プジョー「1007 1.4」、快適&機能的装備を追加

2007.06.15 自動車ニュース

プジョー「1007 1.4」、快適&機能的装備を追加

プジョー・ジャポンは、コンパクトワゴン「1007」の1.4リッターモデルの仕様を一部変更し、2007年6月15日に発売した。

「1007シリーズ」は、プジョーが初めて4ケタのネーミングを採用したモデル。両側電動スライドドアを持ち、インテリアのトリムなどを着せ替えできる「カメレオ・コンセプト」を設定。ユニークなパッケージングで2006年3月4日に発売した。全車右ハンドル仕様で1.4リッターと1.6リッターがラインナップされる。

今回の仕様変更は、1.4リッターモデルに、新世代電装制御システムCAN方式を採用した「マルチファンクションディスプレイ」や「新オーディオシステム」を付与。さらに、好きなカラーのカメレオ・キットがプラス1セット備わり、標準設定色と合わせて2セットが標準装備となる。

価格は、213万円となる。

(webCG ワタナベ)

プジョー「1007 1.4」、快適&機能的装備を追加の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

1007の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • プジョー308GT BlueHDi(FF/6AT)/308SWアリュールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.12 試乗記 プジョーのクリーンディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「308」シリーズに試乗した。いよいよ上陸した“本場”のディーゼルの走りやいかに?
  • プジョー308 GTライン(FF/6AT)【試乗記】 2015.9.4 試乗記 プジョーのCセグメントモデル「308」に、18インチアルミホイールや専用デザインの外装パーツなどが特徴の新グレード「GTライン」が登場。“しなやかさ”が魅力とされる308の足まわりと、225/40ZR18という偏平タイヤが織り成す走りをリポートする。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • 第27回:どれもこれも似たり寄ったり!? 2017.1.31 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第27回は「どれもこれも似たり寄ったり!?」。果たして4気筒ディーゼルエンジンに快音はあるのか!? BMW、ボルボ、マツダ……、さまざまなブランドのディーゼルユニットを比較した筆者が導きだした結論とは?
  • プジョー2008アリュール(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.22 試乗記 「プジョー2008」がマイナーチェンジを受け、新しいパワーユニットとよりSUVらしいスタイリングを得た。激戦のコンパクトSUV市場に本気で挑む、新世代ブルーライオンの旗手の実力をリポートする。
ホームへ戻る