もうすぐ決勝! サルト・サーキット各所の表情【ルマン 07】

2007.06.17 自動車ニュース
(写真=プジョー)
もうすぐ決勝! サルト・サーキット各所の表情【ルマン 07】

【ルマン 07】もうすぐ決勝! サルト・サーキット各所の表情

ルマンウィークも、いよいよ決勝。興奮高まるサルト・サーキットから、ピットの風景など各所の様子をフォト・リポートする。


もうすぐ決勝! サルト・サーキット各所の表情【ルマン 07】

地元フランスのプライベーターで、B・トレルイエが加入するチーム「ペスカローロ」のピット裏にて。

レースウィークを通して不安定な天候となった今年のルマン。
「スリック」「カットスリック」それとも「レイン」? どのタイミングでどのタイヤを装着するのか、チームスタッフならずとも非常に気になるところだ。


もうすぐ決勝! サルト・サーキット各所の表情【ルマン 07】

アウディのプレスカンファレンスに、レース界の重鎮2人がお目見え。

【写真左】往年のF1ドライバー、ジャッキー・イクス氏。ルマンでは過去6回(69、75、76、77、81、82年)優勝を手にしている。
【写真中】『カーグラフィック』誌でもおなじみのジャーナリスト、ポール・フレール氏。
【写真右】No.2アウディR10を駆る“Mr.ルマン”ことトム・クリステンセン。直前の記者会見で「戦うにあたって準備は万全!」と強気のコメントを残した。


もうすぐ決勝! サルト・サーキット各所の表情【ルマン 07】

エルメスやロレックスなど、各メーカーのショップなどが立ち並ぶセンター・ビラ入り口付近に、新たに「アウディ・タワー」が建立された。

決勝前の昼に除幕式が行われ、凡人には理解が難しい(?)個性的な姿をあらわした。
ガラスとアルミニウムでできた高さ13メートルのタワーには、歴代ルマンウィナーの名前が刻まれている。


もうすぐ決勝! サルト・サーキット各所の表情【ルマン 07】

予選総合10位からスタートするのは、No.9クリエイション・オートスポルティフの中野信治。
マイナートラブルがいくつも重なり、決してラクな展開とは言えないようだが、スタート直前には「改善策は見つかった」と笑顔を見せた。

マシンのフロントまわりを飾る子供のイラストは、チーム・オーナーと親しいニュージーランド人アーティスト、マーク・オールセン氏によるものだという。


もうすぐ決勝! サルト・サーキット各所の表情【ルマン 07】

観客の歓声に手を振って応える「ハワイアントロピックGAL」。レース前のグリッドに必ず出没する。ピット横でマシンに腰掛けてはポージング、大勢のカメラマンに取り囲まれる光景は、どこの国のサーキットでもおなじみのもの。
すでに盛り上がっているグランドスタンドの観客も、「ヒューヒュー!」の大声援を送る。


もうすぐ決勝! サルト・サーキット各所の表情【ルマン 07】

決勝直前のグランドスタンドは、超満員。国別に応援団を見比べるのも楽しい。

今年も10万人を越える観客が詰め掛けたルマン。みなが固唾を呑んで見守るなか、いよいよ決戦の火蓋が切られる!


(文と写真=島村元子/text&photo=Motoko Shimamura)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。