第7戦アメリカGP決勝結果【F1 07】

2007.06.18 自動車ニュース
スタートシーン。ルイス・ハミルトン先頭、フェルナンド・アロンソが2位で1コーナーへ。(写真=Ferrari)
第7戦アメリカGP決勝結果【F1 07】

【F1 07】第7戦アメリカGP、ハミルトン2連勝、アロンソ2位で得点差拡大

F1世界選手権第7戦アメリカGP決勝が、2007年6月17日、米インディアナ州のインディアナポリス・モータースピードウェイ(4.192km)を73周して行われた。

前戦カナダで初優勝したルーキー、マクラーレン・メルセデスのルイス・ハミルトンがここでもポールポジションから完勝した。

2位にフェルナンド・アロンソが入り、マクラーレンは今年3度目の1-2フィニッシュを達成した。

ロバート・クビサの代役に抜擢されたBMWザウバーのセバスチャン・ヴェッテル。19歳の彼は初レースを8位でフィニッシュし、最年少ポイントスコアラーとなった。(写真=BMW)
第7戦アメリカGP決勝結果【F1 07】

3位はフェラーリのフェリッペ・マッサ。4位にチームメイトのキミ・ライコネンが入ったものの、フェラーリとマクラーレンの力量の差は歴然としていた。

5位はルノーのヘイキ・コバライネンでカナダに次ぐ上位入賞。6位にトヨタのヤルノ・トゥルーリ、7位レッドブル・ルノーのマーク・ウェバー、8位BMWザウバーのセバスチャン・ヴェッテルらがポイントを獲得した。

カナダでの大クラッシュによるドクターストップで今回参戦を見合わせたロバート・クビサ。その代役である19歳のヴェッテルは、史上最年少ポイントスコアラーとなった。

ホンダ勢は、ルーベンス・バリケロが0周リタイア、ジェンソン・バトンは1周遅れの12位完走。スーパーアグリ・ホンダは佐藤琢磨がスピンでコースからはずれ復帰できず、アンソニー・デイヴィッドソンは11位でレースを終えた。

スーパーアグリ・ホンダの佐藤琢磨にとっては不運なウィークエンドだった。18番グリッドからスタート、伸びないストレートスピードをコーナーでカバーすべく健闘していたが、イエローフラッグ中に追い越しをかけたということでペナルティが掲示され、直後、スピンしコースオフ。13周でリタイアした。なおペナルティ不履行につき、次戦フランスGPでの10グリッド降格が言い渡された。(写真=Honda)
第7戦アメリカGP決勝結果【F1 07】

■ルイスの夢、フェルナンドの悪夢

デビュー6戦目に初優勝し、1週間後に2連勝を達成、チャンピオンシップでは10点ものマージンを築きトップに君臨し、これまで全戦表彰台にあがり……スーパールーキー、ハミルトンの活躍はとどまるところを知らない。

いっぽう、マクラーレンもモナコから3連勝と絶好調。最大のライバルと目されたフェラーリ勢が足踏みしている間に、35点も先行してしまった。

22歳の新人、ルイス・ハミルトンの夢は、同時にダブルワールドチャンピオン、フェルナンド・アロンソの悪夢である、といったのは往年の名ドライバー、1978年チャンピオンのマリオ・アンドレッティだ。

贅沢な悩みにも思えるが、マクラーレンは、驚異の新人とそれを追う立場のチャンピオンを、贔屓なく扱うという難しいタスクに取り組んでいる。

インディアナポリスの週末、アロンソはすべてのフリープラクティスでトップタイムを叩き出していた。
この勢いのまま予選を乗り切り、レースでもスタートで首位を守りきれればよかったのだが、さにあらず。ハミルトンがQ3で最速タイムを記録し、2戦連続となるポールポジションを奪ってしまった。

2番グリッドのアロンソは、スタートでハミルトンを料理できず、しばしおとなしめに周回を重ねたが、中盤には1位ハミルトンと2位アロンソの差がぐっと縮まり、38周目にはアロンソが1コーナーでハミルトンに襲いかかるシーンもみられた。しかし、順位が変わることはなかった。

アロンソは翌周のメインストレートで、何かを訴えかけるように意図的にラインをはずれた。
アロンソ自身はレース後、「他車(ハミルトン)の背後を走行していたためカーボンダストでオーバーオールが汚れてしまったから。それにブレーキが熱を持っていたためラインをはずし冷やした」とコメントしている。

しかし、チームメイトに負かされているフラストレーションのあらわれ、との意見がマクラーレン自体から出てくるあたりに、各々の微妙な立場が垣間みえる。

2007年は残り10戦。ハミルトンとアロンソのポイント差は10点。タイトルの行方はまだまだわからないが、ドライバー間の自由な競争をポリシーとするマクラーレンが、いつまで自由さを維持できるのか。

次戦からヨーロッパに舞台を移すGPサーカス。フランスGP決勝は7月1日だ。

(文=bg)

あなたにおすすめの記事
新着記事
  • トヨタ・アクア/アクア クロスオーバー

    トヨタ・アクア/アクア クロスオーバー

    2017.6.23画像・写真
    モデルライフ半ばのマイナーチェンジで、内外装のデザインやパワーユニット、足まわりなどに手が加えられた「トヨタ・アクア」。全5グレードの中から、「アクア クロスオーバー」と「アクアG」の姿を写真で紹介する。
  • CAR LIFE with Dyson

    CAR LIFE with Dyson

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    モータージャーナリストの藤島知子さんとwebCG編集部員が愛車を徹底的に掃除する!ダイソンが2017年5月に発売したコードレス・ハンディークリーナー、Dyson V6 Car + Boat Extraの実力やいかに?
  • Dyson V6 Car + Boat Extra vol.4

    Dyson V6 Car + Boat Extra vol.4

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    webCG編集部内において、いつの間にやらすっかり少数派となった独身男子。数少ない“生き残り”のひとりである編集ほったが、「Dyson V6 Car + Boat Extra」とともにマイカーである「ダッジ・バイパー」の清掃に臨む。
  • Dyson V6 Car + Boat Extra vol.3

    Dyson V6 Car + Boat Extra vol.3

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    「Dyson V6 Car + Boat Extra」の吸引力を確かめるべく、家族5人、2泊3日のキャンプを行った後に掃除を行った。想像以上のコードレス掃除機体験やいかに。webCG編集部きってのキャンプ名人、折戸がリポートする。
  • Dyson V6 Car + Boat Extra vol.2

    Dyson V6 Car + Boat Extra vol.2

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    楽しい家族ドライブ。しかしその後には、菓子の食べこぼしに、土、砂、ホコリと、車内の掃除が待っている。「Dyson V6 Car + Boat Extra」があれば車内清掃も楽しくなる? webCG編集部のSAGがリポートする。
  • Dyson V6 Car + Boat Extra vol.1

    Dyson V6 Car + Boat Extra vol.1

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    モータージャーナリストの藤島知子さんは、取材で東奔西走する毎日を過ごしている。愛車の「アウディS1」は休む間もなく走り回り、本格的に掃除をする時間がなかなかとれないのが悩みだそうだ。わかりました、それでは今日は「Dyson V6 Car + Boat Extra」で、徹底的にS1をきれいにしてあげてください!