機能、装備充実、プレミアム4×4「レンジローバー」発売

2007.06.28 自動車ニュース

装備充実、プレミアム4×4「レンジローバー」発売

装備充実、プレミアム4×4「レンジローバー」発売

ランドローバージャパンは、ランドローバーの高級4×4「レンジローバー」に、電子制御システムなどの機能を充実し、2007年7月1日に発売する。


装備充実、プレミアム4×4「レンジローバー」発売

今回の大きな変更点は、「テレイン・レスポンス」システムを全車に標準装備したこと。
これは、ドライバーが「オンロード」「滑りやすい路面(草、砂利、雪など)」「泥や轍」「砂地」「岩こえ」の5つの走行パターンから路面状況を選ぶことで、車高やエンジン、トランスミッション、各種電子デバイスを統合制御して、最適なセッティングが自動的に施されるというもの。
また、「SUPERCHARGED」モデルには、電子制御リア・ディファレンシャルが標準装備される。

インテリアは、センターコンソールやインストゥルメントパネルの意匠が変更され、ドアのウッドレイアウトも新しくなった。「VOGUE」「SUPERCHARGED」のフロントシートには、シートヒーターに加えクーラー機能が追加され、快適性が向上されたという。

安全面では、最新のエアバッグシステムを採用。運転席には、フロントエアバッグに加え、ニーエアバッグを標準装備。フロント・サイドエアバッグは、どんなシート位置でも対応できるよう、エアバッグ収納位置がドアからシート内に変更された。また、むち打ちなどの危険性を軽減する「むち打ち緩和衝撃吸収機構」も標準装備される。

ボディカラーは、新色ルサーン・グリーンを追加し全8色。快適装備の違いで、「HSE」「VOGUE」「SUPERCHARGED」の3グレードを用意。

価格は、以下の通り。
レンジローバー HSE 1050.0万円
レンジローバー VOGUE 1200.0万円
レンジローバー SUPERCHARGED 1350.0万円

(webCG ワタナベ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レンジローバーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ランドローバー・ディスカバリーTd6/ディスカバリーSi6【海外試乗記】 2017.3.16 試乗記 フルモデルチェンジを受けた「ランドローバー・ディスカバリー」に米国で試乗。アルミモノコックボディーを採用するなど“革新的”な進歩を遂げた新型は、オンロードの洗練と悪路走破性の強化を同時に成し遂げた、ランドローバーの伝統の良き継承者だった。
  • シトロエン・グランドC4ピカソ フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.20 試乗記 シトロエンの7人乗りミニバン「グランドC4ピカソ」に、“シリーズ最大のハイライト”とアピールされるディーゼルエンジン搭載モデルが登場。自慢の走行性能や、このクルマならではの使い勝手をじっくりとチェックした。
  • 価格を抑えた「メルセデスAMG CLA45 4MATIC」限定発売 2017.3.21 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年3月21日、高性能モデル「メルセデスAMG CLA 45 4MATIC」をベースとする限定車「メルセデスAMG CLA 45 4MATIC Racing Edition」を発表した。同年4月上旬に90台限定で発売する。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • フォルクスワーゲン・ティグアンTSIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.9 試乗記 フォルクスワーゲンの新型「ティグアン」に試乗。同社の生産モジュール「MQB」をSUVシリーズとして初めて採用したティグアンは、どのモデルよりも「ゴルフ」を思わせる、折り目正しいクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る