「フォード・エクスプローラー」のトラックバージョン発売

2007.06.20 自動車ニュース
「フォード・エクスプローラー・スポーツトラックXLT」。初代スポーツトラックは2001年にデビュー。2代目となる。
「フォード・エクスプローラー」のトラックバージョン発売

「フォード・エクスプローラー」のトラックバージョン発売

フォード・ジャパン・リミテッドは、新型ピックアップ「エクスプローラー・スポーツトラック」を2007年6月20日に発売した。

写真の車体色は受注生産の「レッドファイヤーメタリック」。
「フォード・エクスプローラー」のトラックバージョン発売

「エクスプローラー・スポーツトラック」は、SUVのエクスプローラーをベースに、ボディ後半をベッド(荷台)としたピックアップトラック。
安全で快適なエクスプローラーと機能的なトラックを融合させた、新しいSUVを謳う。

ボディサイズは、全長×全幅×全高=5370×1870×1840mm。ホイールベースはエクスプローラーより425mm延長されて、3315mmに。ベース車を踏襲するラダーフレームシャシーは前後に伸び、横方向のクロスメンバーが追加された。
さらに、ドライブシャフトを2ピース化、スプリングやスタビライザーが硬めに設定されるなど、スポーツトラック独自のチューニングが施された。

ハードトノカバーは標準装備される。
小物入れに12V電源ソケット、内部からの脱出用スイッチも備える。ベッド側面には、左右に3つずつ計6つのタイダウンフックが備わる。
「フォード・エクスプローラー」のトラックバージョン発売

アイデンティティたるベッド部は、1280×1415×555mmのスペース。表面には軽量かつ耐腐食性を備えるSMC(シート・モールディング・コンパウンド)材が使われる。
着脱可能な「キーロック機能つきハードトノカバー」は、中央のヒンジを軸に前後の個別開閉が可能。ゲート両サイドやキャビン側底面に収納ボックスを備えるなど、ユーティリティ性もポイントだ。

エンジンは、エクスプローラ「XLT」と同じ4リッターV6のSOHCのみで、213ps/5100rpmと35.1kgm/3700rpmを発生。5段ATが組み合わされる。

ラインナップは、左ハンドルの「XLT」のみ。車体色はブラックを基本に、レッド、シルバー、ゴールド系の3色が受注生産で用意される。価格は、398万円となっている。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 第3回:フォード・クーガ(森 慶太) 2016.6.1 特集 フォードならではの美点が端々に感じられるミドルサイズSUV「クーガ」。正規販売の終了が間近に迫った今、あらためて2リッターターボエンジンを搭載した上級グレード「タイタニアム」に試乗し、その実力を徹底的に確かめた。
  • フォード・エクスプローラー タイタニアム(4WD/6AT)【試乗記】 2016.3.24 試乗記 「フォード・エクスプローラー」の最上級モデル「エクスプローラー タイタニアム」に試乗。高効率をうたうターボエンジンや充実の装備がもたらす、走りの質をリポートする。
  • フォード・エクスプローラー タイタニアム(4WD/6AT)【レビュー】 2016.3.18 試乗記 フォードの3列7人乗りSUV「エクスプローラー」に新グレード「タイタニアム」が登場。3.5リッターV6ツインターボエンジンがかなえるパワフルな走りやいかに? 日本での販売は“在庫限り”という、最上級モデルの魅力を報告する。
  • 第1回:フォード・クーガ(渡辺敏史) 2016.6.1 特集 間もなく日本での正規販売が終了となるフォードのミドルサイズSUV「クーガ」。今あらためてこのクルマの実力を検証。2リッターモデルを借り出し、“うるさがた”のユーザーをも魅了するというその走りの出来栄えを確かめた。
  • 第2回:フォード・クーガ(高山正寛) 2016.6.1 特集 グローバル市場ではもちろん、日本市場でも重要視されるSUVのマーケット。そこに投入されたフォードのミドルサイズSUVが「クーガ」である。日本市場における現行モデルの変遷を振り返るとともに、輸入SUVとしての“お買い得度”を検証した。
ホームへ戻る