第48回:スバル・インプレッサ試乗会(2)

2007.06.18 エッセイ

第48回:スバル・インプレッサ試乗会(2)

「15S」の第一印象

2007年6月5日に発売された、新型「スバル・インプレッサ」。さっそく試乗会に足を運んだ『NAVI』のタクロー記者がファーストインプレッションをお届けします。
ラインナップする、3つのグレードを順番に。

――では、グレードごとにコメントをいただきます。まずは、1.5リッター+4ATの「15S」から。運転してみていかがですか?

タクロー:新しいDOHCのエンジンは、レッドゾーンの7000rpmまで気持ちよく回りました。でもチョット力がなくて……余計に踏んでしまうから、燃費は悪いかも知れません。

――トランスミッションは?

タクロー:従来型の4ATです。ロックアップ率が低くて、ロスが大きいように感じました。

――足まわりなどどうでしょう?

タクロー:乗り心地は全車良いのですが、細かいバイブレーションを感じました。

――総合的な印象を。

タクロー:価格を考えれば相当にお得ですよ! ボディはもちろんシャシーやステアリングまわりは上位車種と同じです。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ