「BMW1シリーズ」にクーペボディが追加

2007.07.03 自動車ニュース

BMW「1シリーズ・クーペ」発表、来春発売開始

「BMW1シリーズ」にクーペボディが追加

独BMWは、従来ハッチバック型のみだった「1シリーズ」に、2ドアクーペボディの新グレード「1シリーズ・クーペ」を追加すると発表した。


BMW「1シリーズ・クーペ」発表、来春発売開始

エンジンはディーゼル2種、ガソリン2種

1シリーズクーペのエクステリアデザインは、約40年前の1968年から1975年にかけて発売された小型2ドアセダン「BMW 2002」から得たインスピレーションによって、描かれたという。

2008年春に発売が予定される北米では、2種類のガソリンエンジンがラインナップされる。3リッター直6DOHC24バルブエンジンを搭載する「128iクーペ」は、226psと27.6kgmを発生。335iクーペと同様の3リッター直6DOHC24バルブツインターボエンジンを搭載する「135iクーペ」は、296psと41.4kgmを発生する。(北米仕様)

本国ドイツでは「128iクーペ」がラインナップから外れ、コモンレールディーゼルターボ搭載モデルである「120dクーペ」(204ps/4400rpm、35.7kgm/2000-2250rpm)と、そのツインターボ版である「123dクーペ」(204ps/4400rpm、35.7kgm/2000-2250rpm)が加わる。

135iクーペは0-100km/hを5.3秒で駆け抜け、最高速はリミッターによる250km/h。

最高グレードである135iには“Mエアロダイナミックキット”が標準装備され、リアリップスポイラーが高速でより優れたダウンフォースを発生させるという。BMW伝統の重量配分にも配慮し、思い通りのハンドリングと高いスタビリティ性能を実現したと謳う。


BMW「1シリーズ・クーペ」発表、来春発売開始

安全性に配慮

リアシートは60:40の分割可倒式で、容易にラゲッジスペースを拡大することができる。なお、乗車定員はハッチバックの5人から4人に変更された。

安全装備として、すべての座席に3点式シートベルトとヘッドレストを備える。エアバッグは6個以上が標準搭載され、乗員を保護する。具体的にはサイドエアバッグが乗員を横からの衝撃から守るほか、サイドカーテンエアバッグ“HSP(Head Protection System)”がフロント、リアの乗員の頭部を衝撃から守る。

日本への導入は未定。

(webCG 玉城)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

1シリーズの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 120iスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.28 試乗記 「BMW 1シリーズ」に、新たに2リッター直4ガソリンターボエンジンを積んだ「120i」が登場。“バイエルンのエンジン工場”が送り込んだ、新世代モジュラーエンジンのフィーリングを確かめた。 
  • BMW 118dスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.8 試乗記 6年目を迎えた現行「BMW 1シリーズ」のラインナップに、クリーンディーゼルエンジンを搭載する「118d」が登場した。遅れてやってきたこの小型FRディーゼルハッチには、ファンもあるしエコもある。お宝ディーゼルになる気配に満ちている。
  • 第3回:話題のモデルが続々登場!
    輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~
    2017.2.28 特集 ディーゼルの魅力とスポーティーな走りを追求した「ボルボV40」に、話題の新型「フォルクスワーゲン・ティグアン」、3気筒の「BMW 3シリーズ」、そして四駆の「アウディTT」。webCG編集部員が注目した、400万円から600万円のオススメモデルを紹介する。
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • 第2回:王道と個性派の競演!
    輸入車チョイ乗りリポート~300万から400万円編~
    2017.2.21 特集 300万円台のオススメインポートカーはこれだ! webCG編集部員が「アウディA3スポーツバック」と「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」「シトロエン・グランドC4ピカソ」「アバルト124スパイダー」の走りをリポートする。
ホームへ戻る