新型「アウディTTロードスター」発売

2007.06.14 自動車ニュース
「TTロードスター」。写真は、すべて欧州仕様。
新型「アウディTTロードスター」発売

新型「アウディTTロードスター」発売

アウディジャパンは、新型のオープンカー「アウディTTロードスター」を2007年6月13日に発売した。

 
新型「アウディTTロードスター」発売

■ルーフは電動のソフトトップ

アウディTTロードスターは、デザインコンシャスなクーペ「アウディTT」のオープン版たる2シータースポーツだ。

近年流行のメタルトップによるCC(クーペカブリオレ)スタイルをとらず、あえて伝統的なソフトトップを採用。車体の軽量化(同グレードのTTクーペ比70kg増)と低重心化を図ったという。
ルーフは電動で開閉。動作に要する時間はそれぞれ約12秒と14秒で、50km/hまでなら走行時でも操作できる。
ロールオーバー・バーの背後には、ドライバーと助手席に当たる風を軽減する電動式のウインドディフレクターを標準装備する。また、車速が120km/hを超えると自動的に立ち上がる電動式リアスポイラーも備わる。

オープンボディのTTロードスター。ルーフを収納するため、乗車定員はTTクーペの4名から2名になった。
新型「アウディTTロードスター」発売

■2リッター直4ターボのみ

エンジンは、2リッター直4ターボの1種類のみで、アウトプットは、200ps/5100〜6000rpm、28.5kgm/1800〜5000rpm。2ペダル式の6段MT「Sトロニック」が組み合わされる。駆動方式はFFだ。

ボディは、TTクーペと同様に、アルミとスチールを併用したASF(アウディスペースフレーム)を採用。剛性アップと軽量化、さらに前後重量配分の最適化を目指したという。
足まわりには、磁性流体を使用したショックアブソーバー「アウディマグネティックライド」がオプション設定される。

ラインナップは、「TTロードスター 2.0 TFSI」のモノグレード。価格は、479.0万円となっている。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

TTロードスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フェラーリがV8ターボ、4人乗りの「GTC4ルッソT」を発表 2017.3.16 自動車ニュース フェラーリが「GTC4ルッソT」を日本初公開。2016年10月のパリモーターショーで世界初公開されたフロントエンジンの4座モデルで、最高出力610ps、最大トルク77.5kgmの3.9リッターV8ターボエンジンが搭載されている。
  • レクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」発売 2017.3.16 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年3月16日、レクサスブランドのラグジュアリークーペ「LC500」「LC500h」を発売した。価格は、ガソリンエンジン車のLC500が1300万円から1400万円までで、ハイブリッド車のLC500hが1350万円から1450万円まで。
  • ポルシェ・パナメーラ スポーツツーリスモ 2017.3.3 画像・写真 独ポルシェは第87回ジュネーブ国際モーターショー(開催期間:2017年3月7日~19日)で「パナメーラ」のワゴンバリエーションである「パナメーラ スポーツツーリスモ」を発表する。その姿を画像で紹介する。
  • アウディが「TT」と「TTS」の限定モデルを発売 2016.8.23 自動車ニュース アウディ ジャパンは2016年8月23日、「アウディTT」シリーズに、2種の限定モデルを設定。1.8リッターの「TTクーペ1.8 TFSI 1st edition」と2リッターの「TTSクーペ urban sport limited」を同時に発売した。
  • アウディTTSクーペ(4WD/6AT)【試乗記】 2015.10.6 試乗記 新世代「アウディTT」の中で、最もパワフルな「TTSクーペ」に試乗。直噴ターボエンジンや新開発の軽量ボディー、そしてアウディ自慢の先進装備がもたらす走りの質を報告する。
ホームへ戻る