【スペック】20G:全長×全幅×全高=4315×1780×1615mm/ホイールベース=2630mm/車重=1420kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブ(137ps/5200rpm、20.4kgm/4400rpm)/価格=222万750円(テスト車=270万3750円)

日産デュアリス20G(FF/CVT)/20G FOUR(4WD/CVT)【試乗記】

ヨーロッパ風味 2007.06.20 試乗記 日産デュアリス20G(FF/CVT)/20G FOUR(4WD/CVT)
……270万3750円/291万3750円

「キャシュカイ」として欧州で販売されてきた日産のSUVモデルが「デュアリス」のネーミングで日本デビューを果たした。新型の印象とその走りを報告する。

イギリス生産の逆輸入車

地下鉄1000円。ランチ2000円。英国はいま空前のポンド高。ロンドンの物価はとんでもないレベルになっているという。それを考えると、「日産デュアリス」は安い。こんなに安くていいの?と思うぐらいだ。

念のため説明しておくと、デュアリスは日産車ではあるが国産車ではない。ヨーロッパ向けに開発されたミドルクラスのSUVで、英国で生産される輸入車だ。なのに価格はベースグレード「20S」のFFなら200万円を切る。同じクラスの国産SUV、「日産エクストレイル」より安いぐらいだ。

ヨーロッパではすでに次期型が発表されているエクストレイルとの住み分けは、あちらが悪路走破性も考慮したのに対し、デュアリスはオンロード性能を重視した、ハッチバックとのクロスオーバーという位置づけだという。

プラットフォームは次期エクストレイルや北米向けの「ローグ」、韓国で生産する「ルノー・コレオス」といったSUVと共用。日本仕様は2リッターガソリンエンジンとCVTの組み合わせ。「ラフェスタ」や「セレナ」と基本的に共通だ。
「キャシュカイ」と呼ばれるヨーロッパ仕様では、このほか1.6リッターガソリン、1.5/2リッターディーゼルターボも用意され、もちろんMTも選択できるという。

 
日産デュアリス20G(FF/CVT)/20G FOUR(4WD/CVT)【試乗記】の画像
【テスト車20Gのオプション装備】カーウイングスナビゲーションシステム(HDD方式)+ステアリングスイッチ+バックビューモニター+サイドブラインドモニター=34万6500円/後席中央ヘッドレスト+SRSカーテンエアバッグ+前席SRSサイドエアバッグ+VDC+後席EL3点式シートベルト=13万6500円
【テスト車20Gのオプション装備】カーウイングスナビゲーションシステム(HDD方式)+ステアリングスイッチ+バックビューモニター+サイドブラインドモニター=34万6500円/後席中央ヘッドレスト+SRSカーテンエアバッグ+前席SRSサイドエアバッグ+VDC+後席EL3点式シートベルト=13万6500円
関連記事
  • ジュネーブショー2017の会場から(その13) 2017.3.10 画像・写真 日産自動車はジュネーブモーターショー2017で、欧州向けSUV「キャシュカイ」のマイナーチェンジモデルを発表した。内外装を見直したほか、走行性能を強化している。さらに、2017年度中に“自動運転”技術「プロパイロット」を搭載する予定。
  • 日産ジュークNISMO RS(4WD/CVT)【試乗記】 2015.2.3 試乗記 NISMOが鍛えた「日産ジューク」の高性能バージョンに、さらに走りに磨きをかけた「RS」が登場。シャシー、エンジン、トランスミッションのすべてに手を加えることで実現した、“あっつあつ”の走りに触れた。
  • 日産名車再生クラブが「スカイラインGTS-R」の再生に着手 2017.5.22 自動車ニュース 毎年、日産の歴史的名車をレストアしている日産名車再生クラブが、今年のレストア車である「1988年スカイラインGTS-R ETC(欧州ツーリングカー選手権)出場車」をメディアに公開した。作業開始は5月で、11月上旬の完成を目指すとしている。
  • トヨタの軽「ピクシス エポック」がフルモデルチェンジ 2017.5.12 自動車ニュース ダイハツ工業からOEM車として供給されている「トヨタ・ピクシス エポック」がフルモデルチェンジ。2017年5月12日に、2代目となる新型が発売された。
  • ロクシタンとコラボした「ルノー・カングー アン プロヴァンス」が登場 2017.5.14 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年5月14日、「カングー」に特別仕様車「アン プロヴァンス」を設定し、同年6月8日に70台の台数限定で発売すると発表した。価格は264万円。
  • ホンダが改良型「グレイス」の情報を先行公開 2017.5.11 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月11日、同年7月上旬にマイナーチェンジを予定しているコンパクトセダン「グレイス」に関する情報を、ホームページで先行公開した。今回のマイナーチェンジでは、先進の安全運転支援システムと、内外装のリフレッシュが実施される。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”/日産ノートe-POWER メダリスト【試乗記(後編)】 2017.5.12 試乗記 トヨタと日産が自信を持って送り出す、2台の環境対応車に試乗。プラグインハイブリッド車「プリウスPHV」に続いて、後編では“100%モーター駆動”のコンパクトカー「ノートe-POWER」の素顔に迫った。
  • ダイハツ、2代目となる新型「ミラ イース」を発売 2017.5.9 自動車ニュース ダイハツが新型「ミラ イース」を発表。経済性だけでなく「こだわり・安心・品質」についても重視したモデルとなっており、走りや乗り心地の改善に加え、最新の運転支援装備「スマートアシストIII」の採用もトピックとなっている。
  • 「ベントレー・ベンテイガ」にカジュアルな新グレードが登場 2017.5.1 自動車ニュース ベントレー モーターズ ジャパンは2017年5月1日、装備内容を見直してよりカジュアルに仕立てた「ベンテイガ」の新グレード「ベンテイガ オニキス エディション」を発表した。車両価格は2399万円。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
ホームへ戻る