新型「アウディTTロードスター」発売

2007.06.14 自動車ニュース
「TTロードスター」。写真は、すべて欧州仕様。
新型「アウディTTロードスター」発売

新型「アウディTTロードスター」発売

アウディジャパンは、新型のオープンカー「アウディTTロードスター」を2007年6月13日に発売した。

 
新型「アウディTTロードスター」発売

■ルーフは電動のソフトトップ

アウディTTロードスターは、デザインコンシャスなクーペ「アウディTT」のオープン版たる2シータースポーツだ。

近年流行のメタルトップによるCC(クーペカブリオレ)スタイルをとらず、あえて伝統的なソフトトップを採用。車体の軽量化(同グレードのTTクーペ比70kg増)と低重心化を図ったという。
ルーフは電動で開閉。動作に要する時間はそれぞれ約12秒と14秒で、50km/hまでなら走行時でも操作できる。
ロールオーバー・バーの背後には、ドライバーと助手席に当たる風を軽減する電動式のウインドディフレクターを標準装備する。また、車速が120km/hを超えると自動的に立ち上がる電動式リアスポイラーも備わる。

オープンボディのTTロードスター。ルーフを収納するため、乗車定員はTTクーペの4名から2名になった。
新型「アウディTTロードスター」発売

■2リッター直4ターボのみ

エンジンは、2リッター直4ターボの1種類のみで、アウトプットは、200ps/5100〜6000rpm、28.5kgm/1800〜5000rpm。2ペダル式の6段MT「Sトロニック」が組み合わされる。駆動方式はFFだ。

ボディは、TTクーペと同様に、アルミとスチールを併用したASF(アウディスペースフレーム)を採用。剛性アップと軽量化、さらに前後重量配分の最適化を目指したという。
足まわりには、磁性流体を使用したショックアブソーバー「アウディマグネティックライド」がオプション設定される。

ラインナップは、「TTロードスター 2.0 TFSI」のモノグレード。価格は、479.0万円となっている。

(webCG 関)

関連キーワード:
TTロードスターアウディTT自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディR8スパイダーV10 5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.8.23 試乗記 フルモデルチェンジで2代目となった「R8スパイダー」に試乗。自然吸気のV10エンジンを搭載するアウディの最上級オープンはどんな走りを見せるのか。先代との比較を交えつつ、その印象を報告する。
  • 三菱エクリプス クロス Gプラスパッケージ(4WD/CVT)【試乗記】 2018.4.10 試乗記 三菱から満を持して登場した久々のニューモデル「エクリプス クロス」。同社の次世代製品群の旗手を担うコンパクトSUVは、ハイブリッドやディーゼルといった“飛び道具”はないものの、運転しやすく快適な、ちゃんとした乗用車に仕上げられていた。
  • メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ(FR/9AT)【試乗記】 2018.4.11 試乗記 メルセデスのフラッグシップセダン「Sクラス」に、高効率を追求した直6エンジン搭載モデル「S450」が登場。試乗してみると、その走りは意外なほど、運転好きなドライバーを満足させてくれる楽しみに満ちたものだった。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.2 試乗記 ランボやロールス、アストンなど、ラグジュアリーブランドのSUVが続々とデビューを果たした後も、「ベンテイガ」は孤高の存在であり続けられるのか? 大阪・京都へのちょっとぜいたくな旅を通して感じたのは、少し意外な“スゴさ”だった。
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX(4WD/7AT)【試乗記】 2018.3.29 試乗記 モデルライフ半ばのマイナーチェンジが施された、ホンダのフラッグシップセダン「レジェンド」に試乗。ボディー剛性の強化や4WDシステムの制御変更により追求された、“意のままになる走り”を確かめた。
ホームへ戻る