【スペック】20G:全長×全幅×全高=4315×1780×1615mm/ホイールベース=2630mm/車重=1420kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブ(137ps/5200rpm、20.4kgm/4400rpm)/価格=222万750円(テスト車=270万3750円)

日産デュアリス20G(FF/CVT)/20G FOUR(4WD/CVT)【試乗記】

ヨーロッパ風味 2007.06.20 試乗記 日産デュアリス20G(FF/CVT)/20G FOUR(4WD/CVT)
……270万3750円/291万3750円

「キャシュカイ」として欧州で販売されてきた日産のSUVモデルが「デュアリス」のネーミングで日本デビューを果たした。新型の印象とその走りを報告する。

イギリス生産の逆輸入車

地下鉄1000円。ランチ2000円。英国はいま空前のポンド高。ロンドンの物価はとんでもないレベルになっているという。それを考えると、「日産デュアリス」は安い。こんなに安くていいの?と思うぐらいだ。

念のため説明しておくと、デュアリスは日産車ではあるが国産車ではない。ヨーロッパ向けに開発されたミドルクラスのSUVで、英国で生産される輸入車だ。なのに価格はベースグレード「20S」のFFなら200万円を切る。同じクラスの国産SUV、「日産エクストレイル」より安いぐらいだ。

ヨーロッパではすでに次期型が発表されているエクストレイルとの住み分けは、あちらが悪路走破性も考慮したのに対し、デュアリスはオンロード性能を重視した、ハッチバックとのクロスオーバーという位置づけだという。

プラットフォームは次期エクストレイルや北米向けの「ローグ」、韓国で生産する「ルノー・コレオス」といったSUVと共用。日本仕様は2リッターガソリンエンジンとCVTの組み合わせ。「ラフェスタ」や「セレナ」と基本的に共通だ。
「キャシュカイ」と呼ばれるヨーロッパ仕様では、このほか1.6リッターガソリン、1.5/2リッターディーゼルターボも用意され、もちろんMTも選択できるという。

 
日産・デュアリス 20G(FF/CVT)/デュアリス 20G FOUR(4WD/CVT)【短評】
【テスト車20Gのオプション装備】カーウイングスナビゲーションシステム(HDD方式)+ステアリングスイッチ+バックビューモニター+サイドブラインドモニター=34万6500円/後席中央ヘッドレスト+SRSカーテンエアバッグ+前席SRSサイドエアバッグ+VDC+後席EL3点式シートベルト=13万6500円
日産・デュアリス 20G(FF/CVT)/デュアリス 20G FOUR(4WD/CVT)【短評】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 日産ジュークNISMO RS(4WD/CVT)【試乗記】 2015.2.3 試乗記 NISMOが鍛えた「日産ジューク」の高性能バージョンに、さらに走りに磨きをかけた「RS」が登場。シャシー、エンジン、トランスミッションのすべてに手を加えることで実現した、“あっつあつ”の走りに触れた。
  • 日産ジュークNISMO(4WD/CVT)【試乗記】 2013.3.20 試乗記 日産ジュークNISMO(4WD/CVT)
    ……319万7250円

    日産のモータースポーツ事業を担う「NISMO(ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル)」が、パワーユニットから内外装に至るまで、くまなく手を加えた「ジュークNISMO」。よりヤンチャに、より痛快に仕上げられたその走りを確かめた。
  • 日産ジューク 16GT FOUR(4WD/CVT)【試乗記】 2010.12.1 試乗記 日産ジューク 16GT FOUR(4WD/CVT)
    ……296万1000円

    個性派コンパクト「日産ジューク」に、4WDのターボモデルが登場。スポーティさをウリにするトップグレードの実力は、どれほどのものなのか?
  • 「日産ジューク」のツートンカラーに新色が登場 2016.10.28 自動車ニュース 日産自動車は2016年10月27日、「ジューク」の特別仕様車「ドレスアップ」に、新色のツートンカラー「プレミアムサンフレアオレンジ/ダークメタルグレー」を追加すると発表した。同年11月22日に発売する。
  • 日産ジューク 16GT FOUR(4WD/CVT)【試乗記】 2011.1.31 試乗記 日産ジューク 16GT FOUR(4WD/CVT)
    ……296万1000円

    「日産ジューク」のハイパワー&4WDグレード「16GT FOUR」に試乗。足まわりの仕上がり具合を中心に、その走りを峠道でチェックしてみた。
ホームへ戻る