ダッジ4車種を発売、まずは「キャリバー」「ナイトロ」から

2007.06.15 自動車ニュース

ダッジ4車種を発売、まずは「キャリバー」「ナイトロ」から

ダイムラー・クライスラー日本は、ダッジブランド4車種「キャリバー」「ナイトロ」「アベンジャー」「チャージャー」の価格を発表。2007年6月15日から「ナイトロ」を、6月30日から他3車種を販売する。

「キャリバー」はSUVライクなハッチバック。搭載するエンジンは2リッター直4DOHCで、最高出力156ps/6300rpm、最大トルク19.4kgm/5100rpmを発生する。組み合わせられるのは6段のマニュアルモード付きCVT。
脱着式のカーゴランプや保冷機能付きグローブボックス、ウォッシャブルラゲッジボードなど便利な機能が備わるほか、リフトゲートを開きスピーカーを下ろすことでアウトドアでも音楽が楽しめるサウンドシステム(SXTのみ)も採用される。
価格は17インチタイヤ装着の「SE」グレードが263万5500円、18インチの上級グレード「SXT」が294万円となる。

パートタイム4WDシステムをもち、通常は後輪を駆動する「ナイトロ」は、同じグループ内の次期「ジープ・チェロキー(新型ではリバティと名乗る)」のコンポーネンツを活用する、5人乗りのSUVモデル。
搭載される3.7リッターV6 SOHCエンジンは205psと32.0kgmのパフォーマンス、トランスミッションは4段のオートマチックとなる。3種あるグレードは主に装備品の違いで、フロントバンパーやフェンダーが樹脂製となるエントリーグレード「SE」、17インチタイヤ装着の「SXT」、さらにレザーシートを備えた上級「R/T」がラインナップされる。それぞれ329万7000円、361万2000円、420万円。

2.7リッターV6搭載のFFセダン「アベンジャー」は、「SXT」のモノグレード展開で、価格は413万7000円。そしてハイパフォーマンスセダンの「チャージャーSRT8」は651万円と発表された。こちらの2台は7月下旬からデリバリーの予定。

(webCG 本諏訪)

「キャリバー」
「キャリバー」
「ナイトロ」
「ナイトロ」
「アベンジャー」
「アベンジャー」
「チャージャーSRT8」

写真はすべて北米仕様。日本向けには、「チャージャーSRT8」以外は右ハンドルが用意される。
「チャージャーSRT8」
写真はすべて北米仕様。日本向けには、「チャージャーSRT8」以外は右ハンドルが用意される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

キャリバーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2017.1.20 試乗記 クロスオーバーモデルの「スバルXVハイブリッド」をベースに、STIが独自の改良を施したコンプリートカー「XVハイブリッドtS」。ちょいワル&ポップなスタイリングとSTIならではのチューニングが織り成す魅力をリポートする。
  • ベントレー・フライングスパーV8 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.1.16 試乗記 「ベントレー・フライングスパーV8」の高性能仕様「V8 S」に試乗。21psと20Nmのエクストラを得た「S」モデルで印象的だったのはバランスの良さ。端正さとスポーティーさがジェントルに釣り合った、きめ細かなドライバーズカーだった。
  • 第24回 300万円は出せません!! 2017.1.10 エッセイ 清水草一の話題の連載。第24回は「300万円は出せません!!」。新春から新テーマに突入。ヨーロッパでディーゼル車の魅力にハマった筆者が、日本で買えるお手ごろ価格のモデルを次々と斬る! 果たして、カーマニアの眼鏡にかなうのは? 
  • BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロング(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.13 試乗記 BMWアルピナのフラッグシップモデル「B7ビターボ リムジン ロング」に試乗。608psの4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載するスーパーリムジンの実力を全方位で探った。
  • 三菱デリカD:5 Dプレミアム(4WD/6AT)【レビュー】 2017.1.9 試乗記 今年でデビュー10周年! 三菱のロングセラーミニバン「デリカD:5」で、冬の白根山系をドライブ。「SUVとミニバンのクロスオーバー」という、ユニークなコンセプトを掲げて登場した同車の出来栄えを、雪山で試した。
ホームへ戻る