【スペック】全長×全幅×全高=3990×1720×1485mm/ホイールベース=2575mm/車重=1190kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブ(112ps/6000rpm、15.4kgm/4250rpm)/価格=223万8000円

ルノー・ルーテシア 1.6 エル【試乗記】

ルノー・ルーテシア 1.6 エル 2007.06.30 試乗記 ……223万8000円

“いろいろな輸入車にとっかえひっかえ乗れる”JAIA試乗会。
2人の『CG』編集者が、インプレッションをお届けします!

ルノー・ルーテシア 1.6 エル【短評】

日本車とはまったく違う世界

エンジンはガサガサと耳障りなノイズをたてるし、ダッシュボードの質感は先代より向上したとはいえ、相変わらずプラスチッキーで安っぽい。第一印象は「お化粧ベタ」。いや、むしろスッピンのままといったほうが正しいか。

先代の、過剰な(?)までのどっしり感は影を潜め、乗り味にはほどよい軽やかさが加わった。当たりがマイルドで快適な乗り心地はルーテシアのよき伝統。しかも、深いギャップを強行突破したときでさえ、無粋なハーシュネスを伝えない。追い詰められれば追い詰められるほど、底力を発揮するタイプと見た。

ハンドリングは軽快のひとこと。パッケージングも巧妙で実用性は高い。多少無骨でも、本物の道具を探し求めている人にこそ勧めたくなる“骨太なコンパクトカー”。

(文=大谷達也/写真=田村弥/『CG』2007年4月号)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ルーテシアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
  • 「ルノー・トゥインゴ」に新グレード「ゼン」が登場 2017.1.6 自動車ニュース 「ルノー・トゥインゴ」に新グレード「ゼン」が登場。装備を簡素化して価格を抑えたエントリーグレードで、パワープラントには0.9リッターターボ+6段EDCに加え、1リッター自然吸気+5段MTの組み合わせも用意される。
  • スズキ、「スペーシア カスタムZ」を発売 2016.12.26 自動車ニュース スズキは2016年12月26日、軽乗用車「スペーシア」シリーズに新モデル「カスタムZ」を追加し、販売を開始した。併せて既存のスペーシアシリーズにも一部仕様変更を実施し、同日販売を開始した。
ホームへ戻る