第327回:2007年F1最大の不快現象を勝手に解く!
ライコネンはなぜ遅くなったのか?

2007.06.29 エッセイ

第327回:2007年F1最大の不快現象を勝手に解く!ライコネンはなぜ遅くなったのか?

キミ、なにやってんの?

うーん、なんか毎朝のお通じがよくないというか、ふに落ちない……。最近のF1ファン最大の疑問というか、スッキリしない点はコレだと思う。
「ライコネンはなぜこんなにも遅くなったのか?」
ここ数戦、予選は同僚マッサのコンマ数秒落ち。時には0.5秒以上離されることもあり、なさけないことに走行後のピットロードでもガッツポーズするマッサの後ろを視線を落として歩いてたりする。

考えてみると初戦に勝ったのもマッサがひとりゴケしちゃったからだし、シーズン前のテストでもずーっと遅かった。最近も「セッティングを見つけた!」なんて報道があったのに、本番じゃパッとしなかったり。
本来ならドライバーズランキング首位を争ってるはずが、もはや完全に4位定着。完全にハミルトンの盛り上げ役っていうか、盛り上げ役にすらなってないぐらい。

「もはや旬は過ぎた」とか「マッサが逆に速かった」って意見もあるとは思うが、天才好きの日本人(俺ね)からしてみると フォーミュラ・ルノーからF3、F3000を飛び越して、いきなりF1にジャンプアップ。異様なラップタイムをたたき出して、悪童モントーヤに才能を見せつけ、結果的には追い出した彼にして、今の体たらくぶりはさすがにいただけない。途中リタイアすることも多かったけど、一周の速さはブッチギリだった“はず”……。

ああお母さん、2005年ヨーロッパGPでは最後の最後、バイブレーションからタイヤがサスからブチ切れるまで、トップを怪走していた“驚速”の“天才”はどこにいったんでしょうか。テレビのテロップに出る、「現役最速」の文字が悲しいやらむなしいやら。「一体なにやってんのよ、キミは!?」なんてー、オヤジギャグも飛ばしたくなっちゃうぜ!

今期不調のキミ・ライコネン(右)と、予選ではライコネンを上回るパフォーマンスを見せつけるフェリペ・マッサ(左)。
今期不調のキミ・ライコネン(右)と、予選ではライコネンを上回るパフォーマンスを見せつけるフェリペ・マッサ(左)。

第327回:2007年F1最大の不快現象を勝手に解く!ライコネンはなぜ遅くなったのか?の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』