アストン・マーティン、シルクロード走破の旅へ

2007.06.25 自動車ニュース

アストン・マーティン、シルクロード走破の旅へ

2007年6月25日、東京〜ロンドン間を走破するチャリティイベント「Driving Home Road Safety 2007」の記者会見および出走式が、都内のホテルで開かれた。

「Driving Home Road Safety 2007」(ドライビング ホーム ロード セーフティ 2007)は、国連が支援するチャリティイベント。

東京からロンドンまでの約1万マイル(約1万6000km)を、“現代のシルクロード”たるアジアの幹線道路網(アジア・ハイウェイ)を使って走破し、交通安全に対する国際社会の関心を高めようというものだ。
イベントに協賛する企業から得られる寄付金10万ユーロ(約1660万円)は、近年アジア諸国で増加している交通災害の対策として、子供たちの交通安全教育に充てられるという。

ドライバーをつとめるのは、英国人の2人。活動の提唱者である教師のリチャード・メレディス(58)とツアーガイドのフィル・コリー(42)だ。
肝心のクルマは、「英国で最もホットなもので、人々の関心を集めたい」というリチャードの希望が受け容れられ、アストン・マーティンの新型スーパースポーツ「V8ヴァンテージ」が用意された。

すでに16万キロを後にしたテスト車ゆえ、耐久性もメーカーの折り紙つき。とはいえ、アジア・ハイウェイは長く、1割ほどの未完成部分も残る。
対するクルマのカスタマイズといえば、フルサイズのスペアタイヤと予備のガソリンタンク、サンプガードの強化、車高アップくらいのもの。
道中、サポートカーは付かない。
「困難だからこそ、意味があるのさ!」とリチャードは語るが……

会見を終えた2人は、すぐに福岡へ向けて出走。その先は、フェリーで韓国に渡り、中国、中央アジア、トルコ、欧州各国と続く。
ゴールは、7週間後の2007年8月13日、英国はロンドンのトラファルガー広場を予定。無事の完走を祈るばかりである。

(webCG 関)

こちらがツアーの“足”、「アストン・マーティンV8ヴァンテージ」。
こちらがツアーの“足”、「アストン・マーティンV8ヴァンテージ」。
道に迷わないように(?)、ルーフには道中のマップが描かれる。
道に迷わないように(?)、ルーフには道中のマップが描かれる。
ステアリングを握る、リチャード(写真左)とフィル。交通事故による死者は、世界で年間120万人。うち8割を発展途上国が占めるという。「この悲劇を、人類の共通問題として認識してほしいんだ」とリチャード。
ステアリングを握る、リチャード(写真左)とフィル。交通事故による死者は、世界で年間120万人。うち8割を発展途上国が占めるという。「この悲劇を、人類の共通問題として認識してほしいんだ」とリチャード。
帽子を振りながらヴァンテージは勢いよく出発した。グレートジャーニーの幕開けだ。
帽子を振りながらヴァンテージは勢いよく出発した。グレートジャーニーの幕開けだ。

関連キーワード:
V8ヴァンテージアストンマーティン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティン・ヴァンテージ 2017.11.22 画像・写真 アストンマーティンが新型「ヴァンテージ」を発表。510psを発生する4リッターV8ターボエンジンにより、0-100km/h加速は3.7秒、最高速は314km/hという動力性能を実現している。レーシングカーの「ヴァンテージGTE」ともども、その姿を写真で紹介する。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュSクーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.11.17 試乗記 進化が止まらぬスーパースポーツカーの世界。「アストンマーティン・ヴァンキッシュ」も588psというパワーを得て、いよいよその究極形と目される「ヴァンキッシュS」に到達した。伝統の自然吸気V12エンジンも、いよいよこれでクライマックスか?
  • 日産、「GT-R」「GT-R NISMO」の2018年モデル発売 2017.11.16 自動車ニュース 日産自動車は2017年11月16日、「GT-R」および「GT-R NISMO」の2018年モデルを発売した。「国土交通省認可 サッチャム欧州カテゴリーII準拠 車両防盗システム」を全グレードに標準装備としたほか、インフォテインメントシステムを「Apple CarPlay」に対応させた。
  • アストンマーティン、新型「ヴァンテージ」を発表 2017.11.24 自動車ニュース
  • 「アストンマーティン・ヴァンテージ」発表会の会場から 2017.11.21 画像・写真