【スペック】全長×全幅×全高=4810×1935×1780mm/ホイールベース=2855mm/車重=2150kg/駆動方式=4WD/3.2リッター直6DOHC24バルブ(238ps/6200rpm、32.6kgm/3200rpm)/価格=698.0万円(テスト車=同じ)

ボルボXC90 3.2 Sport(4WD/6AT)【短評(前編)】

ボルボらしさ(前編) 2007.07.01 試乗記 ボルボXC90 3.2 Sport(4WD/6AT)
……698.0万円

2006年末にマイナーチェンジした「ボルボ・XC90」から、スポーティな特別仕様車が発売された。北海道は稚内からの報告。

オバフェン+19インチ

北海道の丘陵地を「ボルボXC90 3.2 Sport」で行きながら、心のなかで歓声をあげた。草の斜面を、鹿が、われわれと並行して走っている。「大海原を疾走する白いヨット。舷側に、競うように泳ぐイルカの群れ……」と月並みな連想をしたところで、鹿たちは緑の丘のむこうへと駆けていった。

ボルボのSUV「XC90」のスペシャルモデル「3.2 Sport」のプレス試乗会は、稚内を基点に行われた。3.2 Sportは、2007年6月9日に発売された限定150台の特別仕様車。3列シート7人乗り、右ハンドルのみの設定となる。価格は698万円。

3.2リッター直列6気筒エンジン(238ps、32.6kgm)に6段ATという組み合わせはノーマルの「3.2」と変わらないが、特別なボディカラー「パッションレッド」で華やかに塗られ、足もとは2インチ(!)アップの19インチホイールを履く。薄く巻かれるタイヤは「225/50R19」とスポーティなサイズ。
「スタッドレス用に17インチホイールも用意しないとなァ」と小市民的な心配が頭をもたげるが、それはともかく、気になるのは乗り心地である。前後バンパー下部、サイドステップにルーフレールと、随所に“シルバー”が配され、赤いボディを引き締める。太くなったタイヤに合わせ、フェンダーには、ごく控えめにだがエクステンションがついた。

ボルボ車のスペックに、「ニヒャクバリキ」を超える出力を見ることが珍しくなった今日この頃。それでも、北欧のメーカーから“19インチ+オバフェン”のSUVが出されることになろうとは……。感慨に浸っていても仕方ないので、ドアを開けて運転席に座る。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XC90の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る