クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=4810×1935×1780mm/ホイールベース=2855mm/車重=2150kg/駆動方式=4WD/3.2リッター直6DOHC24バルブ(238ps/6200rpm、32.6kgm/3200rpm)/価格=698.0万円(テスト車=同じ)

ボルボXC90 3.2 Sport(4WD/6AT)【短評(前編)】

ボルボらしさ(前編) 2007.07.01 試乗記 ボルボXC90 3.2 Sport(4WD/6AT)
……698.0万円

2006年末にマイナーチェンジした「ボルボ・XC90」から、スポーティな特別仕様車が発売された。北海道は稚内からの報告。

オバフェン+19インチ

北海道の丘陵地を「ボルボXC90 3.2 Sport」で行きながら、心のなかで歓声をあげた。草の斜面を、鹿が、われわれと並行して走っている。「大海原を疾走する白いヨット。舷側に、競うように泳ぐイルカの群れ……」と月並みな連想をしたところで、鹿たちは緑の丘のむこうへと駆けていった。

ボルボのSUV「XC90」のスペシャルモデル「3.2 Sport」のプレス試乗会は、稚内を基点に行われた。3.2 Sportは、2007年6月9日に発売された限定150台の特別仕様車。3列シート7人乗り、右ハンドルのみの設定となる。価格は698万円。

3.2リッター直列6気筒エンジン(238ps、32.6kgm)に6段ATという組み合わせはノーマルの「3.2」と変わらないが、特別なボディカラー「パッションレッド」で華やかに塗られ、足もとは2インチ(!)アップの19インチホイールを履く。薄く巻かれるタイヤは「225/50R19」とスポーティなサイズ。
「スタッドレス用に17インチホイールも用意しないとなァ」と小市民的な心配が頭をもたげるが、それはともかく、気になるのは乗り心地である。前後バンパー下部、サイドステップにルーフレールと、随所に“シルバー”が配され、赤いボディを引き締める。太くなったタイヤに合わせ、フェンダーには、ごく控えめにだがエクステンションがついた。

ボルボ車のスペックに、「ニヒャクバリキ」を超える出力を見ることが珍しくなった今日この頃。それでも、北欧のメーカーから“19インチ+オバフェン”のSUVが出されることになろうとは……。感慨に浸っていても仕方ないので、ドアを開けて運転席に座る。

ボルボらしさ

ボルボ初のSUV「XC90」がデビューしたのは、2002年のデトロイトショー。自社モデルについて、FR(後輪駆動)を至上とし、SUVはおろか4WDの必要性さえ疑問視していたこともあるボルボだが、ときは流れ、技術の進歩は続く。主要マーケットである北米で必須だったスポーツ・ユーティリティ・ヴィークルを開発するにあたり、スカンジナビアの自動車メーカーは独自の視点からことにあたった。

頻発した「フォード・エクスプローラー」の横転事故に鑑み、RSC(ロール・スタビリティ・コントロール)システムを搭載した。
これは、各輪のブレーキを個別に制御して乱れた挙動を修正する「スタビリティ・コントロール」の応用版といえる。車内のジャイロセンサーでクルマの傾きを検知、ロールオーバーの危険を感じた場合、エンジン出力を絞り、さらにアンダーステア気味の挙動を強制的につくりだしてロールオーバーを抑止する。“転ばぬ先の杖”である。

それでも転んでしまった場合のためにROPS(ロールオーバー・プロテクション・システム)が用意される。各ピラーおよびルーフ部の強化はじめ、キャビンを守るボディ構造。乗員をしっかり固定するシートベルト。そして、サードシートまでをカバーするカーテンエアバッグが乗員頭部の衝撃を軽減する。

トラックベースのSUVが流行しはじめたころ、地上から高い位置にフレームをもつこれらSUVが、乗用車との衝突時に「相手のボンネットに乗りあげキャビンを直撃する」という致命的な事故が数多く報告された。
XC90は、「地上高が高いにもかかわらず、ボディの構造部は他の乗用車のバンパーと同じ高さに設計されています」と説明される。コンパティビリティが高いということだ。

ボルボといえども、当たり前だが、利益を追求する自動車メーカーである。生命線であるアメリカでSUVが必要とならば、つくらないわけにいかない。それでも、なんとか自社のポリシーと整合性を取ろうと真摯に努力する姿は立派だ。
法制度の違いこそあれ、3列目には実効に疑問符がつくベルトしか装備されないミニバンや、中央席にはヘッドレストも3点式シートベルトも備わらないリアシートをもつ乗用車が散見される国内市場を振り返ると……と、がらにもなく“説教モード”に入りつつある自分を笑いながら、XC90 Sportのステアリングホイールを握った。(後編へつづく)

(文=webCGアオキ/写真=菊池貴之)


ボルボXC90 3.2 Sport(4WD/6AT)【短評(前編)】の画像 拡大

ボルボXC90 3.2 Sport(4WD/6AT)【短評(前編)】の画像 拡大

ボルボXC90 3.2 Sport(4WD/6AT)【短評(前編)】の画像 拡大
グリルにはサテンシルバーの枠にブラックアウトされた格子は使われる。「アクティブ・バイキセノン・ヘッドランプ」を標準装備。これは、コーナリング時に、曲がる方向へ15度まで照射方向を変えるシステム。
グリルにはサテンシルバーの枠にブラックアウトされた格子は使われる。「アクティブ・バイキセノン・ヘッドランプ」を標準装備。これは、コーナリング時に、曲がる方向へ15度まで照射方向を変えるシステム。 拡大

関連キーワード:
XC90ボルボXC90試乗記

あなたにおすすめの記事