッジスペースを拡大することができる。なお、乗車定員はハッチバックの5人から4人に変更された。

安全装備として、すべての座席に3点式シートベルトとヘッドレストを備える。エアバッグは6個以上が標準搭載され、乗員を保護する。具体的にはサイドエアバッグが乗員を横からの衝撃から守るほか、サイドカーテンエアバッグ“HSP(Head Protection System)”がフロント、リアの乗員の頭部を衝撃から守る。

日本への導入は未定。

(webCG 玉城)

関連キーワード:
1シリーズBMW自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • BMW 120iスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.28 試乗記 「BMW 1シリーズ」に、新たに2リッター直4ガソリンターボエンジンを積んだ「120i」が登場。“バイエルンのエンジン工場”が送り込んだ、新世代モジュラーエンジンのフィーリングを確かめた。 
  • ルノー・メガーヌGT(FF/7AT)【試乗記】 2017.12.29 試乗記 4代目となる「ルノー・メガーヌ」に試乗。シャシーや4輪操舵機構「4コントロール」のチューニングをルノーのモータースポーツ部門が手がけた新型は、ワインディングロードでこそ本領を発揮する、優れたハンドリングマシンに仕上がっていた。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
  • BMWが「1シリーズ」の内装デザインをリファイン 2017.8.23 自動車ニュース BMWジャパンは2017年8月23日、「BMW 1シリーズ」に一部改良を実施し、販売を開始した。今回は内装デザインの大幅変更と、一部装備の見直しが行われた。価格は「118i」の317万円から「M140i」の618万円まで。
ホームへ戻る