【スペック】全長×全幅×全高=3990×1720×1485mm/ホイールベース=2575mm/車重=1190kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブ(112ps/6000rpm、15.4kgm/4250rpm)/価格=223万8000円

ルノー・ルーテシア 1.6 エル【試乗記】

ルノー・ルーテシア 1.6 エル 2007.06.30 試乗記 ……223万8000円

“いろいろな輸入車にとっかえひっかえ乗れる”JAIA試乗会。
2人の『CG』編集者が、インプレッションをお届けします!

ルノー・ルーテシア 1.6 エル【短評】

日本車とはまったく違う世界

エンジンはガサガサと耳障りなノイズをたてるし、ダッシュボードの質感は先代より向上したとはいえ、相変わらずプラスチッキーで安っぽい。第一印象は「お化粧ベタ」。いや、むしろスッピンのままといったほうが正しいか。

先代の、過剰な(?)までのどっしり感は影を潜め、乗り味にはほどよい軽やかさが加わった。当たりがマイルドで快適な乗り心地はルーテシアのよき伝統。しかも、深いギャップを強行突破したときでさえ、無粋なハーシュネスを伝えない。追い詰められれば追い詰められるほど、底力を発揮するタイプと見た。

ハンドリングは軽快のひとこと。パッケージングも巧妙で実用性は高い。多少無骨でも、本物の道具を探し求めている人にこそ勧めたくなる“骨太なコンパクトカー”。

(文=大谷達也/写真=田村弥/『CG』2007年4月号)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ルーテシアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・トゥインゴ インテンス/スマート・フォーフォー ターボ(前編)【試乗記】 2016.10.10 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」と「スマート・フォーフォー」、国籍もメーカーも違うコンパクトカーだが、この新型から基本構造を共有する“兄弟車”になったのはご承知のとおり。試乗記の前編ではトゥインゴにスポットライトを当て、その実力を浮き彫りにする。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【レビュー】 2016.11.28 試乗記 満を持して登場した「スバルBRZ」の最上級グレード「GT」。足まわりにおごられたSACHSダンパー、ブレンボブレーキは、走行性能に対してどのような影響を与えるのか。86/BRZ Raceで姉妹車「トヨタ86」を駆る筆者が、その走りをリポートする。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
ホームへ戻る