第326回:「ミツオカ・オロチ」ついに試乗
これ、真のニッポン男児にしか乗れまっしぇーん!!

2007.06.26 エッセイ

第326回:「ミツオカ・オロチ」ついに試乗これ、真のニッポン男児にしか乗れまっしぇーん!!

ほどよいスーパーカー性能

ついに乗ってしまいました〜。待望の日本初、いや世界初の超ジャパネスク・スーパーカー、ミツオカ・オロチ! 今年4月に1〜4号車の納車式が行われてからはや2ヵ月、マスコミ向け試乗会が開催されたわけだけど、このヘンのオーナー重視の姿勢も好感もてるよね。俺たち報道陣が乗るべきはオーナー様の後というある意味当然の判断。それだけ宣伝しなくても売れるクルマってことなんだけどさ。

しかし実物は……、乗ってビックラこいてしまいました。驚くべき完成度! 考えていたよりずーっとマトモに走るのだ。勝手な想像では、メチャクチャ遅いとか、ウルサイとか、ギクシャクするとか、そういうツメの甘さが残ってるクルマと思いきや、不満というほどの不満はサイドシルの太さぐらいのもの。

この問題にしてもすでにオロチオーナーの鈴木さんから聞いて知ってたし、スーパーカーにありがちな「嬉しい問題点」とも解釈できる。だって“誰にでも乗れるスーパーカー”なんて面白くもなんともないじゃない。ま、オロチの開発コンセプトは「誰にでも乗れる」なんだけどさ(笑)。それにしてもサイドシルの太さがもたらす乗りにくさなんて、“茶室に入るような”ロータス・エリーゼの狭さよりずっとマシ。つくづくほどよいスーパーカー性能を持ったクルマであります。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』