新型「アウディTTロードスター」発売

2007.06.14 自動車ニュース
「TTロードスター」。写真は、すべて欧州仕様。
新型「アウディTTロードスター」発売

新型「アウディTTロードスター」発売

アウディジャパンは、新型のオープンカー「アウディTTロードスター」を2007年6月13日に発売した。

 
新型「アウディTTロードスター」発売

■ルーフは電動のソフトトップ

アウディTTロードスターは、デザインコンシャスなクーペ「アウディTT」のオープン版たる2シータースポーツだ。

近年流行のメタルトップによるCC(クーペカブリオレ)スタイルをとらず、あえて伝統的なソフトトップを採用。車体の軽量化(同グレードのTTクーペ比70kg増)と低重心化を図ったという。
ルーフは電動で開閉。動作に要する時間はそれぞれ約12秒と14秒で、50km/hまでなら走行時でも操作できる。
ロールオーバー・バーの背後には、ドライバーと助手席に当たる風を軽減する電動式のウインドディフレクターを標準装備する。また、車速が120km/hを超えると自動的に立ち上がる電動式リアスポイラーも備わる。

オープンボディのTTロードスター。ルーフを収納するため、乗車定員はTTクーペの4名から2名になった。
新型「アウディTTロードスター」発売

■2リッター直4ターボのみ

エンジンは、2リッター直4ターボの1種類のみで、アウトプットは、200ps/5100〜6000rpm、28.5kgm/1800〜5000rpm。2ペダル式の6段MT「Sトロニック」が組み合わされる。駆動方式はFFだ。

ボディは、TTクーペと同様に、アルミとスチールを併用したASF(アウディスペースフレーム)を採用。剛性アップと軽量化、さらに前後重量配分の最適化を目指したという。
足まわりには、磁性流体を使用したショックアブソーバー「アウディマグネティックライド」がオプション設定される。

ラインナップは、「TTロードスター 2.0 TFSI」のモノグレード。価格は、479.0万円となっている。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

TTロードスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディR8スパイダー 5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【海外試乗記】NEW 2016.11.30 試乗記 アウディの新型「R8スパイダー」に試乗。アルミとカーボンからなる最新世代の骨格を備えた540psのスーパースパイダーは、より快適に進化しただけでなく、乗り手の魂を激しく揺さぶる官能性をも手にしていた。
  • 「メルセデスAMG GT R」、ドイツで受注を開始 2016.11.22 自動車ニュース 独ダイムラーは2016年11月21日(現地時間)、「メルセデスAMG GTロードスター/AMG GT Cロードスター/AMG GT R」の受注をドイツ本国で開始した。デリバリーは2017年春を予定している。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.28 試乗記 メルセデス・ベンツのトップエンドモデルに、44年ぶりとなる「カブリオレ」が復活。ぜいたくなオープン4シーターが実現する世界とは……? パワフルな5.5リッターV8ツインターボを積む「メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ」で確かめた。
  • 第18回 ゼイタクは敵(その2) 2016.11.22 エッセイ 清水草一の話題の連載。第18回は「ゼイタクは敵(その2)」。筆者が“世界初の超小型スーパーカー”と賞賛する、愛車「ホンダS660」との思い出を語る。「フェラーリ458イタリア」との夢のスーパーカー2台生活の実態とは?
ホームへ戻る