【スペック】G Uセレクション:全長×全幅×全高=4635×1695×1640mm/ホイールベース=2785mm/車重=1480kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブ(155ps/6000rpm、19.6kgm/4000rpm)/価格=256万2000円(テスト車=297万7800円)

トヨタ・アイシス G“Uセレクション”(FF/CVT)/アイシス プラタナ“Uセレクション”(FF/CVT)【試乗記】

トヨタの底力 2007.06.19 試乗記 トヨタ・アイシス G“Uセレクション”(FF/CVT)/アイシス プラタナ“Uセレクション”(FF/CVT)
……297万7800円/283万8150円

2007年5月14日、マイナーチェンジされた「トヨタ・アイシス」。2リッターの上級モデルで、新装備とその走りを試す。

マイチェンだけどタレントはビッグ

トヨタ・アイシスのマイナーチェンジでいちばん目を引いたのは、イメージキャラクターに椎名桔平と菅野美穂を起用したことだった。
マイナーチェンジの内容はといえば、内外装のフェイスリフト、運転席側パワースライドドアやパワーテールゲートといった新装備の設定がトピック。メカニズムの変更は、一部車種へのパドルシフト追加ぐらいだ。だからこそ椎名&菅野投入だったのかもしれないが、マイナーチェンジなのにここまでビッグなタレントの起用。トヨタの底力を思い知らされた。

試乗会では、2リッター2WDの「G」と「プラタナ」、それぞれの“Uセレクション”に乗った。Gは上級グレード、プラタナはスポーティグレードで、Uセレクションは前述の電動扉を装備したものだ。
エクステリアやインテリアの変更は、旧型オーナーじゃなければわからないぐらい、さりげない。デザインそのものもおとなしい。だから内装の質感の低さや、妙なドライビングポジションのほうが印象に残ってしまう。

背の低いクルマとスカットル周辺を共用としたためか、インパネやシートに対してステアリングが低すぎる。身長170cmの自分が腕を前に伸ばすと、ステアリングの頂上に行ってしまう。しかもテレスコピック機構はなく、チルトも3cmぐらいしか調節できない。どんな体型の人を想定して設計したのだろう?

カラーコーディネイトはGがグレージュ(グレーとベージュの中間色)、プラタナがダークグレー。ひと目で印刷だとわかるGの木目調パネルは、プラタナではシルバーに変わる。シートは色が違うだけで形状は同じ。サイズが小さめの前席は、サポートはそこそこだが、座面はじゅうぶんな厚みと絶妙な硬さを持ち、座り心地はよかった。

G“Uセレクション”の内装
G“Uセレクション”の内装
トヨタ・アイシス G“Uセレクション”(FF/CVT)/アイシス プラタナ“Uセレクション”(FF/CVT)【試乗記】の画像
プラタナ“Uセレクション”
プラタナ“Uセレクション”

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アイシスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・アルファード/ヴェルファイア【試乗記】 2015.2.28 試乗記 「大空間高級サルーン」をキーワードに開発したという、新型「トヨタ・アルファード/ヴェルファイア」。果たして、その仕上がりは? 複数のバリエーションに試乗してわかった、使い勝手や走りの特徴を報告する。
  • トヨタ・アルファードSR“Cパッケージ”(4WD/CVT)【試乗記】 2015.6.27 試乗記 好調なセールスが伝えられる、トヨタのミニバン「アルファード」。人気の秘密はどこにあるのか? ハイブリッドの上級モデルに試乗して、そのポイントを探った。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • 「レクサスNX」にブラックで引き締めた特別仕様車 2016.11.24 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月24日、レクサスブランドのコンパクトSUV「NX」に特別仕様車「Urban Style」を設定し、販売を開始した。「Iパッケージ」グレードをベースに、ブラック塗装のスピンドルグリル、ドアミラー、アルミホイールが採用されている。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
ホームへ戻る