プジョー、クーペカブリオレの「207CC」を発売

2007.06.18 自動車ニュース

プジョー、クーペカブリオレの「207CC」を発売

プジョージャポンは2007年6月18日、4シータークーペカブリオレの「207CC」を発売した。

2007年3月にフルモデルチェンジを受けた「207」の、クーペカブリオレバージョンが「207CC」。大ヒット作である、「206CC」の後継モデルである。

基本コンポーネンツを207と共通とし、電動リトラクタブルルーフを与える手法も先代と同様。全長×全幅×全高=4030×1750×1395mm、ホイールベース=2540mmは、ハッチバックに較べると75mm低い。

日本でのグレード展開は、1.6リッターNAエンジン(120ps/6000rpm、16.3kgm/4250rpm)に4段ATを組み合わせた「207CC」と、その内装違い(シンプルレザー仕様、インテグラルレザー仕様)が2種、さらにBMWと共同開発した1.6リッターターボエンジン(150ps/5800rpm、24.5kgm/1400〜3500rpm)+5段MT搭載の「207CC GT」の計4種となる。

オープン化に伴い強化された車両の衝突安全性は、「EURO-NCAP」で5つ星を取得。転倒時にポップアップするオートマチックロールバーや、フロントスマートエアバッグやサイドエアバッグも標準装備される。

ボディカラーは全7色をラインナップ。ハンドル位置はすべて右で用意される。
価格は
・207CC:309万円
・207CC レザー:330万円
・207CC Premium:344万円(受注生産)
・207CC GT:344万円
となる。

(webCG 本諏訪)


プジョー、クーペカブリオレの「207CC」を発売の画像
写真は「207CC Premium」「207CC GT」に採用される、インテグラルレザー仕様。シートとドアトリムの他、ダッシュボード上面もレザーで覆われる。
写真は「207CC Premium」「207CC GT」に採用される、インテグラルレザー仕様。シートとドアトリムの他、ダッシュボード上面もレザーで覆われる。
電動リトラクタブルルーフは、約25秒で開閉可能。
電動リトラクタブルルーフは、約25秒で開閉可能。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

207の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 第27回 どれもこれも似たり寄ったり!? 2017.1.31 エッセイ 清水草一の話題の連載。第27回は「どれもこれも似たり寄ったり!?」。果たして4気筒ディーゼルエンジンに快音はあるのか!? BMW、ボルボ、マツダ……、さまざまなブランドのディーゼルユニットを比較した筆者が導きだした結論とは?
  • プジョー308GT BlueHDi(FF/6AT)/308SWアリュールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.12 試乗記 プジョーのクリーンディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「308」シリーズに試乗した。いよいよ上陸した“本場”のディーゼルの走りやいかに?
  • 第31回 モテはギャップからと申します 2017.2.28 エッセイ 清水草一の話題の連載。第31回は「モテはギャップからと申します」。カーマニアがディーゼル車を選ぶ際に必要な要素とは一体何か? 現実的、かつ理想的な選択肢を探すなかで、筆者がたどり着いた境地とは?
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • プジョー208GTi by PEUGEOT SPORT(FF/6MT)【試乗記】 2016.3.21 試乗記 プジョーのBセグメントホットハッチ「208GTi」に、同社のモータースポーツ部門が鍛えた「by PEUGEOT SPORT」が登場。“実戦”のノウハウが投入されて、208GTiのフットワークはどう変わったか? 専用チューンの足まわりがかなえた走りをリポートする。
ホームへ戻る