【スペック】全長×全幅×全高=4810×1935×1780mm/ホイールベース=2855mm/車重=2150kg/駆動方式=4WD/3.2リッター直6DOHC24バルブ(238ps/6200rpm、32.6kgm/3200rpm)/価格=698.0万円(テスト車=同じ)

ボルボXC90 3.2 Sport(4WD/6AT)【短評(後編)】

ボルボらしさ(後編) 2007.07.02 試乗記 ボルボXC90 3.2 Sport(4WD/6AT)
……698.0万円

前編に引き続き、北海道の北端である稚内で「XC90 3.2 Sport」のステアリングを握った。その実力は……

適度な手応え?

19インチホイールを装着し、真っ赤なボディペイントを得た「ボルボXC90 3.2 Sport」は、内装も特別仕様だ。レザーシートには洒落たパイピングが施される。「スポーツシート」が謳われ、バックレストのサイドサポート張り出しが目立つが、依然としてやんわりと深いクッション感をもって乗員を受けとめる。
ノーマルXC90ではウッドが用いられるパネル類は、細かいドットが散らされたアルミニウムとなった。メーターは青地で、やはりアルミで縁取りされる。

XC90は、2006年のモデルイヤーに2.9リッター直6ターボ(272ps)が4.4リッターV8(315ps)に、翌07年から2.5リッター直5ターボ(209ps)が3.2リッター直6(238ps)に変更された。トランスミッションは、いずれも6段ATへのグレードアップを果たした。

3.2 Sportは、いわばハンドリングをスポーティに仕立てたクルマなので、238ps/6200rpmの最高出力、32.6kgm/3200rpmの最大トルクはノーマルモデルと同じ。ギアも変わらない。2150kgの、決して軽くはないボディを不足なくひっぱるため、ロウで50km/h、セカンドで90km/h付近までと、守備範囲がやや狭い。100km/hでの巡航時は、トップギアで2100rpmだ。

専用チューンが施されたのは、ステアリングのパワーアシスト。速度感応式で「適度に手応えを増した」ということだが、太めのステアリングホイールを握って走りはじめた当初は人工的な重さが気になった。たぶんそれは、「Sport」の名にひっぱられ、ダイレクトなフィードバックを期待しすぎたせいかもしれない。稚内の市内をドライブしているうちに、いつしか気にならなくなっていた。

新しいプログラムを与えられたオートマチックは、コーナリング中のシフトアップを避け、ギアを保持し続けるようになった。
新しいプログラムを与えられたオートマチックは、コーナリング中のシフトアップを避け、ギアを保持し続けるようになった。

ボルボXC90 3.2 Sport(4WD/6AT)【短評(後編)】の画像
リアシート中央には、「インテグレーテッド・チャイルド・クッション」が採用された。座面を一段上げて、背の低い子供用にすることができる。そのうえ前方へ284mmスライドさせて前席乗員との距離を縮め、前席の大人たちとコミュニケーションを取りやすくすることが可能だ。
リアシート中央には、「インテグレーテッド・チャイルド・クッション」が採用された。座面を一段上げて、背の低い子供用にすることができる。そのうえ前方へ284mmスライドさせて前席乗員との距離を縮め、前席の大人たちとコミュニケーションを取りやすくすることが可能だ。
関連記事
  • ボルボXC90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2016.6.24 試乗記 2016年1月の国内導入以来、販売好調が伝えられる新型「ボルボXC90」。なかでも一番人気という「T6 AWD インスクリプション」に試乗し、ボルボの新たなフラッグシップSUVの魅力を探った。
  • 「ベントレー・ベンテイガ」にカジュアルな新グレードが登場 2017.5.1 自動車ニュース ベントレー モーターズ ジャパンは2017年5月1日、装備内容を見直してよりカジュアルに仕立てた「ベンテイガ」の新グレード「ベンテイガ オニキス エディション」を発表した。車両価格は2399万円。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • ボルボXC90 T6 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)【試乗記】 2016.5.6 試乗記 フルモデルチェンジを受けて2代目となった「ボルボXC90」に試乗。スポーティーな装いが特徴の「T6 AWD R-DESIGN」を借り出し、走りやデザイン、機能性など、さまざまな角度からボルボ次世代製品群の第1弾となるモデルの出来栄えを確かめた。
  • ボルボXC90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2016.2.29 試乗記 フルモデルチェンジで2代目となった、ボルボのフラッグシップSUV「XC90」に試乗。新プラットフォームが採用された“新世代ボルボ”の走り、乗り心地、そして使い勝手を報告する。
  • 第4回:BMWと比較試乗! ボルボV60 D4 SE 2015.8.3 徹底検証! ボルボのディーゼル ボルボの基幹モデル「V60」は、クリーンディーゼルエンジンを得たことで、どんなクルマになったのだろうか。日本市場におけるディーゼル・ワゴンの先達(せんだつ)、「BMW 320dツーリング」との比較を通して、その実像に迫った。
  • 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がマイナーチェンジ 2017.5.25 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2017年5月25日、マイナーチェンジを施した「ゴルフ/ゴルフヴァリアント/ゴルフ オールトラック」を発表した。同年5月29日に発売する。車両価格は249万9000円から。
  • ダイハツ、2代目となる新型「ミラ イース」を発売 2017.5.9 自動車ニュース ダイハツが新型「ミラ イース」を発表。経済性だけでなく「こだわり・安心・品質」についても重視したモデルとなっており、走りや乗り心地の改善に加え、最新の運転支援装備「スマートアシストIII」の採用もトピックとなっている。
  • BMW i3スイート レンジ・エクステンダー装備車(RR)【試乗記】 2017.5.3 試乗記 マイナーチェンジにより、400kmにせまる一充電走行可能距離を実現したBMWの電気自動車「i3」。レンジ・エクステンダーを搭載した最上級グレード「スイート」の試乗を通し、類例のないその魅力をあらためて確かめた。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
ホームへ戻る