豪華版ロータス、「ヨーロッパS LX」登場

2007.06.27 自動車ニュース

豪華版ロータス、「ヨーロッパS LX」登場

ロータス・カーズの日本総代理店エルシーアイは、「ロータス・ヨーロッパS」の上級グレード「ヨーロッパS LX」を、2007年6月1日に発売した。

ロータスファミリーのなかでグランドツアラー的な「ヨーロッパS」に、贅沢仕様の「LX」が追加された。

ノーマル「S」からの変更点で目玉となるのは、インテリア。「S」で軽量な合成素材を用いるステアリングコラムカバー、ダッシュボード、インストゥルメントパネル、シルカバーなどに、サドルタンカラーまたはマグノリアカラーのレザーを使用。シートやテールゲートの内張りにも同色のレザーを与えた。
さらに、エンジンスタートボタンや、クルミ材とユリノキ材をあしらったシフトノブも備わる。

エクステリアは、フロントおよびサイドのエアインテークをボディ同色とし、ラジエータグリルやリアライトグリルなどは、シルバーで統一した。

なお、これらの装備による車重への影響はほとんどないという。

価格は、ノーマルより33万6000円高い、698万2500円。
今後は、この「LX」が、ヨーロッパシリーズの標準的な日本仕様となる予定だ。

(webCG 関)

「ロータス・ヨーロッパS LX」
「ロータス・ヨーロッパS LX」
豪華、総革張りのインテリア。
豪華、総革張りのインテリア。
カーペット敷きのトランクには、荷物を固定するストラップや、本革の小物入れが備わる。
カーペット敷きのトランクには、荷物を固定するストラップや、本革の小物入れが備わる。

関連キーワード:
ヨーロッパロータス自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロータス・エキシージ スポーツ350(MR/6MT)【試乗記】 2016.10.19 試乗記 大幅な軽量化により、動力性能をさらに突き詰めた「ロータス・エキシージ スポーツ350」。より速く、より荒々しくなったその走りを堪能し、名だたるスーパーカーでさえ持ち合わせていない、このクルマだけの“特権”に触れた。
  • ロータス・エキシージS(MR/6MT)【試乗記】 2013.8.24 試乗記 1.2トンのボディーに350psのV6スーパーチャージドエンジンを搭載した新型「ロータス・エキシージS」が日本上陸。その走りを箱根で試した。
  • アウディR8スパイダーV10 5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.8.23 試乗記 フルモデルチェンジで2代目となった「R8スパイダー」に試乗。自然吸気のV10エンジンを搭載するアウディの最上級オープンはどんな走りを見せるのか。先代との比較を交えつつ、その印象を報告する。
  • マツダCX-8【開発者インタビュー】 2017.9.14 試乗記 日本におけるマツダの新しいフラッグシップSUV「CX-8」がいよいよデビューした。ミニバン市場から撤退し、未知のジャンルである3列シートSUVの開発に賭けるという決断に至った背景とは? 開発責任者の松岡英樹さんに話を伺った。
  • ポルシェ・パナメーラ(FR/8AT)【試乗記】 2017.9.14 試乗記 「ポルシェ・パナメーラ」のベーシックモデルに試乗。とかくパワーとスピードで語られがちな高性能サルーンの世界ではあるが、“素”のパナメーラを見くびってはいけない! そこには他のグレードでは味わえない、独自のバランスがあったからだ。
ホームへ戻る