【スペック】C200コンプレッサーエレガンス:全長×全幅×全高=4585×1770×1445mm/ホイールベース=2760mm/車重=1490kg/駆動方式=FR/1.8リッター直4DOHC16バルブ(184ps/5500rpm、25.5kgm/2800-5000rpm))価格=450万円(テスト車=508万9000円/メタリックペイント=7万4000円/バイキセノンヘッドライト=14万7000円/本革シート=28万4000円/パークトロニック=8万4000円)

メルセデス・ベンツCクラス【試乗速報】

興味は尽きない 2007.06.23 試乗記 メルセデス・ベンツCクラス


メルセデス・ベンツ「Cクラス」がフルモデルチェンジされ、ついに日本デビューとなった。注目の新型をサーキットで試す。

選択肢は7つ

ついに日本でも発売になった新型「メルセデス・ベンツCクラス」。今回は、これまでどおりスリーポインテッドスターがボンネットの上に付く「エレガンス」と、クーペのようにフロントグリル中央に配置される「アバンギャルド」のふたつから、お好みのスタイルを選べることが話題である。さらに日本では独自に、アバンギャルドのスポーティ版である「アバンギャルドS」を設定、豪華3本立ての展開になった。

エンジンは、スーパーチャージャー付きの1.8リッター直列4気筒(184ps/5500rpm、25.5kgm/2800-5000rpm)、2.5リッターV6(204ps/6100rpm、25.5kgm/3500-4000rpm)、3リッターV6(231ps/6000rpm、30.6kgm/2500-5000rpm)の3つが用意され、直4には5段ATが、V6には7段ATが組み合わされる。

計算上は3×3=9とおりのバリエーションができあがるはずだが、実際には3リッターV6を積む「C300」はアバンギャルドSだけになるので、最終的には、1.8リッター直4が「C200エレガンス」「C200アバンギャルド」「C200アバンギャルドS」、2.5リッターV6が「C250エレガンス」「C250アバンギャルド」「C250アバンギャルドS」、そして、3リッターV6が「C300アバンギャルドS」の計7タイプになる。

ただし、「C200アバンギャルドS」と「C250アバンギャルドS」は、それぞれ「C200アバンギャルド」と「C250アバンギャルド」のパッケージオプション装着車、という位置づけなので、カタログ上は5モデルということになる。

エレガンスの内装。テスト車には、本革シートがオプション装備される。
エレガンスの内装。テスト車には、本革シートがオプション装備される。
【スペック】
C200コンプレッサーアバンギャルド:全長×全幅×全高=4585×1770×1445mm/ホイールベース=2760mm/車重=1510kg/駆動方式=FR/1.8リッター直4DOHC16バルブ・スーパーチャージド(184ps/5500rpm、25.5kgm/2800-5000rpm)価格=460万円(テスト車=497万9000円/ガラススライディングルール=16万8000円/メタリックペイント=7万4000円/パークトロニック=8万4000円/盗難防止警告システム=5万3000円)
【スペック】C200コンプレッサーアバンギャルド:全長×全幅×全高=4585×1770×1445mm/ホイールベース=2760mm/車重=1510kg/駆動方式=FR/1.8リッター直4DOHC16バルブ・スーパーチャージド(184ps/5500rpm、25.5kgm/2800-5000rpm)価格=460万円(テスト車=497万9000円/ガラススライディングルール=16万8000円/メタリックペイント=7万4000円/パークトロニック=8万4000円/盗難防止警告システム=5万3000円)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Cクラス セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツC350eアバンギャルド(FR/7AT)【試乗記】 2016.2.8 試乗記 メルセデス・ベンツのコンパクトセダン「Cクラス」に、プラグインハイブリッドモデル「C350eアバンギャルド」が登場。EVモードの使い勝手やパワートレインの感触を含めた、走りの印象を報告する。
  • メルセデス・ベンツC220dアバンギャルド(FR/9AT)【試乗記】 2015.11.27 試乗記 「メルセデス・ベンツCクラス」のディーゼルエンジン搭載車「C220dアバンギャルド」に試乗。ディーゼル車のメリットといえば経済性や実用性……かと思いきや、それは軽快な走りも見せてくれる、趣味性の高いモデルだった。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • 第3回:話題のモデルが続々登場!
    輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~
    2017.2.28 特集 ディーゼルの魅力とスポーティーな走りを追求した「ボルボV40」に、話題の新型「フォルクスワーゲン・ティグアン」、3気筒の「BMW 3シリーズ」、そして四駆の「アウディTT」。webCG編集部員が注目した、400万円から600万円のオススメモデルを紹介する。
  • 第30回 実は激動のディーゼルワールド 2017.2.21 エッセイ 清水草一の話題の連載。第30回は「実は激動のディーゼルワールド」。カーマニアとして、欧州ディーゼルのめざましい進化に注目する筆者が、太鼓判を押すモデルとは? 日本で買える300万円未満のモデルをピックアップ。
ホームへ戻る