「トヨタ・ポルテ」をマイナーチェンジ

2007.06.27 自動車ニュース

「トヨタ・ポルテ」をマイナーチェンジ

トヨタ自動車は、助手席側にスライドドアを設けたコンパクトワゴン「ポルテ」をマイナーチェンジし、2007年6月26日に発売した。

今回の主な変更点は、内外装のお化粧直しと装備の充実。エクステリアは、フロントヘッドライトやリアコンビネーションランプ、タイヤホイール用の樹脂フルキャップの意匠を変更。インテリアは、メーターやステアリングホイールの意匠に加え、内装色、撥水加工を施したシート表皮を新しくした。

ターンランプ付のドアミラーやスマートキーをバッグに入れたままでも乗り降りできる「スマートドアロック」を運転席側に加え助手席側スライドドアにも設定。助手席アシストグリップを一部グレードに採用するなどし、利便性を高めたという。
さらに、「150r」「150i」グレードには、専用シート表皮や運転席アームレスト、プラズマクラスターなどを標準装備した「Gパッケージ」が新しくラインナップされる。

これにあわせ、福祉車両「ウェルキャブ」についてもベース車同様に改良された。

ボディカラーは、新色のベージュメタリック、ライトグリーンメタリックの2色を追加設定し、全8色。価格は、「130i」(FF)139万6500円から「150i “Gパッケージ”」(4WD)176万4000円まで。

(webCG ワタナベ)

新設定のボディカラー「ライトグリーンメタリック」
新設定のボディカラー「ライトグリーンメタリック」

「トヨタ・ポルテ」をマイナーチェンジの画像
アクアマイカメタリック
アクアマイカメタリック

関連キーワード:
ポルテトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタGRシリーズ試乗会(前編)【試乗記】 2017.9.21 試乗記 2017年9月以降、トヨタがスポーツコンバージョンモデルの開発を一段と本格化させる。その製品群「GR」シリーズとはどんなモデルなのか。今後展開される10車種に試乗、それぞれの走りを前後2編に分けて報告する。
  • トヨタGRシリーズ【開発者インタビュー】 2017.9.19 試乗記 トヨタが、モータースポーツ直系のスポーツコンバージョンモデル「GR」シリーズの展開をスタート。そこにはどんなねらいがあり、今後はどのような戦略で取り組んでいくのか? 関係者に話を聞いた。
  • フォルクスワーゲン・ポロ1.0 TSIハイライン(FF/7AT)【海外試乗記】 2017.9.29 試乗記 成長したのはボディーサイズだけにあらず。6代目となる「フォルクスワーゲン・ポロ」がいよいよ登場。“MQB”世代のコンポーネンツが用いられた新型は、Bセグメントのスタンダードを塗り替えるほどの実力を持ち合わせていた。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)/スイフトスポーツ(FF/6AT)... 2017.10.6 試乗記
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.9.23 試乗記