【スペック】LS600h “versionU・I package”:全長×全幅×全高=5030×1875×1475mm/ホイールベース=2970mm/車重=2320kg/駆動方式=4WD/5リッターV8DOHC32バルブ(394ps/6400rpm、53.0kgm/4000rpm)、交流同期電動機(224ps、30.6kgm)/価格=1220万円(テスト車=1392万5150円)

レクサスLS600h(4WD/CVT)/LS600hL(4WD/CVT)【短評(前編)】

トヨタへの期待(前編) 2007.06.16 試乗記 レクサスLS600h“versionU・I package”(4WD/CVT)/LS600hL“後席セパレートシートpackage”(4WD/CVT)
……1392万5150円/1510万円

トヨタが世界に誇るハイブリッドシステムを搭載した、レクサス最上級モデル「LS600h」。満を期して登場したフラッグシップモデルに試乗。その実力とは。

エディターにお願い

「うわっ!」

思わず声が出た。注目のレクサス最上級モデル、LS600h/LS600hLの記念すべき最初の試乗は、『webCG』アオキエディターの運転により、ロングバージョンLS600hL“後席セパレートシートpackage”のオットマン付リヤシートで過ごす30分だった。後席のセンターコンソールとにらめっこしながら、シートポジションを調節していたら、何の前触れもなく、音もなく、クルマがスッと発進したものだから、私はマジで驚いてしまった。次からは一声かけてね、エディター!

それにしても、2.3トン強のロングホイールベースボディを力強く滑らかに発進させるとは、恐るべき心臓の持ち主だ。

LS600h/LS600hLは、いまさら説明する必要などないと思うが、レクサスLSの最上級グレード、すなわちレクサスのフラッグシップモデルとなる重要なクルマ。トヨタが世界に誇るハイブリッドシステムを搭載することから、モデル名には“h”の文字が入っている。数字の“600”が6リッターエンジンなみの動力性能を表しているのも、みなさんきっとご存知だろう。

自動車ジャーナリストの生方聡
自動車ジャーナリストの生方聡
【テスト車LS600h “versionU・I package”のオプション装備】
プリクラッシュセーフティシステム+後方プリクラッシュセーフティシステム+レーダークルーズコントロール=78万7500円/インテリジェントパーキングアシスト=11万9700円/クリアランスソナー=7万7700円/パワートランクリッド=5万7750円/酸素濃度コンディショナー=5万2500円/“マークレビンソン”リファレンスサラウンドサウンドシステム+リアシートエンターテイメントシステム=54万6000円/セキュリティカメラ(G-Link専用)G-Security(リモートイモビライザー・リモート操作)=8万4000円
【テスト車LS600h “versionU・I package”のオプション装備】
プリクラッシュセーフティシステム+後方プリクラッシュセーフティシステム+レーダークルーズコントロール=78万7500円/インテリジェントパーキングアシスト=11万9700円/クリアランスソナー=7万7700円/パワートランクリッド=5万7750円/酸素濃度コンディショナー=5万2500円/“マークレビンソン”リファレンスサラウンドサウンドシステム+リアシートエンターテイメントシステム=54万6000円/セキュリティカメラ(G-Link専用)G-Security(リモートイモビライザー・リモート操作)=8万4000円

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

LSの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • レクサスLS 2017.1.10 画像・写真 レクサスが、デトロイトショーで5代目となる新型「LS」を世界初公開した。新世代プラットフォーム「GA-L」や自動操舵機能つきプリクラッシュセーフティーなど、先進技術が採用されたフラッグシップセダンの姿を写真で紹介する。
  • 第395回:レクサスならではの価値の創造を目指して
    新型「LS」のチーフエンジニアにインタビュー
    2017.1.22 エッセイ 新型「レクサスLS」が、2017年のデトロイトモーターショーで発表された。新世代のFR車用プラットフォーム「GA-L」を採用し、全方位的に進化した新型LSに込められた思いを、開発を担当した旭 利夫チーフエンジニアに聞いた。
  • 【ジュネーブショー2017】レクサス、新型「LS」のハイブリッドモデルを出展 2017.2.14 自動車ニュース トヨタが、新型「レクサスLS」のハイブリッドモデル「LS500h」をジュネーブショーで世界初公開すると発表した。同車の詳細については日本時間の3月7日に公開される予定で、また同ショーには「レクサスRC F GT3」なども出展される。
  • 「メルセデス・ベンツCクラス」に直4+4WDの新グレードが登場 2017.2.2 自動車ニュース メルセデス・ベンツが「Cクラス」シリーズの仕様やラインナップを変更。セダンとステーションワゴンに直4+4WDの、クーペに500万円を切る新グレードを設定したほか、直4ガソリン車のトランスミッションに9段ATを採用した。
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
ホームへ戻る