【スペック】LS600hL “後席セパレート package”:全長×全幅×全高=5150×1875×1475mm/ホイールベース=3090mm/車重=2380kg/駆動方式=4WD/5リッターV8DOHC32バルブ(394ps/6400rpm、53.0kgm/4000rpm)、交流同期電動機(224ps、 30.6kgm)/価格=1510万円(テスト車=同じ)

レクサスLS600h(4WD/CVT)/LS600hL(4WD/CVT)【短評(後編)】

トヨタへの期待(後編) 2007.06.17 試乗記 レクサスLS600h“versionU・I package”(4WD/CVT)/LS600hL“後席セパレートシートpackage”(4WD/CVT)
……1392万5150円/1510万円

レクサスのフラッグシップ「LS600h」に試乗。ハイブリッドシステムの完成度を実感したリポーターだが、気になるところもあるという。

異次元の加速

高速道路に足を踏み入れると、「レクサスLS600h」はさらに凄さを見せつけた。合流車線で思い切りアクセルペダルを踏んだら、エンジンの回転は一気に4500rpmくらいまで跳ね上がり、豪快なトルクであっというまに100km/hに到達。そこで右足の力を緩めないと、すぐにいけない速度域に突入してしまうから注意が必要だ。道路の勾配にもよるが、100km/h巡航時の回転数は1000rpmから2000rpmまでを往き来する程度で、回転計を見なければその存在を忘れてしまうほど、エンジンは控えめに仕事を続けている。

走行中に遅い車に引っかかったときなどはシフトレバーをSのポジションに倒すことで強力なエンジンブレーキが得られ、さらにシフトレバーを前後に動かせば(シーケンシャルシフト)、エンジンブレーキのレベルを選ぶこともできる。その際に発生するエネルギーは電気エネルギーとして回収され(回生ブレーキ)、次の加速に再利用されるのはいうまでもない。もちろん、シーケンシャルシフトで低いポジションを選んでおけば、ふつうのオートマチック同様、力強い加速が期待できる。

フットブレーキは自然なタッチが好印象。このときは回生ブレーキと通常の油圧ブレーキとが連携して減速Gを発生させることになるが、他のクルマから乗り換えても違和感を覚えることはない。


レクサスLS600h(4WD/CVT)/LS600hL(4WD/CVT)【短評(後編)】の画像
【スペック】LS600h “versionU・I package”:全長×全幅×全高=5030×1875×1475mm/ホイールベース=2970mm/車重=2320kg/駆動方式=4WD/5リッターV8DOHC32バルブ(394ps/6400rpm、53.0kgm/4000rpm)、交流同期電動機(224ps、30.6kgm)/価格=1220万円(テスト車=1392万5150円)
【スペック】LS600h “versionU・I package”:全長×全幅×全高=5030×1875×1475mm/ホイールベース=2970mm/車重=2320kg/駆動方式=4WD/5リッターV8DOHC32バルブ(394ps/6400rpm、53.0kgm/4000rpm)、交流同期電動機(224ps、30.6kgm)/価格=1220万円(テスト車=1392万5150円)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

LSの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る