第49回:スバル・インプレッサ試乗会(3)

2007.06.22 エッセイ

第49回:スバル・インプレッサ試乗会(3)

トリはターボの「S-GT」

3グレードの新型「スバル・インプレッサ」に試乗した『NAVI』記者による、ちょいインプレ。トリをつとめるのは、目下最強バージョンのS-GTです。

――トップグレードの「S-GT」も試したそうですね。どうでした?

タクロー:名前どおりに「GT」つまりグランツーリスモ的な性格が強いですね。“カリカリのホットモデル”が欲しい人は、2007年秋に登場すると噂の「STIバージョン」を待ちましょう。

――肝心のターボエンジンは?

タクロー:2リッターターボとしては異例の7500rpmまでキッチリ回ります。スペック上は2400rpmが最大トルクですが、普通にアイドリングからアクセルを踏んでいくと、3200rpmあたりから力が出る印象です。

――トランスミッションはどうでしょう

タクロー:5MTは車速だけ見ていくと70km/h、120km/h、170km/hと続くスゴくハイギアードな設定ですが、それもよく回るエンジンのおかげみたいです。

――足まわりは?

タクロー:乗り心地は意外と良くて、NAモデルと比べて遜色なかったです。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ