プジョー、クーペカブリオレの「207CC」を発売

2007.06.18 自動車ニュース

プジョー、クーペカブリオレの「207CC」を発売

プジョージャポンは2007年6月18日、4シータークーペカブリオレの「207CC」を発売した。

2007年3月にフルモデルチェンジを受けた「207」の、クーペカブリオレバージョンが「207CC」。大ヒット作である、「206CC」の後継モデルである。

基本コンポーネンツを207と共通とし、電動リトラクタブルルーフを与える手法も先代と同様。全長×全幅×全高=4030×1750×1395mm、ホイールベース=2540mmは、ハッチバックに較べると75mm低い。

日本でのグレード展開は、1.6リッターNAエンジン(120ps/6000rpm、16.3kgm/4250rpm)に4段ATを組み合わせた「207CC」と、その内装違い(シンプルレザー仕様、インテグラルレザー仕様)が2種、さらにBMWと共同開発した1.6リッターターボエンジン(150ps/5800rpm、24.5kgm/1400〜3500rpm)+5段MT搭載の「207CC GT」の計4種となる。

オープン化に伴い強化された車両の衝突安全性は、「EURO-NCAP」で5つ星を取得。転倒時にポップアップするオートマチックロールバーや、フロントスマートエアバッグやサイドエアバッグも標準装備される。

ボディカラーは全7色をラインナップ。ハンドル位置はすべて右で用意される。
価格は
・207CC:309万円
・207CC レザー:330万円
・207CC Premium:344万円(受注生産)
・207CC GT:344万円
となる。

(webCG 本諏訪)


プジョー、クーペカブリオレの「207CC」を発売の画像
写真は「207CC Premium」「207CC GT」に採用される、インテグラルレザー仕様。シートとドアトリムの他、ダッシュボード上面もレザーで覆われる。
写真は「207CC Premium」「207CC GT」に採用される、インテグラルレザー仕様。シートとドアトリムの他、ダッシュボード上面もレザーで覆われる。
電動リトラクタブルルーフは、約25秒で開閉可能。
電動リトラクタブルルーフは、約25秒で開閉可能。

関連キーワード:
207プジョー207シリーズ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー3008GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.19 試乗記 「プジョー3008」のラインナップに遅れて加わった2リッター直4ディーゼルエンジン搭載モデル「GT BlueHDi」のデリバリーが始まった。より力強く、余裕ある走行性能を持つ“本命グレード”は、ブレークの予感に満ちていた。
  • プジョー3008アリュールLEDパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.29 試乗記 プジョーのミドルクラスSUV「3008」のなかでも、ベーシックな仕様の「アリュールLEDパッケージ」。アダプティブクルーズコントロールもドライブモードセレクターも付かない同グレードだが、その走りには上級グレードにはない確かな魅力があった。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.20 試乗記 クルマの実用性能には一家言を持っているプジョー。彼らが本腰を入れて作ったSUVとなれば、期待はおのずと高まるというものだ。新型「プジョー3008」の限定モデル「GTライン デビューエディション」に試乗し、その“実用車力”を探った。
  • ランドローバー・ディスカバリー スポーツHSE(4WD/9AT)【試乗記】 2018.4.26 試乗記 新世代の2リッター直4ガソリンターボエンジンを搭載した、「ディスカバリー スポーツ」に試乗。デビューから3年半を経たプレミアムコンパクトSUVは、ほかのランドローバー車にも通じる実力の高さを感じさせてくれた。
  • プジョー5008GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.11.2 試乗記 3列7人乗りシートを備えた、プジョーの新型SUV「5008」がいよいよデビュー。京都・知恩院から東京まで約500kmのドライブを経て見えてきた、同門のコンパクト版「3008」にはない、同車ならではの魅力とは?
ホームへ戻る