ボルボのコンパクトクーペ「C30」、日本上陸

2007.06.29 自動車ニュース

ボルボのコンパクトクーペ「C30」、日本上陸へ

ボルボのコンパクトクーペ「C30」、日本上陸

ボルボ・カーズ・ジャパンは2007年6月28日、新型のコンパクトクーペ「ボルボC30」を発表。翌月の7月1日から予約注文を開始する。


ボルボのコンパクトクーペ「C30」、日本上陸へ

既報の通り、2006年9月のパリショーでデビューした“Cセグメント・ボルボ”が、日本に導入される。

新型の4シーター2ドアクーペは、ガラス製テールゲートをもつユニークなスタイリングが特徴。活動的なライフスタイルを送る独身者やカップル、子育てを終え自由時間の多い中高年などにアピールするという。
そのボディサイズは、全長×全幅×全高=4250×1780×1430mmで、ホイールベースは2640mm。最もコンパクトなセダンである「S40」より220mm短く、同じくコンパクトなワゴン、「V50」と比べると265mm短い。

日本に導入されるエンジンは、170psの2.4リッター直5(2.4i Aktiv/2.4i SE)と、230psの2.5リッター直5ターボ(T-5)の2種類。どちらもマニュアルモード付きの電子制御式5段ATと組み合わされ、前輪を駆動する。足まわりは、フロントがマクファーソン・ストラット、リアがマルチリンク式サスペンションだ。

安全面は、運転状況に応じて警告や車両情報を伝える「IDIS」(インテリジェント・ドライバー・インフォメーション・システム)や、死角の警報システム「BLIS」(ブラインドスポット・インフォメーションシステム)などを用意。大型の他ボルボ車と同等の安全性を確保したという。

価格は、最もベーシックな「C30 2.4i Aktiv(アクティブ)」が285万円。
これに本革シートやウッドパネル、雨滴センサーなどの上級装備を加えた「C30 2.4i SE」が348万円。
2.5リッターターボエンジンを搭載するスポーティグレード「C30 T-5」が387万円となっている。

また、日本導入を記念したモデル「C30 T-5 Sport Design」の販売をweb限定で展開。専用ボディキットやリアにデュアルSPORTテールパイプ、バイキセノンヘッドライトなどを装備する限定モデルだ。

詳しくは、スペシャルサイトから。
http://www.volvocars.co.jp/models/c30_t-5.htm

(webCG 関)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボC30 T-5(FF/5AT)【ブリーフテスト】 2007.10.18 試乗記 ……426万8000円
    総合評価……★★★★★

    ボルボの新型コンパクトクーペ「C30」。ハイプレッシャーターボエンジンを搭載した最速モデル「T-5」に試乗した。
  • ボルボC30/S40/V50 2.0e パワーシフト(FF/6AT)【試乗記】 2009.5.11 試乗記 ボルボC30/S40/V50 2.0e パワーシフト(FF/6AT)
    ……279.0万円/289.0万円/299.0万円

    ボルボの新しいエントリーグレード「2.0e パワーシフト」は、燃費がジマン。500kmを超えるエコラン競走に参加してわかった、その実力は?
  • ボルボC30 T-5/S40 2.4i/V50 T-5 R-DESIGN(FF/5AT)【試乗記】 2008.3.8 試乗記 ボルボC30 T-5/S40 2.4i/V50 T-5 R-DESIGN(FF/5AT)
    ……420.0万円/401.0万円/488.0万円

    「ボルボC30/S40/V50」に、共通の特別仕様車「R-DESIGN」が設定された。質実剛健な北欧メーカーは、新たなコンセプトでどんなテイストを表現したのか? 『webCG』のコンドーと関が試乗した。
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/ミラ イースL“SA III”【試乗記】 2017.6.12 試乗記 低価格・低燃費という、軽自動車の本質を徹底的に追求した「ダイハツ・ミラ イース」がフルモデルチェンジ。従来モデルやライバル車との比較をまじえつつ、「+αの魅力を追求した」という新型の実力を検証した。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
ホームへ戻る