豪華版ロータス、「ヨーロッパS LX」登場

2007.06.27 自動車ニュース

豪華版ロータス、「ヨーロッパS LX」登場

ロータス・カーズの日本総代理店エルシーアイは、「ロータス・ヨーロッパS」の上級グレード「ヨーロッパS LX」を、2007年6月1日に発売した。

ロータスファミリーのなかでグランドツアラー的な「ヨーロッパS」に、贅沢仕様の「LX」が追加された。

ノーマル「S」からの変更点で目玉となるのは、インテリア。「S」で軽量な合成素材を用いるステアリングコラムカバー、ダッシュボード、インストゥルメントパネル、シルカバーなどに、サドルタンカラーまたはマグノリアカラーのレザーを使用。シートやテールゲートの内張りにも同色のレザーを与えた。
さらに、エンジンスタートボタンや、クルミ材とユリノキ材をあしらったシフトノブも備わる。

エクステリアは、フロントおよびサイドのエアインテークをボディ同色とし、ラジエータグリルやリアライトグリルなどは、シルバーで統一した。

なお、これらの装備による車重への影響はほとんどないという。

価格は、ノーマルより33万6000円高い、698万2500円。
今後は、この「LX」が、ヨーロッパシリーズの標準的な日本仕様となる予定だ。

(webCG 関)

「ロータス・ヨーロッパS LX」
「ロータス・ヨーロッパS LX」
豪華、総革張りのインテリア。
豪華、総革張りのインテリア。
カーペット敷きのトランクには、荷物を固定するストラップや、本革の小物入れが備わる。
カーペット敷きのトランクには、荷物を固定するストラップや、本革の小物入れが備わる。

関連キーワード:
ヨーロッパロータス自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロータス・エキシージ スポーツ350(MR/6MT)【試乗記】 2016.10.19 試乗記 大幅な軽量化により、動力性能をさらに突き詰めた「ロータス・エキシージ スポーツ350」。より速く、より荒々しくなったその走りを堪能し、名だたるスーパーカーでさえ持ち合わせていない、このクルマだけの“特権”に触れた。
  • ロータス・エリーゼ(MR/6MT)【試乗記】 2018.1.17 試乗記 「ロータス・エリーゼ」に試乗。最新装備の使い勝手を……と思いきや、テスト車は、エアコンなし、オーディオなし、さらにはフロアマットまで省かれた超硬派仕様。「エリーゼ大好き」を公言してはばからない下野康史は、このパートナーとどう付き合う?
  • アルファ・ロメオ・ジュリア スーパー(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.15 試乗記 イタリア車の長所を伸ばし、短所をうまく補った……。「アルファ・ロメオ・ジュリア」は、ドライブした者にそんな印象をもたらすニューモデルだ。仮想敵(?)と目されるクルマを自家用車とする清水草一が、愛車との比較も交えた試乗リポートをお届けする。
  • ロータス・エキシージSロードスター(MR/6MT)【試乗記】 2014.10.6 試乗記 単にルーフを切っただけにあらず。「ロータス・エキシージS」のオープンバージョンは、走りに関してもクーペとは一線を画すものだった。
  • ロータス・エキシージSロードスター(MR/6AT)【試乗記】 2015.4.8 試乗記 ロータス一族の中でも特にスパルタンな「エキシージS」に、6段AT仕様が登場。硬派なハンドリングマシンとナンパな(?)自動変速機の相性を試す。
ホームへ戻る