【スペック】全長×全幅×全高=4415×1740×1475mm/ホイールベース=2620mm/車重=1400kg/駆動方式=4WD/2リッター水平対向4DOHC16バルブツインスクロールターボ(250ps/6000rpm、34.0kgm/2400rpm)/価格=252万円(テスト車=295万500円/スポーツパッケージ+CパッケージII+VDC=43万500円)(写真=郡大二郎)

スバル・インプレッサS-GT(4WD/4AT)【試乗記】

優等生の心配 2007.06.28 試乗記 スバル・インプレッサS-GT(4WD/4AT)
……295万500円

5ドアハッチで登場した新型「スバル・インプレッサ」。2リッターのターボモデルに試乗。フットワークの良さは実感したが、快適さが重視されて気になることもあるという。

それにしても……

「ドライバーズカーからの脱却」。新型「スバル・インプレッサ」の開発陣から発せられたコメントの真意は、「ドライバーだけではなく、乗る人すべてが快適さを共有できるクルマにする」ということのようだ。

しかしそうしたメッセージを耳にして、少々ショックを受けた“スバリスト”もいるだろう。そもそも、スバル自らが“ラリーフィールド生まれのハンドリングマシン”といったキャラクターを売り物としてきたフシがあるのだから、いまさら急に“軌道修正”を謳われても、「にわかには納得しがたい!」という声があがるのも無理はない。

なかでも、「インプレッサ=WRX」という思考回路ができ上がっていた人にとっては、新型のバリエーション展開そのものが戸惑いを感じさせるはず。何しろ、これまでのモデル全体のイメージリーダーだったターボ付きエンジンを搭載するのは1グレードのみ。しかも、「S-GT」という名称を名乗るそのモデルが積む心臓の最高出力は「わずかに250psに過ぎない」のだ。

6段MTの設定はなく、ブレンボ製ブレーキや可変コントロール機能を備えたセンターデフなど、従来のWRXシリーズがイメージづくりの基盤としてきたアイテムの存在もナシ……、という具合だから、これまでのWRXシリーズのファンにとっては、「もはや自分たちは見放されてしまったのか!?」と、不安の念が募るのも無理はない。

ここでタネ明かしをしてしまえば、実はそうした人々への回答は、後に控えている新しいSTIバージョンがまかなうことになる。現在鋭意開発中のこちらのモデルが、いわばこれまでのWRXの後継シリーズというわけだ。
「それにしても……」と、それでもまだ何となく腑に落ちない人は多いはず。自分もそのひとり。ひとまずそうしたコンプレインの気持ちを飲み込みつつ、件の「S-GT」をテストドライブしてみた。

標準では、16インチアルミホイール&205/55R16タイヤとなるが、テスト車には、スポーツパッケージの17インチホイール&205/50R17タイヤがオプション装着される。写真は16インチ。
標準では、16インチアルミホイール&205/55R16タイヤとなるが、テスト車には、スポーツパッケージの17インチホイール&205/50R17タイヤがオプション装着される。写真は16インチ。
(写真=郡大二郎)
(写真=郡大二郎)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

インプレッサの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン/ゴルフGTI【海外試乗記】 2017.3.1 試乗記 モデルライフ半ばの“テコ入れ”が実施された、最新の「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に試乗。新たに開発された1.5リッターターボエンジンや先進のインフォテインメントシステムは、その走りをどう変えたのか? スペイン・マヨルカ島からの第一報。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
ホームへ戻る