【スペック】全長×全幅×全高=3895×1695×1235mm/ホイールベース=2450mm/車重=1020kg/駆動方式=MR/1.8リッター 直4DOHC16バルブ(140ps/6400rpm、17.4kgm/4400rpm)/価格=240万円(テスト車=244万6305円)

トヨタ MR-S V EDITION FINAL VERSION(MR/2ペダル6MT)【ブリーフテスト】

トヨタ MR-S V EDITION FINAL VERSION(MR/2ペダル6MT) 2007.06.22 試乗記 ……244万6305円
総合評価……★★★★

発売から7年を経て、生産終了まで秒読みとなった「MR-S」。トヨタのラインナップ中最後のスポーツカーにして、最後の特別限定モデルを峠で試した。

軽さが光るスポーツカー

いわゆるトランク・スペースは皆無で、シート後方の物入れにほんの少しと、幌を上げればその折り畳み収納スペースの棚に置ける程度。と言うわけで、スーツケース持参の長期旅行には適さない。それほど潔く走ることに徹しており、「MR2」と呼ばれた過去2つの世代に較べて格段の進歩がみられる。

長いホイールベースと短いオーバーハング、空車で1020kgという軽い車体などにより、軽快で機敏な動きとまずまずの安定性に支えられ、お手軽にスポーツカーの走りを味わえる。ボディ剛性も登場時には十分と思われたが、現代のレベルに当てはめればさほど強固とは言いがたい。とはいえ、軽量ボディの利点もあるからそこそこに納得できる。

6ATはマニュアル・シフトも楽しめるATで、ギア比的にはまだ改善の余地はあるが、シフトダウン時には空吹かしして回転合わせするなど、欧州のこの手のオートクラッチ・タイプに引けをとらないスムーズな作動をする。

限界付近まで追い込むような確認はしていないが、公道上のスポーツ走行を楽しむのには十分なポテンシャルを持つ。イタリアのカロッツェリアが素材として欲しがりそうな車だ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ MR-S V EDITION FINAL VERSION(MR/2ペダル6MT)【ブリーフテスト】 2007.6.22 試乗記 ……244万6305円
    総合評価……★★★★

    発売から7年を経て、生産終了まで秒読みとなった「MR-S」。トヨタのラインナップ中最後のスポーツカーにして、最後の特別限定モデルを峠で試した。
  • トヨタ・MR-S Sエディション(シーケンシャル6MT)【ブリーフテスト】 2002.10.1 試乗記 ……219.8万円
    総合評価……★★★★★




  • トヨタ、「MR-S」をマイナーチェンジ 2002.8.3 自動車ニュース トヨタ自動車は、ミドシップの2シータースポーツ「MR-S」にマイナーチェンジを施し、2002年8月2日から販売を開始した。
  • 国内初のシーケンシャルMTを採用、「トヨタMR-S」 2000.8.8 自動車ニュース トヨタ自動車は、「MR-S」にシーケンシャルマニュアルトランスミッション車を設定、8月21日より発売する。新採用となるシーケンシャルMTとは、クラッチ操作なしに、シフトレバーあるいはステアリングホイールのシフトスイッチを操作することにより、連続的にシフトアップ、シフトダウンが可能な、電子制御式MTのこと。AT限定免許で運転できる。世界最大手のクラッチメーカー、独ルーク社から制御ユニットを調達。MR-Sの5段MTと組み合わせ、商品化した。国内乗用車で同種のトランスミッションを採用したのは初めて。また、変速制御ユニットを海外から調達することも、きわめて珍しいケースといえる。価格は、5MT車より7.5万円高で、195.5万円(MR-S)と205.5万円(同Sエディション)。徹底したコスト低減で実現した異例の低価格設定で、マイナーチェンジを果たした、マツダ・ロードスターを迎え撃つ。なお、特別仕様車「MR-S Vエディション」が、8月4日に発売された。専用ボディ色ダークグリーンマイカに、タンカラー(黄褐色)の幌/本革シート/本革ドアトリムを組み合わせたのが特徴。英国調の、ロードスターでいう「VS」モデルだ。さらに、アルミホイール、SUSスカッフプレートなども装備される。210.0万円/217.5万円。(web CG 有吉)トヨタ自動車「MR-S」サイト:http://www.toyota.co.jp/Showroom/All_toyota_lineup/Mr-s/index.html
  • 鈴木亜久里、トヨタ「MR-S」に乗る 2000.1.19 自動車ニュース NAVI 3月号の「鈴木亜久里の全部書いてね」では、「トヨタMR-S」と「マツダ・ロードスター」を取り上げます。絶賛に近いかたちで巷の評判を高めているトヨタ「MR-S」。われらが鈴木亜久里も、同様の評価を与えた。それも、乗ってすぐに、だ。いいクルマというのは乗ってすぐにわかるものらしい。亜久里が「MR-S」のハンドルを握って動き出し、1分もたたないうちに「おっ、いいじゃない。身のこなしが軽くて」という、うれしい驚き。スポーツカーはキビキビと身軽なことが肝心なんだよ、というのがこれまでの亜久里のスポーツカー観だった。だから、ポルシェ・ボクスターを心からスポーツカーと呼べなかったのも、そこに理由があった。「これだよ、これ。スポーツカーは、こうじゃなきゃ。すっごく軽くて、キビキビしている。ええっ、ホントにこれトヨタのスポーツカーなの。わかってるじゃない。このクルマはマルだよ」青山の亜久里の自宅から首都高速道路池尻入り口に入るまでに、亜久里の驚きは確信に変わっていった。「乗り心地とか、ハンドリングもいいじゃん。決してソフトじゃないんだけど、不快でもない。僕が若かったら、すぐ買ってたね」幌が画期的な使いやすさを持っていたり、トヨタ以外のメーカーでは決して実現できなかったであろう値段などを知っていくにつれ、亜久里はどんどん「MR-S」に魅せられていった。「エンジンもよく吹き上がるし、普通に走るのにはどこにも弱点がない。このクルマを作った人にぜひ会って話がしたいね」東名高速をしばらく走って、比較対照のためのマツダ・ロードスターに乗り換える。「MR-Sと比べちゃうと、あらゆる動きが重ったるい。クルマの重量じゃなくって、動きが重いんだ。でも、エンジンはこっちの方がトルクはあるね。あと、古いね。デザイン的にレトロにしているのかもしれないけど、インテリアの雰囲気なんか、なんか古い」マツダ・ロードスターは、エンジン排気量が同じ1.8リッターのモデル。1.6リッターもあるのが「MR-S」と違うところだ。マツダ・ロードスターの1.8リッターは6段マニュアル・トランスミッションを装備している。今のところ、「MR-S」の排気量とトランスミッションは、1.8リッターと5段マニュアルだけだ。箱根ターンパイクで2台を乗り比べてみた。「MR-Sは、タイトコーナーでアンダーステアが出る。これを出なくすることは可能なんだけど、そうするとスピンしやすくなるんだよ」しかし、それを差し引いても「MR-S」の素性はホンモノだった。「ホントいいわ。ワインディングだと本領発揮」2台を乗り比べながら、芦ノ湖スカイラインを行く。「ロードスターのいいところは、トランスミッションのタッチ。ストロークが短くてスコスコ入る。これは、シフトレバーからの距離が違うからしょうがないんだけどね」エンジンとトランスミッションをドライバーの後ろに搭載する「MR-S」は、シフトレバーからの距離が長くなるから操作感覚が不如意になるのもいたしかたない。対して、マツダ・ロードスターはエンジンとトランスミッションをドライバーの目前のボンネット内に収めているから、シフトレバーにごく近いのだ。だから、小気味よくシフトできる。「両方の違いがわかったよ。ロール軸の近くに座っているのがMR-Sで、それより遠くに座っているのがロードスター。だから、MR-Sはキビキビと身軽に走るけれど、ロードスターはモッサリしている。でも、それはMR-Sと比べてのハナシであって、ロードスターもいいスポーツカーだってことには違いないんだよ」(文=金子浩久)
ホームへ戻る