【スペック】15S:全長×全幅×全高=4415×1740×1475mm/ホイールベース=2620mm/車重=1260kg/駆動方式=FF/1.5リッター水平対向4DOHC16バルブ(110ps/6400rpm、14.7kgm/3200rpm)/価格=151万2000円
(写真は4WDモデル:価格=166万6500円/装着オプション:GパッケージI+CパッケージI+HIDプロジェクターロービームランプ+ゴールドウェザーパッケージ=44万6250円)

スバル・インプレッサ15S(FF/4AT)/20S(4WD/4AT)【試乗記】

なかなかの優等生 2007.06.27 試乗記 スバル・インプレッサ15S(FF/4AT)/20S(4WD/4AT)
……151万2000円/236万2500円
7年ぶりのフルモデルチェンジで3代目となった「スバル・インプレッサ」。
5ドアハッチのニューモデルに試乗。自然吸気エンジンモデルを試す。

起承転結

「4ドアセダン+ショートワゴン」というこれまでのラインナップから、(日本では)5ドアハッチバックのみの設定へと驚きのモデルチェンジを行った「スバル・インプレッサ」。ヨーロッパCセグメント車への対抗意識をあらわにしたかのモデルチェンジは、同時に、日本市場でより幅広いユーザー層へのアピールを狙ったものでもあるという。

WRC(世界ラリー選手権)での活躍などで、コンペティティブなスポーツモデルというイメージを確立させたこれまでのモデル。一方でそうしたイメージは、女性ユーザーに対する敷居を高めてしまうといった、販売戦略上は必ずしもプラスに作用しない部分もあったそう。

それゆえ、「若い男性向けモデルというイメージを打破し、“スバル・ラインナップにおける中間車種”というポジショニングへの原点回帰を図ったのが新型」とスバルは説明する。これまで3代のインプレッサのなかでは、「起承転結の”転”に相当する」というのが、開発責任者によるコメントである。

グレージュ内装
グレージュ内装
「20S」
「20S」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

インプレッサの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 新型「スバル・インプレッサ」発表会の会場から 2016.10.13 画像・写真 富士重工業は2016年10月13日、東京・恵比寿の本社で、新型「スバル・インプレッサ」の発表会を開催した。会場の様子を写真でリポートする。
  • スバル、新型「インプレッサG4/スポーツ」を発表 2016.10.13 自動車ニュース スバルが5代目となる新型「インプレッサ」を発表した。同車はスバル次世代製品群の第1弾に位置づけられているモデルで、新世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」により、高い安全性能と動的・静的質感を実現しているという。
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
  • スバル・インプレッサ プロトタイプ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.9.10 試乗記 発売が間近に迫った新型「スバル・インプレッサ」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。スバルのこれからを担う次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」や、直噴化された「FB20」型エンジンの出来栄えを確かめた。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
ホームへ戻る