新型「BMW X5」、日本で発売開始

2007.06.20 自動車ニュース

新型「BMW X5」、日本で発売開始

BMWジャパンは、SUVモデル「X5」を7年ぶりにフルモデルチェンジ。2007年6月21日に発売する。

既報の通り、2代目に生まれ変わった「BMW X5」が、日本に導入される。
新型のディメンションは、全長×全幅×全高=4860×1935×1765mmで、ホイールベースは2935mm。ボディが19cmほど延長されるなど、従来型に比べ、全体的にひとまわり大型化した。

巨体を引っ張る心臓は、3リッター直6(272ps/6650rpm、32.1kgm/2750rpm)と4.8リッターV8(355ps/6300rpm、48.5kgm/3400-3800rpm)の2種類。それぞれステップトロニック付きの6段ATを組み合わせ、4輪を駆動する。

オプションの折りたたみ式サードシートを選ぶことで、定員は5名から7名に。
トランクルームは100リッター以上増え、620リッターになった。2列目をたたんだ状態でも従来より200リッター以上多い1750リッターの容量を確保した。

運転に関わる電子デバイスの充実ぶりもトピックで、理想的な駆動力を配分するヨンクシステム「xDrive」や、「アクティブステアリング」「ダイナミックトラクションコントロール」「ヒルディセントコントロール」「コーナリングライト付きアダプティブヘッドライト」などを備える。
さらに、iDriveシステム付HDDナビゲーションシステムやレザーシートなどの上級装備を全モデルに標準で盛り込む。

価格は、3リッターモデル「3.0si」が753万円で右ハンドルのみ。4.8リッターモデル「4.8i」は963万円で、左右両ハンドルをラインナップする。

また、スポーツサスペンション、運転席&助手席スポーツシート、19インチアルミホイールなどがセットになったオプション「スポーツパッケージ」が33万円(3.0si)と29万円(4.8i)で用意される。
電動パノラマガラスサンルーフ、フロントベンチレーションシート、リアシートヒーティングなどを組み合わせた「コンフォートパッケージ」は、両車とも54万円となっている。

(webCG 関)

「BMW X5」
「BMW X5」

新型「BMW X5」、日本で発売開始の画像
2人分のエクストラシートが、オプションで選べるようになった。
2人分のエクストラシートが、オプションで選べるようになった。

新型「BMW X5」、日本で発売開始の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW X5 xDrive35d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2014.1.8 試乗記 プレミアムSUVのパイオニア「BMW X5」が、通算で3代目となる新型に移行した。外観からは「キープコンセプト」に見える今回のモデルチェンジは「攻め」か「守り」か? 3リッターディーゼルエンジンを搭載する「X5 xDrive35d Mスポーツ」で箱根のワインディングロードを目指した。
  • BMW X5 xDrive35d xLine(4WD/8AT)【試乗記】 2014.3.11 試乗記 直6ディーゼルターボを搭載した「BMW X5」に試乗。モダンなパフォーマンスとクラシックなフィーリングを併せ持つ、その魅力に触れた。
  • ホンダS660 αブルーノレザーエディション(MR/6MT)【試乗記】 2017.7.31 試乗記 専用ボディーカラーや特別な内装をまとった、「ホンダS660」の特別仕様車「ブルーノレザーエディション」に試乗。その“大人向け”の魅力を堪能しつつ、オープンエアドライブの楽しさをあらためて確認した。
  • ランドローバー・レンジローバー スポーツHSEダイナミック(ディーゼル)【試乗記】 2017.7.13 試乗記 高級SUV「レンジローバー」シリーズの中でスポーティーなモデルと位置づけられている「レンジローバー スポーツ」に、ディーゼル車が登場。3リッターのディーゼルターボを得て、その走りはどう変わったのか? 燃費もあわせて報告する。
  • BMW X5 xDrive40e(4WD/8AT)【レビュー】 2015.12.18 試乗記 魅力は環境性能だけにあらず? BMWの大型SUV「X5」に、プラグインハイブリッド車(PHEV)の「xDrive40e」が登場。2リッター直4ターボエンジンと、8段AT内に組み込まれたモーターが織り成す走りを、日本屈指のワインディングロードである箱根のターンパイクで試した。
ホームへ戻る