「トヨタ・シエンタ」に、グレー内装の特別仕様車

2007.06.26 自動車ニュース

「トヨタ・シエンタ」に、グレー内装の特別仕様車

トヨタ自動車は、ミニバン「シエンタ」に特別仕様車「X“Limited”」を設定し、6月25日に発売した。

今回の特別仕様車は、1.5リッターのベーシックグレード「X」をベースに、助手席側のパワースライドドア(挟み込み防止機能・リモコン付)や、上級グレード採用のオプティトロンメータを付与。内装色はグレーで、シートとトリム表皮(ファブリック)にダークグレーを採用した。

価格はSuper CVT(自動無段変速機)を搭載したFFモデルが161万7000円。Super ECT(4AT)を搭載した4WDモデルが181万6500円。ともにベースモデル「X」の4万2000円増しとなる。

(webCG 玉城)

トヨタ・シエンタ「X“Limited”」ホワイトパールクリスタルシャイン(オプション色)
トヨタ・シエンタ「X“Limited”」ホワイトパールクリスタルシャイン(オプション色)

関連キーワード:
シエンタトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヴェルファイアZG(FF/8AT)【試乗記】 2018.3.9 試乗記 トヨタのフラッグシップミニバンとして、根強い人気を誇る「アルファード/ヴェルファイア」。極東の自動車大国・ニッポンで、コワモテの四角い高級車がここまで支持を集める理由とは何か? その文化的背景と、高級ミニバンの歩むべき道について考えてみた。
  • ホンダ・フリード/フリード+(後編) 2016.9.16 画像・写真 ホンダから新型「フリード」と「フリード+」が登場。従来モデルから機能性や利便性が大幅に向上しており、特にフリード+は荷室の大幅な低床化を実現。フラットに格納できる2列目シートや脱着式フロアボードによる、多彩なアレンジも魅力となっている。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
  • ホンダ・フリードG Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2016.10.21 試乗記 8年ぶりのフルモデルチェンジで2代目となった、ホンダのコンパクトミニバン「フリード」に試乗。7人乗り仕様のガソリンエンジン車を連れ出して、新型の走りや乗り心地、使い勝手をチェックした。
ホームへ戻る