豪華版ロータス、「ヨーロッパS LX」登場

2007.06.27 自動車ニュース

豪華版ロータス、「ヨーロッパS LX」登場

ロータス・カーズの日本総代理店エルシーアイは、「ロータス・ヨーロッパS」の上級グレード「ヨーロッパS LX」を、2007年6月1日に発売した。

ロータスファミリーのなかでグランドツアラー的な「ヨーロッパS」に、贅沢仕様の「LX」が追加された。

ノーマル「S」からの変更点で目玉となるのは、インテリア。「S」で軽量な合成素材を用いるステアリングコラムカバー、ダッシュボード、インストゥルメントパネル、シルカバーなどに、サドルタンカラーまたはマグノリアカラーのレザーを使用。シートやテールゲートの内張りにも同色のレザーを与えた。
さらに、エンジンスタートボタンや、クルミ材とユリノキ材をあしらったシフトノブも備わる。

エクステリアは、フロントおよびサイドのエアインテークをボディ同色とし、ラジエータグリルやリアライトグリルなどは、シルバーで統一した。

なお、これらの装備による車重への影響はほとんどないという。

価格は、ノーマルより33万6000円高い、698万2500円。
今後は、この「LX」が、ヨーロッパシリーズの標準的な日本仕様となる予定だ。

(webCG 関)

「ロータス・ヨーロッパS LX」
「ロータス・ヨーロッパS LX」
豪華、総革張りのインテリア。
豪華、総革張りのインテリア。
カーペット敷きのトランクには、荷物を固定するストラップや、本革の小物入れが備わる。
カーペット敷きのトランクには、荷物を固定するストラップや、本革の小物入れが備わる。

関連キーワード:
ヨーロッパロータス自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロータス・エキシージ スポーツ380(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.1 試乗記 ロータスの製品群の中でも、より走りを突き詰めた「エキシージ」が“380”に進化。より強力になった3.5リッターV6スーパーチャージドエンジンと、さらなる軽量化が図られたボディー、それに合わせて最適化の図られた足まわりが織り成す走りに触れた。
  • ポルシェ911カレラT(RR/7MT)【レビュー】 2018.5.22 試乗記 徹底した軽量化やパワートレインの変更などにより、強烈なドライビングプレジャーを追求したという「ポルシェ911カレラT」。母国ドイツの道でむちを当ててみると、一段と凝縮された“911のよさ”を味わうことができた。
  • ロータス・エヴォーラ スポーツ410(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.2 試乗記 従来モデルから最高出力がアップして車重はダウン。「ロータス・エヴォーラ」の新バージョン「スポーツ410」が日本に上陸。コーリン・チャップマンの理念「LESS MASS MEANS LOTUS」を体現したという新世代グランドツアラーを、箱根で試した。
  • 「ロータス・エキシージ」に走りを高めた「スポーツ410」登場 2018.6.22 自動車ニュース 「ロータス・エキシージ」シリーズに高性能モデルの「スポーツ410」が登場。最高出力を416psに高めた過給機付きV6エンジンの採用に加え、空力関係や足まわりについても改良を実施。0-100km/h加速が3.4秒、最高速が290km/hという動力性能を実現している。
  • ロータス・エリーゼ スプリント220(MR/6MT)【試乗記】 2018.5.19 試乗記 ロータスの軽量スポーツカー「エリーゼ」に、さらなる軽量化によって運動性能を高めた「スプリント」シリーズが登場。ファンにとって懐かしいモデル名をよみがえらせた新グレードは、どのような走りを見せるのか? 過給機付きの「スプリント220」で確かめた。
ホームへ戻る