【スペック】全長×全幅×全高=4540×1770×1430mm/ホイールベース=2700mm/車重=1270kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブ(225ps/8000rpm、21.9kgm/6100rpm)/価格=283万5000円(テスト車=319万2000円)

ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【ブリーフテスト】

ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT) 2007.06.29 試乗記 ……319万2000円
総合評価……★★★★

ホンダ唯一のピュアスポーツモデルとなる「シビック タイプR」。ハッチバックから打って変わりセダンベースとなった新型に試乗した。

ホンダ・シビックTYPE R (FF/6MT)

帰ってきた「タイプR」

赤のHondaエンブレムがなんとも誇らしげな“TYPE R”が戻ってきた。
シビックとしては3代目となるこの新しいコンパクトスポーツは、ボディこそハッチバックから4ドアセダンに変わったけれど、胸のすく加速が刺激的な4気筒自然吸気エンジンと、サーキットやワインディングロードでその真価を発揮するFFレイアウトのシャシーに歴代タイプRの魂が宿り、スポーツドライブを好むファンの心を熱くすることに変わりはない。

それでいて、ビギナーにも扱いやすい間口の広さがうれしい「シビック・タイプR」。その代償として快適性、とくに乗り心地が犠牲になっているのも事実で、4人乗りの4ドアといっても、ファミリーで使うことなど考えないほうがいい。そのへんがスパッと割り切れるなら、283万5000円のプライスタグは決して高いものでははずだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

シビックの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジュネーブショー2017の会場から(その12) 2017.3.9 画像・写真 第87回ジュネーブ国際モーターショーが2017年3月7日に開幕した。ホンダブースの主役は「シビック タイプR」の量産型(欧州仕様)。EVコミューターのコンセプトカー「NeuV(ニューヴィー)」も展示された。
  • 【ジュネーブショー2017】ホンダ、新型「シビック タイプR」の量産モデルを世界初公開 2017.3.7 自動車ニュース 本田技研工業の英国現地法人であるホンダモーターヨーロッパ・リミテッドは2017年3月7日、ジュネーブモーターショーで新型「シビック タイプR」の量産モデルを世界初公開した。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • レクサスLC500 2017.3.16 画像・写真 トヨタ自動車は2017年3月16日、レクサスブランドの新型ラグジュアリークーペ「LC500」「LC500h」の国内販売を開始した。このうち5リッターV8エンジンを搭載するLC500のディテールを、写真で紹介する。
  • 「三菱エクリプス クロス」デザイン本部長インタビュー 2017.3.7 特集 三菱自動車の新しいコンパクトSUV「エクリプス クロス」がジュネーブショー2017でデビュー。スタイリッシュなクーペフォルムをまとうこのニューフェイスに、デザイナーたちはどんな思いを込めたのか。デザイン本部長に話を伺った。
ホームへ戻る