プジョー、クーペカブリオレの「207CC」を発売

2007.06.18 自動車ニュース

プジョー、クーペカブリオレの「207CC」を発売

プジョージャポンは2007年6月18日、4シータークーペカブリオレの「207CC」を発売した。

2007年3月にフルモデルチェンジを受けた「207」の、クーペカブリオレバージョンが「207CC」。大ヒット作である、「206CC」の後継モデルである。

基本コンポーネンツを207と共通とし、電動リトラクタブルルーフを与える手法も先代と同様。全長×全幅×全高=4030×1750×1395mm、ホイールベース=2540mmは、ハッチバックに較べると75mm低い。

日本でのグレード展開は、1.6リッターNAエンジン(120ps/6000rpm、16.3kgm/4250rpm)に4段ATを組み合わせた「207CC」と、その内装違い(シンプルレザー仕様、インテグラルレザー仕様)が2種、さらにBMWと共同開発した1.6リッターターボエンジン(150ps/5800rpm、24.5kgm/1400〜3500rpm)+5段MT搭載の「207CC GT」の計4種となる。

オープン化に伴い強化された車両の衝突安全性は、「EURO-NCAP」で5つ星を取得。転倒時にポップアップするオートマチックロールバーや、フロントスマートエアバッグやサイドエアバッグも標準装備される。

ボディカラーは全7色をラインナップ。ハンドル位置はすべて右で用意される。
価格は
・207CC:309万円
・207CC レザー:330万円
・207CC Premium:344万円(受注生産)
・207CC GT:344万円
となる。

(webCG 本諏訪)


プジョー、クーペカブリオレの「207CC」を発売の画像
写真は「207CC Premium」「207CC GT」に採用される、インテグラルレザー仕様。シートとドアトリムの他、ダッシュボード上面もレザーで覆われる。
写真は「207CC Premium」「207CC GT」に採用される、インテグラルレザー仕様。シートとドアトリムの他、ダッシュボード上面もレザーで覆われる。
電動リトラクタブルルーフは、約25秒で開閉可能。
電動リトラクタブルルーフは、約25秒で開閉可能。
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスLC500“Sパッケージ”(FR/10AT)【試乗記】 2017.6.19 試乗記 「レクサスの変革を象徴するモデル」として開発された、新型ラグジュアリークーペ「LC500」に試乗。意欲的なデザインや新たなメカニズムは、ドライバーの心をどう満たすのか。さまざまな道で吟味した。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.20 試乗記 クルマの実用性能には一家言を持っているプジョー。彼らが本腰を入れて作ったSUVとなれば、期待はおのずと高まるというものだ。新型「プジョー3008」の限定モデル「GTライン デビューエディション」に試乗し、その“実用車力”を探った。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.25 試乗記 モデルチェンジを受けて、よりSUVらしい存在感を得た「プジョー3008」。新世代のi-Cockpitが採用され、先進運転支援システムも強化されるなど、見どころ満載のニューカマーだ。「GTライン デビューエディション」に試乗した。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.30 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がマイナーチェンジを受けて登場! もともとの基本性能の高さに加えて、最新の安全装備やデジタルインターフェイスも手にした“Cセグメントの盟主”に、もはや死角は残されていないのか? 中間グレード「TSIハイライン」でテストした。
ホームへ戻る