第325回:「日産デュアリス」試乗
乗ったらビックリ、あらまーフランス車だった!?

2007.06.18 エッセイ

第325回:「日産デュアリス」試乗乗ったらビックリ、あらまーフランス車だった!?

シートには愛があった

いやー、クルマと○×△は乗ってみなきゃわからないっていうけどホントだよね。いまさら珍しくもないシティ派コンパクトSUVの「日産デュアリス」。正直、期待はしてなかったんだけど乗ってビックリ、メチャクチャいいじゃないですか。ホント、今年の“予想外オブ・ザ・イヤー”にしたいくらいよ。おでれぇた。

まずオヤ? って思ったのがシート。表皮からして黒地に白点で日本車らしくないなぁと思ってたんだけど、座ってこれまた想定外。オシリが座面にズボッとオシリのカタチで沈み込んでくれて、背もたれと相まって優しく体を包み込んでくれる。うーん、キモチいい、愛を感じるなぁ。なんの感覚だっけ……と思い出したのは、フランス車のシート。そう、ルノーやプジョーのような柔らかくて、愛のあるシートなのだ。

それから走りよ。アクセルを踏み、走り出して気づくのが、ヤケに軽くてスムーズなステアリング。これがまた妙にキモチいいのだ。特にスポーツカー的フィードバックがあるわけじゃないんだけど、正確かつリニアな操舵感が普通によい。これまたプジョーっぽい。

さらに決定的なのは乗り心地よね。実は「メルセデス・ベンツCクラス」に試乗するために、東京から栃木のツインリンクもてぎまで往復300kmほど走ったんだけど、とにかく快適! フラットで張りがあり、硬すぎず柔らかすぎずの乗り心地で、これまたオレに言わせればフランス車的。具体的には高速でちょっとした大きめのうねりを超える時、前後サスが同時にフワっと上がるところがソレっぽい。マジで気に入りました。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』