「スバルR2」にベーシックなグレード追加、「R1」には新色も

2007.06.13 自動車ニュース

「スバルR2」にベーシックなグレード追加、「R1」には新色も

富士重工業は軽自動車の「R2」と「R1」を一部改良。同時にグレード展開を見直すなどし、2007年6月12日に発売した。

「R2」には最廉価グレードとなる「F」が加えられた。
エンジンはSOHCノンターボ(46ps)を搭載。ドアミラーがブラック塗装となり、オーディオレスとされることなどで、価格は76万6500円(FF+5MTモデル)まで抑えられた。
その「F」をベースとし、オーディオや電動格納式カラードドアミラー、UVカットフロントガラスなど、実用装備を付与した「F+」も新たに設定される。こちらは86万6250円から99万1200円までの価格帯。

同時に女性ターゲットの「Refi」グレードには、花粉対応フィルター付きエアコンを備えた「新うるるんパック」を標準で採用。内装色がブラウンとピンクの2種類となったのも新しい。
一方、スーパーチャージャーエンジン搭載のスポーティグレード「typeS」には、赤い本革巻きステアリングホイールなどが与えられることになった。

3ドアの「R1」はグレードが見直され、DOHCエンジンの「R」、スーパーチャージャーエンジンの「S」2グレード展開に改められた。
価格は127万500円から153万7200円。

(webCG 本諏訪)

「R2 F」
「R2 F」
「R2 Refi」のブラウン内装。
「R2 Refi」のブラウン内装。
「R1 R」。写真は新色の「ベリールージュパール」。
「R1 R」。写真は新色の「ベリールージュパール」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • スバルR1S (FF/CVT)【試乗記】 2006.2.16 試乗記 スバルR1S (FF/CVT)
    ……153万3000円

    2+2の軽「スバルR1」にスーパーチャージャー搭載の新グレード「S」が追加された。64psのパワフルなスポーティ軽の走りとは。


  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • スバルR2(CVT)【試乗記(後編)】 2003.12.20 試乗記 スバルR2(CVT)
    ……86.0〜140.0万円

    なつかしい名前を、斬新なデザインのニューモデルに与えたスバルの新型軽自動車「R2」。『webCG』コンテンツエディターのアオキが、3つのグレードに“ちょい乗り”した。


  • スバルR1(FF)/スバルR1(4WD)【試乗記】 2005.2.24 試乗記 スバルR1(FF)/スバルR1(4WD)
    ……137万5500円/150万450円

    「スバルR1」は、現代の軽規格を大きく下回るサイズで登場した。360cc時代の軽自動車で運転を覚えたという自動車ジャーナリストの笹目二朗が、「小ささ」の意味を考える。


  • スバルR1S(FF/CVT)/スバルR2 Refi(FF/CVT)【試乗記】 2005.11.30 試乗記 スバルR1S(FF/CVT)/スバルR2 Refi(FF/CVT)
    ……153万3000円/112万3500円

    スバルの軽自動車「R1」「R2」がマイナーチェンジを受けた。兄弟車ではあるが、R2のフロントマスクが変わったことで、性格の違いが際立った。それだけでなく、改良の方向性には明確な差が表れている。


ホームへ戻る