【スペック】全長×全幅×全高=4590×1830×1685mm/ホイールベース=2730mm/車重=1630kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブ(143ps/6000rpm、20.8kgm/4000rpm)/価格=345.0万円(テスト車=360.0万円/グラスルーフパッケージ=15.0万円)

シトロエンC4ピカソ 2.0エクスクルーシブ(FF/2ペダル6MT)【試乗記】

ちょうどいい 2007.06.14 試乗記 シトロエンC4ピカソ 2.0エクスクルーシブ(FF/2ペダル6MT)
……360.0万円

本国では「グランC4ピカソ」として販売されるシトロエンの7人乗りミニバンが、「C4ピカソ」として正規に輸入される。2ペダル、ロボタイズドMTたるEGS版に乗った。

コンセプトの反映

「シトロエンC4ピカソ」の運転席に座ると、広く、大きく感じられる。“広い”というのは、室内空間のことももちろんあるが、前方視界が、広い。異例に開けている。

日本では2007年6月21日に販売されるC4ピカソは、3列シートをもつダブルシェブロンのミニバンである。7人乗り。本国フランスでは、“背高”C4こと2列シート5人乗りバージョンをして「C4ピカソ」と呼んでいる。わが国に入る大型のC4ピカソは、欧州での「グランC4ピカソ」にあたる。
“グラン”の名の通り、サルーン/クーペのC4より120mm長い2730mmのホイールベースに、全長4590mm、全幅1830mm、全高1685mmのボディを載せる。全長は「トヨタ・イプサム」より100mm短いが、横幅は300mmも長い「トヨタ・アルファード」級となる。C4ピカソ、幅広だ。ガラス面積が大きいがため外がよく見えるが、同時にボディの大きさを感じさせる。

ドライバーズシートからの視界がやたらといいのは、フロントガラスが上下方向に非常に長いからである。“ビジョスペース(Visiospace)”というコンセプトが具体化された。ルーフ前端位置が通常のクルマよりずっと後ろに下がっていて、ドライバーの視界のほぼ上端まで前からガラスがくる。慣れないと居心地の悪さを感じるほどの開放感がある。
日差しの強い夏場はツラかろう……との心配には、スライディングサンバイザーが対応する。フロントガラスと同じ横幅がある大きな左右別体型のバイザーで、これを前にスライドしておろせば、ガラス面積は通常のクルマ並になる。

クルマの外にでてC4ピカソを眺めると、フロントのガラスがルーフのティンテッド・パノラミックサンルーフ(オプション)と視覚的につながる。あたかもコンセプトモデルのようなグリーンハウス。広大なガラス面積に感心していると、デリカシーにじゃっかん欠けるスタッフのひとりが言った。
「禿げ上がった額みたいだ」

 
シトロエンC4ピカソ 2.0エクスクルーシブ(FF/2ペダル6MT)【試乗記】の画像
 
シトロエンC4ピカソ 2.0エクスクルーシブ(FF/2ペダル6MT)【試乗記】の画像
 
シトロエンC4ピカソ 2.0エクスクルーシブ(FF/2ペダル6MT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • シトロエンC4ピカソ エクスクルーシブ(FF/6AT)【試乗記】 2015.3.4 試乗記 日本車ともドイツ車とも一味違うシトロエンのミニバン「C4ピカソ」に試乗。「よくできている」というだけでは表現しきれない、独特の魅力に触れた。
  • シトロエン・グランドC4ピカソ セダクション(FF/6AT)【試乗記】 2015.2.23 試乗記 退屈なミニバンも、シトロエンが手がけるとこんなに楽しくなる。小田急ロマンスカーもかくやの前席視界を備え、シトロエン的発想に満ちた「グランドC4ピカソ」でショートツーリングに出かけた。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • シトロエン、「C4ピカソ」にディーゼルモデルを投入 2016.11.21 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年11月21日、「シトロエンC4ピカソ」と「シトロエン・グランドC4ピカソ」に、一部内外装と装備の変更や、ディーゼルエンジン「BlueHDi」搭載モデルの追加などのマイナーチェンジを実施した。
  • 「プジョー2008 GTライン」を知る 試す 2016.12.22 特集 成長を続けるコンパクトSUV市場において、高い評価を得ている「プジョー2008」。フランスのメーカーが造るとクロスオーバーはどんなクルマになるか? デザインや走り、ユーティリティーなど、さまざまな切り口からその魅力を紹介する。
ホームへ戻る