【スペック】15S:全長×全幅×全高=4415×1740×1475mm/ホイールベース=2620mm/車重=1260kg/駆動方式=FF/1.5リッター水平対向4DOHC16バルブ(110ps/6400rpm、14.7kgm/3200rpm)/価格=151万2000円
(写真は4WDモデル:価格=166万6500円/装着オプション:GパッケージI+CパッケージI+HIDプロジェクターロービームランプ+ゴールドウェザーパッケージ=44万6250円)

スバル・インプレッサ15S(FF/4AT)/20S(4WD/4AT)【試乗記】

なかなかの優等生 2007.06.27 試乗記 スバル・インプレッサ15S(FF/4AT)/20S(4WD/4AT)
……151万2000円/236万2500円
7年ぶりのフルモデルチェンジで3代目となった「スバル・インプレッサ」。
5ドアハッチのニューモデルに試乗。自然吸気エンジンモデルを試す。

起承転結

「4ドアセダン+ショートワゴン」というこれまでのラインナップから、(日本では)5ドアハッチバックのみの設定へと驚きのモデルチェンジを行った「スバル・インプレッサ」。ヨーロッパCセグメント車への対抗意識をあらわにしたかのモデルチェンジは、同時に、日本市場でより幅広いユーザー層へのアピールを狙ったものでもあるという。

WRC(世界ラリー選手権)での活躍などで、コンペティティブなスポーツモデルというイメージを確立させたこれまでのモデル。一方でそうしたイメージは、女性ユーザーに対する敷居を高めてしまうといった、販売戦略上は必ずしもプラスに作用しない部分もあったそう。

それゆえ、「若い男性向けモデルというイメージを打破し、“スバル・ラインナップにおける中間車種”というポジショニングへの原点回帰を図ったのが新型」とスバルは説明する。これまで3代のインプレッサのなかでは、「起承転結の”転”に相当する」というのが、開発責任者によるコメントである。

グレージュ内装
グレージュ内装
「20S」
「20S」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

インプレッサの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバル・インプレッサ プロトタイプ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.9.10 試乗記 発売が間近に迫った新型「スバル・インプレッサ」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。スバルのこれからを担う次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」や、直噴化された「FB20」型エンジンの出来栄えを確かめた。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • マツダCX-3 XDプロアクティブ(4WD/6MT)【試乗記】 2016.12.14 試乗記 デビュー以来、コンスタントに改良が続けられる「マツダCX-3」。現時点における完成度を確かめるため、最新のディーゼル4WD車に試乗。その“走り”の進化に、足まわりの開発におけるマツダの模索を見た。
ホームへ戻る